赤ちゃんのアトピーの原因は母乳?治療など対策で治る?

赤ちゃんのアトピーの原因は母乳?治療など対策で治る?

赤ちゃんのアトピーの原因と対策や治療について

アトピーの症状は、成人に固有のものではありません。生まれて間もない「赤ちゃん」でも、アトピーを患う可能性があるのです。同時に、赤ちゃんのアトピーは成人のそれとは異なる特徴を幾つか持っています。そこで、赤ちゃんのアトピーの原因について解説していきます。


Sponsored Link


1.赤ちゃんのアトピーの初期症状

akacyan-atopic-syoki

 

赤ちゃんのアトピーの初期症状としては、「皮膚がカサカサになる」「皮膚が赤く炎症を起こす」「湿疹が現れる」「赤ちゃんがかゆがる」といった、見た目にもわかりやすい症状を呈することが多いです。

 

最初は頭部から症状が現れることが多く、次第に体の下の方に進行していきます。そのため、耳やひじ、ひざといった部位が切れたりすることもあります。

 

次第に痒みの症状が強く現れるようになり、その状態で皮膚を掻くと「じゅくじゅく」とした状態になってしまいます。

 

また、体に円形の湿疹である「貨幣状湿疹」が現れることも、赤ちゃんのアトピーの特徴と言えます。この状態は、ほぼ全ての赤ちゃんに見られる「乳児湿疹」との区別が難しいです。

 

 

2.赤ちゃんアトピーでは耳切れを起こすのは何故?

akacyan-atopic-mimigire

 

確かに、アトピーを患っている赤ちゃんは耳切れを起こすことが多いのですが、実際に絶対的な因果関係があるというわけではありません。要するに、耳切れ=アトピーという方程式は成立しないのです。

 

前述のとおり、赤ちゃんのアトピーは頭部から次第に下降していく事が多く、そのため耳もその影響を受けやすくなります他の部位と違って「付け根」があるので、この部分が切れてしまうことが多いのです。

 

また、赤ちゃんが耳切れを起こす原因として考えられるのはアトピーの他に「脂漏性湿疹」「寝る時のよだれなどどによるかぶれ」「乾燥」「石鹸屋洗剤による刺激」といったものが挙げられます。

 

なので、耳切れを起こしているからといってアトピーを発症したと慌てないことが重要です。赤ちゃんの皮膚はデリケートなので、もともと皮膚トラブルを起こしやすいのだということを理解しておきましょう。

 

3.赤ちゃんのアトピーの原因

inu-hakunaisyou-genin

 

赤ちゃんがアトピーを発症する原因は、幾つかの要素が考えられます。まず「遺伝」についてです。両親の片方にアトピーの症状が見られる場合、及びそれ以上の両親の両方にアトピーの症状が見られる場合だと、そうでない場合に比べてアトピーの発症率は高まります

 

次に、環境的な要因です。アレルギーを起こすようなハウスダストの多い家や、赤ちゃんにとってストレスとなるような物がある場合だと、アトピーの発症率は大きく上昇します。

 

また、「母乳」という要素も無視することができません。母親の母乳には、赤ちゃんの「免疫」に関するさまざまな成分が含まれており、これに問題が生じていると赤ちゃんの免疫力が低下し、アトピーを発症する確率が上昇してしまいます。

 

4.赤ちゃんのアトピーの対策と治療

akacyan-atopic-taisaku

 

一般的に「アトピー=難治性の病気」というイメージを持つ人が多いですが、赤ちゃんのアトピーの場合はそうでもありません。重度の症状を呈していないかぎりは、3歳までにほぼ100%完治させることができます

 

具体的な対策については赤ちゃん毎に事情が異なりますが、その分しっかりと病院で診断を受けて、有効な対策と治療法を進めていきましょう

 

アトピーを起こしている原因をはっきりとさせ、そのための治療と環境を整ええることが重要です。医師としっかり連携し、スキンケアなどを含めてアトピーの症状を軽減させ、早めに完治させることを優先させましょう。

 

重要な事は、医師との連携を考えずに、勝手な判断で対策を講じることです。原因をしっかりと特定させないかぎり、アトピーを完治させることは難しいのです。そのためには、きちんと検査を受けなければなりません。


Sponsored Link


 

5.赤ちゃんのアトピーは自然に治る?

akacyan-atopic-sizentiyu

 

赤ちゃんのアトピーは、大人のそれとは異なり自然に治癒することも考えられます。そもそも、赤ちゃんは皮膚がまだしっかりと成長しておらず、肌の状態が大人に比べてかなり弱いのです。

 

そのため、成長にともなって皮脂が増えていくに従い、皮膚のバリア機能が正常に働き始めると、アトピーの症状も自然に回復していくことがあります

 

また、アトピーを引き起こしている原因を特定できた場合には、それを生活の中から取り除くことによって症状が改善し、アトピーの症状が見られなくなることは十分に考えられます。

 

しかし、だからと言って放置していても問題ないというわけではありません。場合によっては重度の皮膚疾患である可能性もあり、そうでなくても赤ちゃんはかゆみに襲われています。

 

大人でもかゆいのは我慢できないものであり、赤ちゃんの場合は掻くことを我慢できずに皮膚の状態が悪化します。病院で診てもらうことは必要なことなのです。

 

6.赤ちゃんのアトピーのおすすめの保湿剤

akacyan-atopic-hositu

 

赤ちゃんのアトピーは、肌が乾燥することで症状が悪化してしまいます。そのため、「保湿剤」を利用して肌の潤いを確保し、アトピーの症状が悪化しないようにすることも重要な事なのです。

 

その際におすすめの保湿剤としては、市販品でも十分に効き目を発揮してくれるとは思いますが、やはり病院で処方される保湿剤の効き目が最も高いということでおすすめさせていただきます。

 

大人でもそうですが、肌に直接使うこうした製品は、どうしても「相性」というものがあります。敏感肌の人には使用できないような物もあり、仮に敏感肌向けの保湿剤であっても肌に何らかのトラブルをもたらす可能性は十分に考えられます。

 

病院での処方であれば、医師が赤ちゃんの肌質や症状を確認して、最適な保湿剤を用意してくれます。

 

 

7.赤ちゃんのアトピーのおすすめの石鹸

akacyan-atopic-sekken

 

赤ちゃんの体を洗うための「石鹸」についても、できれば医師に選んでもらうことが一番なのですが、市販品の中でも赤ちゃんのアトピー改善のために必要なものとしては「無添加」であることが必要最低限の条件であるといえます。

 

添加物は肌への刺激となり、アトピーを悪化させます。無添加というだけではかなりの石鹸が候補に残りますが、買い方のコツとしては「まとめ買いしないこと」です。

 

前述のとおり、肌に使う製品となると「相性」の問題があり、仮に「無添加で肌に優しい」というキャッチフレーズで売られていても、実際に肌に与える影響は人それぞれ異なります

 

口コミでも良い評判を持つ製品であっても、人によっては重大な副作用をもたらす可能性も考えられます。

 

なので、まずは気になる石鹸を最低単位で購入し、それを使ってアトピーの改善効果があれば使い続け、なにか問題があればすぐに使用を中止し、できれば病院で診てもらいましょう

 

8.赤ちゃんのアトピーでのステロイドの影響は?

atopic-steroid

 

アトピーの治療薬として知名度の高い「ステロイド薬」ですが、ネット上では「副作用」についても危惧されています。副作用の存在についても知名度が高く、そのため「赤ちゃんにステロイドなんて使えない!」と拒否反応を示す親御さんも少なくありません。

 

しかし、実際には適切な使用方法を守っていれば、副作用の心配は殆ど無く、赤ちゃんの場合でも同様です。ただし、赤ちゃんのアトピー治療に用いられるステロイド薬はその「強さ」のレベルが低いものであり、強力なステロイド薬は何らかの問題が発生する可能性があります

 

病院でステロイド薬が処方された場合は、用法用量を守って使用しましょう。基本的に他の治療法で症状が改善されなかった場合に処方されますので、使用法を守り、何か異常が見られた場合には速やかに病院に連れて行き、担当医に相談しましょう

 

赤ちゃんのアトピーの原因と対策や治療についてまとめ

さまざまな原因で起こる赤ちゃんのアトピーは、時間の経過とともに自然に改善していくことが多く、重度のものでなければ完治するケースが多いです。しかし、だからこそきちんと治療するためにも、注意すべきポイントをしっかりと抑え、早めに完治させてあげましょう。皮膚の症状を呈するので、どうしても塗り薬など皮膚に直接影響するものを用います。できれば病院で処方もしくは案内されたものを使い、そうでない場合でも赤ちゃんの肌の状態を常に確認しながら使いましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)