過食症の克服法は?病院で治療する?糖尿病の原因に?

過食症の克服法は?病院で治療する?糖尿病の原因に?

病院での治療など過食症の克服について

過食症は摂食障害の一種で精神疾患に該当しますが、克服するための治療はなかなか大変で、病院にかかる人も多くいるようです。

そして合併症を引き起こすとも言われており、糖尿病になりやすくなると言われたりもしています。

そこで、今回は過食症克服法はどのようなものなのか、病院治療するのが基本なのか、また糖尿病の原因になるのは本当なのかをお伝えします。


Sponsored Link


過食症の症状

kasyokusyou-syoujyou
過食症とは自分で食欲がコントロールできずに普通では考えられない量の食べ物を食べてしまう病気です。

この過食症には2パターンあり「過食と嘔吐を繰り返す」ものと「過食のみを繰り返す」ものがあります。両方とも摂食障害の一種で過食症とひとくくりにされており、非常に危険な病気となっています。

過食症状は人によって異なる部分もありますが、気が付くと食べ物を食べつくしていたとか、気が付けば大量に買い込みを行って一気食いしていたという無意識下の行動を伴うことが多く、そのあとは大抵の人が罪悪感に苛まれることになります。

過食症の原因

kasyokusyou-genin
過食症や拒食症のような摂食障害の根底にあるものは精神的なストレスです。

これは見た目に対してのコンプレックスや誹謗中傷といった直接的なもの以外に、両親の不和や離婚、または母親や父親から受けるプレッシャーといった人間関係によるストレスが引き金となるケースもあります。

それ以外にも母親との付き合い方が関わっているケースが多く、親からの圧力が強すぎたり、監視がひどすぎる場合は自尊心がなかなか育たないことになり、心に暗いものを宿してしまって摂食障害に陥ってしまうこともあります。

また、基本的に過食症は何も食べたくないという拒食症から始まって、我慢しきれなくなって食べ始めると止まらなくなったケースがよくあり拒食症は過食症の前段階になることが多いのです。

過食症の診断基準

kasyokusyou-sindan
過食症の判断基準は、簡単な方法では「自己診断チェックリスト摂食障害」にどれだけ当てはまるのかによるでしょう。

これは多くの摂食障害に接してきた方々が作られたものとなっているので非常に信ぴょう性の高いチェックリストとなっています。

拒食症や過食症の傾向がみられる場合は、それとなくこのチェックを受けさせるのがいいでしょう。

 

参考URL:https://www.yodoyabashift.com/checklist/self/03.html

 

それ以外にも傾向として無茶食いを繰り返していたり、自己評価がすごく低いか偏ったものになっていたり、薬剤を誤った使い方をしているといった傾向があったら、過食症の可能性があると言えます。

過食症の克服方法

kasyokusyou-kokufukuhou
過食症のような摂食障害を克服するためには、その人のメンタルケアの他にも本人がストレスを溜めない習慣を身につける努力をすることや、家族や友人のサポートが重要なものとなってきます。

この病気は自己嫌悪やコンプレックスなどの精神的なものがきっかけなので、自信をつけさせるためにも自己否定をする癖をなくし体重は今のままでも大丈夫であることや、今のような食事は異常であることを認めさせることも大切なこととなるでしょう。

自分を否定しすぎ無いことや自分の弱さを正確に受け止めることが摂食障害を乗り越えるための基本となります。

また、そばにいる人たちも患者の症状をきちんと理解したうえで、克服させるためにもちゃんと見守ってあげるようにしましょう。


Sponsored Link


精神疾患の一種でもあるため、自分の意志をコントロールできない状態にあり、思いがけない行動にはしる危険性もあるのでストッパーがいることは大事なことなのです。

過食症は病院で治療する?

gyakuryuseisyokudouen-byouin
過食症は病気の一種でもあるため、病院での治療と考えることが一般的ではありますが、精神疾患は病院であっても即座に治療できるものではありません

そのため、処方された薬を飲むだけで回復するわけでもなければ入院すれば100%治るといった病気ではないのです。

通院することは自分の不安を話す機会を得るものとなるので、回復までの期間が短くなる傾向にありますが大切なのは周りの人のサポートと自分の意志力といえるので、病院にいけば100%どうにかなるという考えは持たないようにしてください。

ただし、うつ病や不安障害などの別の精神疾患がある場合は突飛な行動にうつったりする危険性が大きくなりますので、必ず病院や精神科に診てもらいましょう。

過食症だと糖尿病になりやすい?

kasyokusyou-tounyoubyou
過食症はさまざまな合併症を引き起こす危険性がありますが、特に注意が必要なのは血糖値が急激に上がることにより起こる弊害です。

これは高血圧や糖尿病といったもので、世に言われる生活習慣病と言えるものでしょう。

過食症の人は基本的に炭水化物が中心になっていることが多いので、血糖値が一般的な人よりも上がりやすい傾向にあります。

そのため血統を下げるために分泌されるインスリンが異常なまで必要となり、膵臓への負担が一般的な人のそれよりも異常に多い状態が続いてしまい機能性低血糖症になってしまうでしょう。

この機能性低血糖症は長く続いてしまうと糖尿病を引き起こすと言われているので、糖尿病には注意が必要なのです。

これは思春期の女性でも当てはまるので、自分は大丈夫とは思わないほうがいいでしょう。

過食症だとむくみやすい?

kasyokusyou-mukumi
過食症の人は食生活が乱れていることが多いので、必然的に基礎代謝能力が低下しやすくなっています

それ以外にも、体の中の老廃物の増加・ビタミン不足・ミネラル不足・塩分の摂りすぎ・肝臓や腎臓などの内臓機能低下などが発生するためむくみや冷え性といった症状が頻繁に発生するようになるでしょう。

むくみは時間をある程度おけば治まることもありますが、冷え性は免疫力の低下に繋がるので他の合併症を引き起こす危険性が上昇します。

他にも嘔吐を繰り返す人の場合は、胃酸が歯に何度も接触するようになってしまうので歯がボロボロになって抜けやすくなったり、唾液を大量に分泌するようになるため唾液腺が腫れるようになってしまって首の周りや顎の周りが腫れあがってしまうこともあるでしょう。

それ以外にも食道を傷つけることが多くなるので、食道炎になりやすくなり食道がんになってしまう確率も上昇します。

過食症の克服法は?病院で治療する?糖尿病の原因に?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は過食症の克服法はどのようなものなのか、病院で治療するのが基本なのか、また糖尿病の原因になるのは本当なのかをお伝えしました。

過食症は外見に対するコンプレックス以外にも、人間関係のストレスといった過食とは一見関係ないストレスから発症する危険性があることがわかっていただけたと思います。

特に親の影響、母親の影響を受けやすいと言われているので、母親の人たちは接し方に十分気を付ける必要があるでしょう。

一度拒食症や過食症になってしまうとなかなか回復させるのが大変で、長い期間病と闘い続ける必要がでてしまうかもしれません。

そのようなことは本人も周りの人も望んではいないので、ストレスが異常に溜まっていないかどうか本人以外にも周りにいる人が気をかけて手助けしてあげるようにしてください。

そして異常行動に走っていたとしても、早い段階で止めることができれば治療も早く済むのです。

見守ることも大切な予防に繋がると考えて、周りにも気を配るようにしてください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)