肌荒れの原因は食べ物・性病・内臓?対策は?

肌荒れの原因は食べ物・性病・内臓?対策は?

食べ物や性病など肌荒れの原因と対策

疲れは顔に出るとはよく言われますが、ストレスや偏食も顔によく出てしまいます。顔に出るというより肌に出るというべき?肌荒れ原因食べ物ストレス性病等様々なものがありますが、対策も原因に応じて様々なものとなってしまいます。「肌が荒れるなぁ」と思ったあなた、一度原因が何かを見つめなおしてみましょう!


Sponsored Link


1.肌荒れの原因は食べ物?

hadaare-genin-tabemono

 

暴飲暴食はお肌に悪いと世間一般的には言われております。「食べ過ぎると肌に出るよ!」という言葉は男子でも女子でも間違いなく聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

肌荒れの原因は「肌の水分量と油分量の乱れ」が主な原因です。この能力のバランスが乱れることによって乾燥肌やギトギト肌、化粧ノリが悪い、ニキビが出るといった事象を引き起こすのです。

 

例えばケーキやお菓子、チョコレート等の油分が含まれているものの過剰摂取、これは皮脂分泌が過剰になり肌がギトギトになってしまいます。さらに糖分の過剰摂取も肌の免疫力低下を促してしまいこれも肌荒れに繋がってしまいます

 

ココナッツオイルやオリーブオイルも過剰摂取は皮脂分泌が過剰になるので注意です!

 

その他にも利尿作用をもたらすコーヒー等の過剰摂取も体内水分量の減少につながり、肌荒れに繋がってしまいます。

 

2.肌荒れの原因は性病?

hadaare-genin-seibyou

 

肌荒れになる原因の一つに実は性病が上げられます。ただし、性病と言っても一つではありませんが、それぞれの病気が異なる症状となって肌に出ることが多いのです。

 

例えば梅毒に感染した方は感染して約1か月程で感染部位に1~2cmほどのこぶが出始め徐々に硬化していきます。こぶが出始めてから2~3か月くらい経過すると小豆色のぶつぶつができたり、ピンク色のあざが生じ始めます。

 

疥癬(かいせん)に感染した方は赤いぶつぶつができたり、蚯蚓腫れのようなひどい発疹が症状として出る人もいます。

 

 

3.肌荒れの原因は内臓?

hadaare-genin-naizou

 

肌荒れの要因の一つとして内臓の調子が関係することも多いです。よく内臓が弱っていると吹き出物が良く出るという方もいるのではないでしょうか?

 

具体的にいうと暴飲暴食などで胃に負担をかけるような行いをすると唇の周りに湿疹が出ることが多いです。

 

額の真ん中や鼻の周りの吹き出物は大腸の乱れが原因と言われております。眉毛付近は小腸の可能性が高いです。

 

また肝臓の機能が低下している場合、頬によく出ると言われております。頬のしみ・そばかす・にきびが治りにくい方は肝臓に疾患を抱えている可能性があります。

 

小腸や大腸の乱れは新陳代謝を遅らせて、血行を悪くしてしまい、さらには免疫力の低下にもつながりお肌に出てしまうことが多いのです。

 

4.肌荒れの原因はストレス?

hadaare-genin-storess

 

現代社会においての肌荒れの大きな要因にもなっている、ストレス。ストレス社会と言われている現代は、ストレスが溜まる要因が非常にたくさんあり、そこに生きている人々を確実に蝕んでいきます。

 

その溜まったストレスは心身のバランスを狂わせ自律神経を弱らせることに繋がってしまいます。

 

自律神経が弱ってしまうと、肌に栄養や酸素を送る働きをしている血液循環やリンパの循環が悪くなってしまうので肌荒れに繋がるのです。

 

その他にもストレスが起因して、免疫力の低下や外部刺激への抵抗力低下、皮脂分泌の増加といった症状がでてきます。

 

免疫力・抵抗力の低下は肌の炎症を起こしやすくなってしまい、皮脂分泌の増加は吹き出物の増加につながりどちらも肌荒れに繋がってしまうのです。

 

5.肌荒れの原因は睡眠不足?

hadaare-genin-suiminbusoku

 

「睡眠不足はお肌に大敵!」という言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。ではもう少し中身につっこんで、なんで「睡眠不足はお肌に大敵なの?」となった場合、その理由をすんなり答えられる人はそう多くはないのではないでしょうか?


Sponsored Link


 

この理由は少し難しくなってしまいますが「睡眠中は肌をケアしているため、ケア時間を削ることは肌荒れになる」ということと、「睡眠不足は交感神経の優位に繋がるため男性ホルモンが分泌過多になり皮脂過剰につながるため」の2つになります。

 

難しい言葉を並べてしまいましたが、ようするに「睡眠不足は肌の回復時間低下とギトギト肌になりやすくなるから」と思っていただければいいと思います。

 

なら逆にたくさん寝れば肌にいいのかというとそういうわけではありません。たくさんの睡眠よりも深い睡眠のほうが肌にいいのです。

 

少し専門的なことを言うと眠りの質を高めてノンレム睡眠の時間を増やすことが大切になります。ノンレム睡眠の時間を増やすには自律神経の働きを整えておくことが大切です。

 

自律神経につきましては次のページをご参照ください。

自律神経を整える方法 ツボ・アロマ・運動・食事・呼吸法

 

6.肌荒れの原因は花粉?

hadaare-genin-kafun

 

実は花粉症の方は花粉症シーズンの時に肌荒れに苦しんでいる人が多いのです。花粉症ではない方は疑問符を浮かべる人もいるかもしれませんが、花粉症の方はスギ花粉が蔓延する時期は肌の具合が良くないといった症状に悩まされたことがあると思います。

 

これにも理由もありこの症状には名前までついております。症状の名前は「花粉皮膚炎」、症状は肌のバリア機能の低下により粉吹き・炎症・吹き出物・敏感肌等が花粉症によって引き起こされます。

 

その原因は花粉に対する肌のアレルギー反応にあります。花粉が肌につく痒み・乾燥・炎症がアレルギー症状となってあらわれてしまうのです。

 

また、アレルギーとは別に目や鼻のかゆみによって擦ることが原因で肌のバリア機能の低下に、鼻のかみすぎによる水分不足で乾燥肌につながることもあります。

 

7.肌荒れの原因は運動不足?

hadaare-genin-undoubusoku

 

運動不足も肌荒れの原因になることが多いです。正確に言うと運動不足により血液の循環が悪くなり、肌荒れの原因となるということです。

 

血液の循環が悪い方は肌のターンオーバーがうまくいかなくなることが多く、古い角質が溜まりやすくなります。それ以外にも皮膚細胞に必要な栄養素や酸素がうまく届けられなくなってしまいます。これらは吹き出物やニキビ、肌のくすみを引き起こします。

 

適度な運動をしている方は血流促進・新陳代謝アップが行われるため、体中に十分な栄養素と酸素を行きわたらせることができ、新陳代謝が上がることで発汗を促し肌の水分量が上昇し、角質の柔軟化と余分な皮脂の洗い出しにもつながります。

 

8.肌荒れの対策は?

hadaare-taisaku

 

ではそれぞれの原因を探ってきましたが、今度は逆に原因に対する対策を考えていきましょう。

 

①肌荒れの原因となる食べ物は過剰摂取しないこと、健康食品であっても過剰摂取は害になるので、バランスのいい食事を心がけること

 

②交際している方が皮膚病かどうかを気にかけること、直接聞くのが難しいなら自分が皮膚病の知識を備えておいて、おりを見て症状を見て判断する

 

③内臓が弱るような行動はしない、暴飲暴食は厳禁

 

④ストレスを発散する術を必ず身につけておく

 

⑤夜更かしは厳禁、眠りの質を高める努力をする

 

⑥花粉皮膚炎の方は肌が弱っていることが多いため、敏感肌用の化粧品を使うのが大切、刺激があるものは使わないこと

 

⑦どんなに忙しい方でも毎日ストレッチのような軽めの運動をすることを心がける

 

今までの項目ごとにそれぞれ簡単にですが対策を上記のように講じました。原因がわかったことで対策も立てられやすくなります。

 

 

食べ物や性病など肌荒れの原因と対策まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

今回は「肌荒れの原因は食べ物・性病・内臓?対策は?」と題して、それぞれの原因と対策について記載してきました。

原因がわかれば対策を立てやすいのは仕事でも病気でも同じです。そのため自分の肌荒れが何から起きているのかを客観的に見る視点を養うことが、肌荒れに対する一番の対策にもなりえます。

この記事が肌荒れに悩む人たちへの参考になれば幸いに思っております。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)