男性の血尿で痛みなし!痛みあり!の原因は?がんの可能性も?

男性の血尿で痛みなし!痛みあり!の原因は?がんの可能性も?

男性の血尿の原因と治し方について

血尿は発生すると人によってものすごい焦りが生じるもので、一体原因は何なのか気になって仕方ないですよね。

男性血尿痛みなしの理由は?痛みありの理由は?これはひょっとしてがんの可能性はあるものなのか、など色々気になってしまうかと思います。

そこで、今回は男性血尿について色々とお伝えしていきます。


Sponsored Link


男性の血尿で痛みなし!原因は?


まず男性に多い血尿の原因は、ガン、尿路結石、尿道炎などがあります。

この中で痛みが発生しない男性の血尿だとガンのケースが多いでしょう。

ガンになってしまうと血管に食い込んで出血が発生するようになるので、血尿が出るようになるのです。

特に気を付ける必要があるガンは前立腺がん・膀胱がん・腎盂尿管がんと言われているようです。

ただし、ある程度症状が進むとガンであっても痛みが出るようになるようです。

 

男性の血尿で痛みあり!原因は?


痛みがある血尿と言えば尿路結石が挙げられます。

尿路結石による血尿は尿管で移動することで皮膜を傷つけてしまうので血が出るといったものになりますが、腰に強い痛みを感じるようになるので、痛みを感じたらまずは尿路結石を疑われると良いでしょう。

尿道炎のような炎症が起きるものでも血尿が出ることがあります。

膀胱炎は女性が発症例の多いものですが、尿道炎は男性のほうが発症例が多いものです。

これは尿の出始めに痛みが出るようになり、残尿感が出るようになるので、これらの症状が出ているのなら要注意ということになります。

それ以外にも尿が出る時に痛みが出るのではなく、喉の痛みといったものが出るものもあります。

それは急性腎炎ですね。

これは喉の痛みを伴う病気をひいて咽頭炎になってしまうことで、発症するケースが多いと言われており、血尿が出るようになると指摘されております。

残尿感・腹痛など血尿以外の症状は?


血尿に伴って様々な症状が出る場合もあります。

まず、ガンによって血尿が出ている時は最初のうちは症状は血尿以外感じないでしょうが、症状が悪化することで様々な症状を引き起こしていきます。

例えば、胃がんによて血尿が発生しているのなら、ある程度症状が進行すると吐き気・貧血・体重減少・食欲不振・鳩尾の痛み・嘔吐・吐血・血痰・下血・不眠・動悸・腹水・骨折・黄疸といった症状が出るようになります。

膀胱がんの場合は下腹部の痛み、頻尿や排尿時の痛みといった症状が出たりします。

次に急性腎炎による血尿の場合、頭痛・食欲不振・むくみ・頻尿・血圧上昇・腎機能低下といった症状が出るようになるでしょう。

尿路結石による血尿の場合は、残尿感・頻尿・発熱・悪寒・むくみ・背中や腰の痛みといったものがあります。

このように、血尿以外に症状が出てくるケースは色々あり、何かの病気になっている可能性がありますので、病院を受診されるといいでしょう。

男性の血尿の根本原因はストレス?


よく聞く表現の中に、「ストレスが溜まりすぎて胃の痛みが悪化した」とか「ストレスで髪の毛が薄くなってしまった」というものがありますよね。


Sponsored Link


その中には「ストレスで血尿が出てしまった」というのものも聞いたことがある人はいるのではないでしょうか。

このストレスによって血尿が出るかどうかですが、ストレスがかかりすぎている場合は尿路結石になる可能性が上昇するので、血尿が出る確率を上げる一要因にはなるかと思います。

それ以外にも、腎臓の炎症が起きている糸球体腎炎になっている時に免疫力が低下するまでストレスを溜め込んだり疲れがたまっているケースが見られ、と血尿が出ることがあると言われております。

血尿は若い男性に多い?それとも高齢者?


まず基本的なこととして、血尿が出る確率が高いのは男性よりも女性です。

女性は5人に一人が膀胱炎になると言われているので、膀胱炎からくる血尿症状が出てしまうため、男性よりも圧倒的に女性のほうが血尿が出やすいと言われているのです。

また、一般的に血尿が出る確率は年をとっている方が高いのですが、若年者を中心に広がっている急性糸球体腎炎という病気のせいで、若者も血尿が出る確率が高まっていると言われているのです。

この病気は、血尿以外にもむくみ・高血圧・頭痛・吐き気といった症状が出てくるので、血尿症状が出た時点で病院で診てもらうようにしてください。

男性の血尿は何科で診察・検査する?


血尿が出てしまったら病院に行ってどのような病気になっているかを診てもらうのがベストとなっております。

基本的に泌尿器科に行くのが正解ですが、腎臓内科も血尿で診てもらうのは間違っていないと言われているので、そちらを選ぶのも良いでしょう。

とりあえず、片方の科で診てもらって異常が見つからなかったら、いかなかった科で診てもらうといった流れで問題ないと思われます。

ただし、目に見えてわかる血尿なら膀胱鏡を含めた精密検査が必須なので、泌尿器科を最初に受診したほうが良いです。

子供の場合は窓口として小児科を選ぶのも正解となります。

血尿の治し方は?


まず血尿がどのような理由で発生している血尿なのかをはっきりさせないといけません

この血尿の原因がガンだった場合は放置して治るものでもなく薬で治るものではないので、いち早く病院で治療を施してもらう必要があります。

次に、尿道炎の場合は治療の基本が抗菌薬を用いてのものとなるので放置して治るものではありません。

この時に用いられる薬はアジスロマイシン、シタフロキサシンといったものになるようですが、この病気で活動している菌は耐性を持つものが増えつつあるとのことで、効果が無いケースもあるようです。

そのため、いくつかの薬を試すことになると言われております。

尿路結石による血尿が出ている方はいくつかありますが、小さな結石の場合は放置していたとしても尿と一緒に排出されるので放置といった手段もなくはないです。

このように自然排石が期待できるときには、鎮痛薬を注射し痛みをやわらげて、水分補給を行うようにするようですね。

自然排石ができないのなら、体外衝撃波砕石術・経皮的腎尿管砕石術・経尿道的尿管砕石術のような特別な治療法を実行することになります。

大切なことは、自分の血尿が一体何によって引き起こされているかどうかなので、まずはすぐ病院に行くことを考えましょう

 

血尿に関しましては次のページも参考にしてください。

血尿が出た女性の原因は妊娠?発熱や下腹部痛がある場合は?

犬が血尿を出し元気がない!原因は病気やストレス?

膀胱炎で血尿や血の塊が!原因は?自然治癒する?

無症候性血尿の原因と検査・治療法は?子供の場合は?

 

男性の血尿で痛みなし!痛みあり!の原因は?がんの可能性も?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は男性の血尿について色々と記載していきました。

血尿が出た場合に大切なことは、まず何故血尿が出ているのかを明らかにすることなので、泌尿器科に行って診てもらうようにしましょう。

他に出ている症状から推測することもできなくはないですが、ガンの可能性がある時点で放置するのは危険です。

速やかに確認してもらいましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)