情緒不安定性人格障害の症状や特徴は?接し方や治療法は?

情緒不安定性人格障害の症状や特徴は?接し方や治療法は?

情緒不安定性人格障害の症状と対応・治療法

情緒不安定人格障害は本人も大変つらいものがありますが、周りの人も接し方に特別な対応が必要と言われております。

自分が情緒不安定人格障害なのかが気になり、症状特徴を知りたいと思っている方がいれば、情緒不安定人格障害を自覚し治療法を探している方もいます。

そこで、今回は情緒不安定性人格障害症状特徴の他、治療法や患者との接し方についてお伝えいたします。


Sponsored Link


情緒不安定性人格障害の症状と特徴

 情緒不安定性人格障害は名前で何となく症状が推測されているでしょうが、感情が不安定で衝動で行動することが多く人によってはいきなり強い怒りが発生して暴れだす人もいるでしょう。

基本的にあらかじめ計画を立てる能力がかなり低下するようになるので、あらゆる分野において計画性をもっての行動ができなくなります。

また、これは「衝動型」「境界型」の2種類があります。

衝動型の人は他人に批判されることで突発的な行動をとることが多くなり、脅し行為や暴力行為を振るうようになります。

境界型の場合は常に空虚感を感じるようになって見捨てられることに脅威を感じて異常なまでの努力や自殺といった行動にはしる傾向にあります。

 

貧血の数値【6,7,8,9,10など】と症状及び対策

 

情緒不安定性人格障害の原因


この人格障害が発生する原因として多いのは親子関係にあると言われております。

特に人格形成において多大な影響を及ぼすことになる幼少期の頃の家庭環境の影響が大きいと言われているのです。

よくある話としては親が暴力的でひどい仕打ちを受けて愛情を全くかけて育てられなかったというパターンですが、それ以外にも極端に甘やかしすぎた結果発症することもあると言われております。

暴力や構いすぎ以外にも、ほったらかしていることで発生することもあるようです。

子供は成長するにつれてやがては独立をして離れていくものですが、その離れるにあたって大切なものが見守られているとか頼ることができるといった安心感で、この安心感が全くないと発生する確率が高くなるそうです。

一説には、2歳ごろになると子供は自意識が生じるようになって自立を覚え始めるようですが、この時に愛情を注いでくれる人がいないと情緒不安定になる確率が上昇するとも言われています。

情緒不安定性人格障害の診断基準は?


この情緒不安定性人格障害の診断基準はDSM(精神障害の診断と統計の手引き、Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)によるものがあり、下記9項目のうち5つ以上満たしていたら適合するということです。

1.現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする気も狂わんばかりの努力(注:5.の自殺行為または自傷行為は含めないこと )。

2.理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる不安定で激しい対人関係様式。

3.同一性障害:著名で持続的な不安定な自己像や自己観。

4.自己を傷つける可能性のある衝動性で、少なくとも2つの領域にわたるもの (例:浪費、性行為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食い)。

5.自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し。

6.顕著な気分反応性による感情不安定性 (例:通常は2~3時間持続し、2~3日以上持続することはまれな強い気分変調、いらいら、または不安)。

7.慢性的な空虚感。

8.適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難 (例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)。

9.一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状がある。

これ以外にもWHOによる国際疾病分類であるICD-10においても診断基準が定義されております。

・あらかじめ計画をたてる能力にきわめて乏しく、強い怒りが突発し、しばしば暴力あるいは「行動爆発」にいたることがある

・これらは衝動行為が他人に避難されたり、じゃまされたりすると容易に促進される

・パーソナリティ障害の2つの異なる型が特定されるが、両者ともこの衝動性と自己統制の欠如という一般的なテーマを共有している

衝動型の診断基準は下記の通りです。

・情緒の不安定と衝動統制の欠如が激しくめだつ。

・暴力あるいは脅し行為が、とくに他人に批判された場合、突発するのが常である。


Sponsored Link


・爆発的および攻撃的パーソナリティ障害と合併、混同していることがある。

・非社会性パーソナリティ障害は省く。

(非社会性パーソナリティ障害:社会的責務を無視、他人への異常なまでの冷淡さと攻撃性を特徴とする)

境界型の場合の診断基準は下記になります。

・情緒不安定ないくつかの特徴が存在し、それに加え、患者自身の自己像、目的、および内的な選択(性的なものも含む)がしばしば不明瞭であったり混乱したりしている。

・通常絶えず空虚感がある。

・激しく不安定な対人関係に入りこんでいく傾向があり、追い詰められたような感情に陥りやすく、見捨てられることを避けるための過度な努力と、自殺の脅しや自傷行為を行うことがある(しかしこれらは何の引き金がなくても、突発的に起こりうる)。

 情緒不安定性人格障害における病院の受診は何科?


基本的に情緒不安定性人格障害になってしまった場合は薬以外にカウンセリングも必須となるので精神科に行くことになるでしょう。

ただしカウンセリングが発生するような治療は先生との相性が大きく影響することになるので、感覚的にこの人と相性が良くないと感じた場合は、自分に合った先生を見つけるようにしたほうがいいでしょう。

あとはカウンセリングを積極的に行っているかどうかを病院に行く前にチェックするのもいいと思います。

定期的なカウンセリングが必須なので良き先生を見つけてください。

 

情緒不安定性人格障害の治療法


情緒不安定性人格障害の治療はすぐに治るものではないので、長期間努力し続けられるかがカギになります。

支持的精神療法や認知行動療法や精神分析的精神療法といった精神療法が主体となるのですが、場合によっては睡眠薬や精神安定剤、抗うつ剤などを処方されることもあるでしょう。

とにかくカウンセリングを行ってどういう状況で暴走するのか、暴走したらどうやって止めたらいいのかを探る必要もあるので、定期的に病院に通うことになります。

ただし、自殺行動にうつる可能性があった場合は衝動行為への危険性の排除が最優先になるので入院する可能性もあるようです。

情緒不安定性人格障害の方への接し方


情緒不安定性人格障害において大変なのは本人もですが、突飛な行動を行うことが多いので同居人や親友も対応に困ることがあるでしょう。

対応方法にはいくつかありましたが一番大切なことは一貫性を持つことと、必要なら距離を取って接することだそうです。

一貫性というのは話を聞かないようになりなさいと言うようなことではなく、守れないような約束はしないで自分の気持ちを正直に言うことにあります。

距離を取るのは相手が怒りなどの感情を向けてきたときで、言い返したくなる気持ちはわかりますが、堪えて何時間か間を置くようにするということです。

注意点はそこで物別れしないようにすることです。

 

情緒不安定人格障害と境界性人格障害の違い


情緒不安定性人格障害を境界性人格障害は同じだという見解を持っている人もいますが、共通点がかなり多いのでその説もあながち間違いではないでしょう。

しかし、違うところをあげると情緒不安定のほうは名前の通り情緒に問題が発生するようになるので感情の爆発といったものが主体になりますが、境界性の場合は人に見捨てられたくないといった不安に駆られての行動のほうが多いと言われております。

ただし、基本が同じなので治療法も同じとなっているようです。

 

情緒不安定のことに関しましては次のページも参考にしてください。

生理での情緒不安定の症状は?泣く?原因と薬など対策は?

妊娠中の情緒不安定の期間は初期が多い?胎児への影響は?

子供の情緒不安定の症状や原因は?薬など対策や親の対応は?

情緒不安定の症状と原因と対策は?更年期や貧血で起こる?

 

情緒不安定性人格障害の症状や特徴は?接し方や治療法は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は情緒不安定性人格障害の症状や特徴及び患者との接し方について説明いたしました。

この情緒不安定性人格障害は周りの人のサポートが必要なものなので、どのような障害なのかを理解して接し方も把握する必要があります。

治療も長い期間がかかると言われており、悪戦苦闘することもあるでしょうが決してあきらめずに医師と二人三脚で治療を続けていくようにしてください。

決して治らない病気ではないのであきらめないで!


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)