花粉症で倦怠感と眠気・筋肉痛・微熱・寒気を伴う原因と対策

花粉症で倦怠感と眠気・筋肉痛・微熱・寒気を伴う原因と対策

花粉症で倦怠感にめまいや頭痛が起こる原因と市販薬など対策

今では多くの日本人を苦しめている花粉症ですが、この花粉症倦怠感を感じさせ、それに加えて眠気筋肉痛微熱寒気といったものを引き起こすことがあります。

なぜ、花粉症でこのような症状が出るのかの原因を知り、対策を取りたいと思っている人も多いでしょう。

そこで、今回は花粉症における様々な症状原因対策について考察します。


Sponsored Link


花粉症で倦怠感や眠気が出る原因は?


花粉症の症状の中に、なんとなくだるいと感じる倦怠感や眠気といったものを感じる方がいます。

花粉症による眠気はどこから引き起こされているのかというと、まずは鼻詰まりが多発することで鼻呼吸ができなくなってしまい酸欠気味なってしまうことでしょう。

また、マスクをしている方も呼吸がし辛くなるので、調子が良い時と比べると間違いなく酸欠になる確率が高いのです。

そのため、血中酸素濃度が低下して眠気やだるさが誘発されます。

そして、くりゃみや咳を頻発してしまっている人は、かなりの疲れを感じるようになるのでそれだけでも慢性疲労を感じるようになり倦怠感や眠気を感じる確率が通常時より高いと言われているのです。

非常に厄介なことではありますが、このようなメカニズムを理解すると眠気が発生する仕組みも見えてくるので、解決法も模索することができます。

花粉症で倦怠感と筋肉痛が出る原因は?


花粉症になることで筋肉痛になることはありません。

ありませんが、花粉症になって咳やくしゃみや鼻をかむという動作を頻繁に行っている方は筋肉痛を誘発するかもしれないでしょう。

特に、くしゃみの動作はかなりの筋肉を使うので、くしゃみを連発する人は筋肉痛になる確率は高いでしょう。

特に注意するべく箇所は腹筋でしょう。

くしゃみをするとかなりの圧力が腹部にかかり、筋肉が引っ張られます。

そのため、くしゃみを連発した次の日はお腹が痛いと感じる人もいるかと思います。

更に言うと、くしゃみによる筋肉痛は鈍痛であり、くしゃみをした後もある程度の痛みが継続してしまいます。

花粉症で倦怠感と微熱や寒気が出る原因は?


花粉症によって微熱が出てしまう原因は鼻の炎症が悪化することで脳に酸素が送られにくくなり、発熱を起こすという説や、身体が風邪と勘違いしてしまったために花粉を排除するべく体温を上昇させてしまい発熱してしまうという説もあります。

それ以外にも、咳やくしゃみを連発してしまったことで身体が疲れ切ってしまい、免疫力が低下してしまって発熱することもあるでしょう。

また、寒気や悪寒を感じるようになってしまった場合、こちらも体が風邪と勘違いした結果脳が悪寒や寒気を感じるように仕向けたものという説が有力となっております。

花粉症による症状は非常に多く、たくさんの日本人を苦しめていることがこれらの症状からも見えてきますね。

花粉症で倦怠感とめまいが起こる原因は?


花粉症でめまいの症状が発生することがあります

まずめまいの説明をするために、関係していることから解説します。


Sponsored Link


平衡感覚は平衡感覚器をつかさどる体が動く方向を感知する三半規管体の傾きやその他加速度等を感知する耳石器といった部分が関係しております。

これらの感覚器から得られた情報が脳に伝わるという仕組みなのです。

めまいとはこれらの平衡感覚を保つための様々な情報が内耳から大脳皮質までのどこかで障害が発生することで起こされる症状です。

めまいは平衡感覚と関与している内耳の異常が鼻詰まりによって引き起こされる可能性があるので、発症確率はそこまで高くはないのですが起こりうるものと言われております。

それとは別に、アレルギーを抑えるための抗ヒスタミン薬を飲むことで副作用として発生することもあるでしょう。

花粉症で倦怠感と頭痛が起こる原因は?


花粉症の症状で倦怠感や頭痛が引き起こされることもあります

その原因は眠気と同様に鼻詰まりで脳が酸欠になって引き起こされるパターンです。

鼻の粘膜異常になって酸素がうまく吸えなくなってしまうと、脳に酸素が行かなくなってしまうので、酸欠状態になり眠気や頭痛といった症状が出るようになるのです。

それ以外にも、花粉症の方は安眠がとれにくくなるので睡眠不足に陥ってしまい、頭痛を引き起こしたり、くしゃみや咳を頻発に行うことで筋肉が緊張状態になるので肩こりや首の痛みが発生するようになって頭痛が引き起こされる可能性もあります。

あとは花粉症になってしまって、副鼻腔に炎症が発生するようになり頭痛が発生するようになったり、花粉症による様々な障害にイライラが溜まってストレスがひどくなって頭痛になることもあるでしょう。

花粉症での倦怠感の対策は?市販薬?


花粉症による倦怠感は鼻詰まりによる酸欠状態や、くしゃみや咳を頻発して行うことで身体が疲れ切ってしまうことから発生するものです。

口呼吸が多くなるので、細菌やウイルスも入りやすくなり風邪をひいている可能性もあります。

この花粉症の倦怠感対策は非常に豊富にあります。

例えば、軽く運動をする・アロマテラピーをする・空気清浄機を使う・マッサージを行う・入浴するといったものですね。

倦怠感の原因が花粉症ならば鼻詰まりの解決とストレスの除去が大切になるので免疫力を少しでも回復させる必要があるのです。

症状を抑えるために市販薬を使うといった方法も一般的な方法としてあります。

市販薬には色々な種類があるので抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬などよく吟味して使うようにしましょう。

薬を使うにあたっては医師や薬剤師と相談するのが無難ですね。

花粉症の原因は?自然治癒できない?


花粉症は花粉が体内に侵入すると、それを誤って排除するべき物質だと体が反応するようになってしまい、リンパ球がIgE抗体を大量に作ってしまうことが原因です。

こうなると、花粉が体内に入るたびに鼻や目の粘膜にある肥満細胞からヒスタミンといった化学物質が分泌されるようになるので、体外に花粉を押し出そうという働きが加速するようになります。

そもそもなんでアレルギーが多発するようになったのかというと、スギの増加・ハウスダストやダニの増加・高タンパクの食事の増加・ストレスの増加・大気汚染などが関与しているので防ぐのが難しいのです。

そして、花粉症はアレルギー体質によって引き起こされるものなので、なかなか自然治癒させるのは難しいところがあるようです。

ただ、人によっては健康食品や漢方薬といったものを摂取することで必死に体質を変化させて治療した人もいますし、稀に放置した結果治ったというパターンもあると言われております。

生活習慣を正し、ストレスを排除し、メリハリのある生活を心がけることで自然治癒の可能性もあるかと思います。

花粉症で倦怠感と眠気・筋肉痛・微熱・寒気などの原因と対策まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は花粉症における様々な症状の原因や対策について考察しました。

花粉症は様々な症状を引き起こしますが、基本は花粉症による咳・くしゃみ・鼻水・かゆみといった症状から引き起こされるのです。

そのため、もととなるこれらの症状をやわらげることで他の症状を抑えることができます。

基本的に生活習慣が乱れるほど悪化す傾向にあるので、花粉症を悪化させないようにするためにもしっかりとした生活習慣のもと体調管理を行うようにしましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)