妊娠中の情緒不安定の期間は初期が多い?胎児への影響は?

妊娠中の情緒不安定の期間は初期が多い?胎児への影響は?

妊娠中の情緒不安定の期間や対策について

妊娠中情緒不安定になりやすい期間妊娠初期】があると言われています。

症状が出た場合は胎児への影響ははたしてあるのか、対策はあるのかを気にしている方もいるでしょう。

そこで、今回は妊娠中情緒不安定期間は本当に初期が多いのかを調べ胎児への影響は何があるのかもお伝えします。


Sponsored Link


妊娠時の情緒不安定の症状は?泣く?


妊娠時の情緒不安定における症状はPMSに非常に似ております。

主な症状は下記ですね。

・暴飲暴食が発生する

・イライラすることが増える

・わけもなく悲しくなる時がある

・ささいなことで腹が立つようになる

・気分が落ち着かない

・憂鬱になる

・集中力が続かなくなる、またはなくなる

・あらゆることに不安が生じる

・1人でいたいとやたらと感じるようになる

基本的に感情の起伏が激しくなって情緒不安定となります。

普段なら何も感じるようなものではないのに、なぜかイライラと感じるようになったり、普段なら気にもしない言葉が気にいらないと感じるようになってしまうのです。

 

貧血の数値【6,7,8,9,10など】と症状及び対策

 

妊娠時の情緒不安定の時期は?初期が多い?


妊娠時の情緒不安定の時期は妊娠初期と言われていますが、様々な人の声を聞くと5週目からイライラがひどくなったという人いますし、妊娠14週頃からひどくなったという人もいます。

なので妊娠初期に情緒不安定になることもありますが、ある程度経過してから発症することもあるので明確な期間ははっきり言って決まっていないと言えるでしょう。

ホルモンバランスの乱れによって情緒不安定になると言われているので妊娠初期はhcgホルモンが急激に増えてしまうので発生する可能性もありますし、出産するまではエストロゲンやプロゲステロンは増え続けるのでホルモンバランスが崩れ発生する可能性があります

そのため、いつからいつまでとはっきり説明することはできません。

しいて言うなら妊娠初期から出産までは起きる可能性があると考えましょう。

妊娠中の情緒不安定は赤ちゃんに影響する?


妊娠中に情緒不安定になるとストレスが溜まりやすい状態になります。

何かとイライラが多発するようになって不安になってしまう状態が続くので加速度的にストレスが溜まっていくのです。

最近の研究ではストレスがかかりすぎると赤ちゃんはアレルギーや喘息になってしまいやすいというものもあり、ストレスを感じることで生じるホルモンが赤ちゃんに送られると免疫力低下が発生すると言われているのです。

さらに一説にはストレスが溜まりすぎるとストレスホルモンによって血行が悪くなって子宮に血液が行かなくなり赤ちゃんの成長が鈍くなることがあると言われているのです。

こうなると子宮の機能が鈍ってしまうので妊娠状態維持ができなくなり流産する確率が高まると言われております。

妊娠の情緒不安定で離婚も?


情緒不安定になるとイライラが多発してあらゆることに怒りを感じるようになるので日常会話の中に怒りを感じて、いたわりの言葉すら憎しみを感じるようになってしまいます。

そうなると会話から喧嘩に発展してしまうこともあるのです。

人によっては妊娠中の情緒不安定によって離婚の危機または離婚にまで発展した人もいます。

そのためあまりにもイライラが抑えられないならば、あえて合わないようにすることも大切と言えるでしょう。

あって100%喧嘩になるのなら、距離を置くことも大切です。

その場合、事情をご主人にお伝えしておくと良いでしょう。

妊娠中の情緒不安定の原因は?


色々な説がありましたが、やっぱり多く定説となっているものはホルモンバランスが狂ったことにあるのでしょう。


Sponsored Link


他にも産後の不安や体調の変化によって精神バランスが崩れてしまって不安定になるという説もあります。

たしかに、妊娠中は体重が増加してお腹が出てくるので体型が気になる方にはストレスを感じるようになるでしょうし、運動が好きな人は運動ができないのでそのことにもどかしさを感じることもあるでしょう。

さらにはつわり・腰痛・腹痛・便秘・抜け毛・肌荒れなどの多くのトラブルが多発するようになるのでストレスが溜まりすぎて情緒不安定になる確率を上昇させます。

お腹が大きくなればなるほど思い通りに体が動かせなくなるので日常生活も今までできたことができなくなり、イライラが溜まることもあるでしょう。

要するに体の面でも精神的に不安定になりやすい状況でホルモンバランスも崩れやすくなっているので、何かと情緒不安定になりやすいということです。

妊娠中の情緒不安定の解消法など対策は?


まずは開き直ることが大切です。

いろいろと不安に思うこともあるでしょうが、妊娠期間中はホルモンバランスが乱れやすくなっているため精神的に不安定なりやすいと最初から理解しておいて、「こういうものだからしょうがない!」と開き直って不安も子供を産めば解消されると思うようにしてください。

ネガティブ思考に陥りやすいので、どうにかして思考のループから遠ざかる必要があります。

あとは愚痴を言える人を見つけることも大切です。

ただし、精神的に不安定になっているとちょっとした会話でイラッと来てしまうことがあるので、そこまで悪化している場合は一人になった方が良いかもしれません。

どうしようもないと思ってしまったら一番安心できる場所に行くのも良いでしょう。

人によっては異なるかもしれませんが、実家が安心するという方は実家に行くといいでしょう。

妊娠中の仕事における注意点


妊娠中でも働きたいというかたもたくさんいるでしょうが、妊娠初期は見た目も変わらないので、情緒不安定であることを自ら報告をしないと周りの人は気が付くことはありません。

たくさんの人たちに報告するのが嫌という方でも、上司には報告した方が良いでしょう。

そのうえで相談をして仕事を続けるか、産休をとるのか、または辞めてしまうのかを決めるのが良いのではないかと思います。

つわりなどで体調不調が間違いなく発生するようになるので報告しないという行動は良くないと思われます。

妊娠中の妻に旦那が気をつける点


妊娠中の妻に旦那が気を付ける点はとにかく妊娠中は感情の起伏が激しくなって、ストレスが溜まりやすく攻撃的になりやすくなっているということを理解することです。

人によっては症状が違うため完璧な対応なんかありませんが、知っているかどうかで旦那側の気持ちも大きく変わってくるので必ず理解を示してあげましょう。

さりげなく気遣う言葉を言ったとしても「あんたに言われる筋合いはない!」なんて返されてしまうこともあるでしょうが、そこで口論になったら悪いほうに進んでしまうので、今の言葉もダメなのかと諦めて一時的にでも距離を置いて対応するようにしましょう。

あとは、可能なら旦那が家事を手伝って妊娠中の奥さんが自由になれる時間を作ってあげるのも有効な手段と言えます。

 

情緒不安定のことに関しましては次のページも参考にしてください。

生理での情緒不安定の症状は?泣く?原因と薬など対策は?

情緒不安定性人格障害の症状や特徴は?接し方や治療法は?

子供の情緒不安定の症状や原因は?薬など対策や親の対応は?

情緒不安定の症状と原因と対策は?更年期や貧血で起こる?

 

妊娠中の情緒不安定の期間は初期が多い?胎児への影響は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は妊娠中の情緒不安定の期間は本当に初期が多いのかを調べ胎児への影響はあるのかもお伝えしました。

妊娠中の情緒不安定はホルモンバランスの乱れから始まり、そこから妊娠における回避できないストレスが重なることで発生するものなので、回避するのはものすごく困難です。

そのため、あらかじめ対策を把握することが大切になります。

特に同居人にはこのような状態になるということを理解してもらうようにしてくださいね。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)