虫歯の予防法【大人・赤ちゃん・子供】予防する食べ物は?

虫歯の予防法【大人・赤ちゃん・子供】予防する食べ物は?

食べ物など大人や子供の虫歯の予防法

虫歯大人子供赤ちゃんといったどのような年代でも可能な限り避けたいもので、予防法についてもいろいろと気にしている方もいるでしょう。

中には予防に繋がる食べ物を探している方もいます。

そこで、今回は虫歯予防する食べ物など予防法について記載したいと思います。


Sponsored Link


大人の虫歯の予防法


虫歯になる環境は大人と子供では若干異なり、扱いも異なります。

まず、大人の虫歯で多いと言われているのは銀歯などの詰め物やかぶせ物の下にできてしまう虫歯です。

大人の方々なら1回は虫歯の経験がありその治療において詰め物にて対応したことがあることでしょう。

しかし、年数が経過すると接着剤の劣化などが原因で虫歯になることがあります。

それ以外にも歯ぐきが下がって、歯の根っこが出てくるのでその部分が虫歯になるケースもあるでしょう。

それらの事情を踏まえた上で行う必要がある対策は、1日に2回以上食後30分以内に歯磨きを行うということです。

特に寝る前は丁寧に行いましょう。

また、唾液不足で虫歯になることもあるので、ガムを噛むようにして唾液を出すのも効果的です。

また、半端に出ている親知らずもトラブルの原因になるケースが多いので抜いたほうが良いと言われています。

糖分摂取量を減らすのも効果的です。

赤ちゃん・子供の虫歯の予防法


子供の場合でも大人と予防法は基本的に同じで、1日2回以上歯を磨き食後30分以内に実行することが大切になります。

それ以外にも食生活を見直して糖分摂取を減らすことも大人と同じで重要なこととなるでしょう。

唯一違うことは大人が口をつけた箸やスプーンを使って赤ちゃんにご飯を与えるのは避けた方が良いということでしょうか。

赤ちゃんは虫歯の原因となる菌は持っていないのですが、大抵の場合、大人からうつされて感染しているのです。

なので、できる限り感染を遅くするために危険な行動を減らすことが大切になります。

大人が口を付けたものを与えるのも控えたほうがいいでしょう。

また、赤ちゃんの口にキスをするのも避けた方が良さそうです

原因菌に感染するのが遅ければ遅いほど虫歯のリスクは減るので、そのことを大人の方々は理解する必要があります。

虫歯予防に効果的な歯磨き粉は?


歯磨き粉選びのポイントは自分が何用を欲しているかを理解することです。

歯磨き粉にも種類があり虫歯予防・歯周病予防・口臭予防・黄ばみ予防といったものがあり、それぞれ含まれている成分が異なっています。

なので、虫歯を予防したい場合は虫歯予防の歯磨き粉を購入しましょう。

具体的に説明すると「フッ化ナトリウム」「フッ化リン酸ナトリウム」といったフッ素が配合されたものがいいでしょう。

フッ素に対しては色々と曰くがありそのことは後述いたしますが、やはり虫歯予防に最適だと解説する人が多いのです。

それ以外では殺菌効果の高い「酸クロルヘキシジン」「トリクロサン」が入っているものもいいでしょう。

研磨剤が含まれているものも有効ですが、それを使って磨きすぎると歯を傷つける可能性があることも覚えておきましょう。

虫歯の予防効果がある食べ物は?チーズ?


虫歯予防に効果がある食べ物は食物繊維・フッ素・カルシウムが含まれているものとなるでしょう。

逆に糖質が多すぎるものや刺激が強いものは避けたほうが無難です。

食物繊維は歯の表面を清潔にする作用があり虫歯予防に効果があります。

食物繊維が豊富な食べ物は顎をよく使う必要があるので唾液が出やすくなるのも良いですね。

具体的には豆類やナッツ類、あとは海藻などが該当します。

次にフッ素は再石灰化を助ける作用があるので傷ついた歯を元に戻す作用があります。

これは海老・緑茶・煮干しといったところでしょう。

カルシウムは強い歯をつくるのに欠かせない栄養素で、カルシウムが不足している人は歯が弱りやすく虫歯になる確率が高いと言われています。

牛乳・ヨーグルト・いわし・干しエビなどから摂取できますね。

フッ素の虫歯予防効果と危険性


まずフッ素の効果について解説します。

フッ素の効果には虫歯の原因菌の働きを弱める作用があり、歯垢(プラーク)が作る酸の量を抑えることができます。


Sponsored Link


さらに、歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促す作用があるので、軽い虫歯なら治すことができるとすら言われているのです。

また、歯の表面を酸にやられにくい性質にしてくれるので虫歯に対して強くなるでしょう。

その一方で、このフッ素が危険で絶対に使ってはいけないという説もあります。

その方々はフッ素にはエナメル質や歯質の強化は全くなかったと説明しており、再石灰化を促してはいないとも言っております。

さらに、フッ素はがん化を促進して脳神経障害を引き起こす可能性を上げるとも言われているのです。

さらにはフッ素は軍事的目的の神経ガスとして使われるようなものなんだから有害なのは当たり前という解説もありました。

はっきりいってこの論争は決着がついておらず、何が正しいのかは不明な状態です。

個人的には否定説の方が少ないので、有効とする説の方を信じたいところですが…

虫歯になりにくいおやつは?


糖質があればあるほど虫歯になる確率が高まると言われているので、お菓子といったおやつはまさに大敵となります。

ですが、突然やめろと言われても無理なのが実情です。

結論から説明すると糖分が少なく口の中に残る時間が短いものが虫歯になり難いということを理解しておけばよいでしょう。

いわゆる甘いガム・グミ・キャラメル・アメとかは良くないですね。

逆に、なり難いのはせんべいとかスナック菓子といったものでしょうか。

特にせんべいは噛む回数も上がるので唾液も出やすく虫歯対策に繋がる可能性があります。

それ以外には甘味料としてキシリトールを100%を使っているものなら虫歯菌の餌になることは無いので安心して食べられるようです。

ちょっとお高いのが玉に瑕ですが安心して食べれるのはいいことでしょう。

虫歯は口臭の原因に?予防法は?


虫歯が発生していると食べカス・神経が腐る・膿の発生といったものが原因となって口臭が悪化します。

なので、これ等が原因で口臭が悪化している場合はとにかく虫歯を治すしか方法はありません。

いくらガムとかを用いて臭いをごまかしても根本的なところが解決しなければいつまでたっても臭いままです。

予防法はシンプルで虫歯にならないようにすることです。

どうしてもごまかしたいという方は舌の上の細菌を可能な限りとると良いかもしれません。

また、唾液の量が少ないと口臭も悪化しやすいので朝起きたら舌を手入れするといいでしょうね。

歯周病の予防法は?


歯周病の予防方法は適切な歯ブラシを選ぶこと・しっかりと磨くこと・場合によっては糸ようじや歯間ブラシを使うこと・タバコを止めることといったところでしょうか。

歯周病の原因は細菌性プラークなので、可能な限りプラークをコントロールする事さえできれば歯周病になる確率も低下します。

それ以外には歯周病や虫歯予防に定期的に歯医者に行くのも有効と言えるでしょう。

 

虫歯に関しましては次のページも参考にしてみてください。

虫歯は放置しても治る?それとも病気や死亡の危険がある?

乳歯の虫歯は白い?治療は神経を抜く?永久歯への影響は?

虫歯で神経が死ぬとは?神経を抜く治療法と費用は?

虫歯の原因【菌・砂糖・食べ物・ストレス・病気】と予防法

虫歯の治療方法は?詰め物の種類の他、治療後に痛い原因は?

親知らずの虫歯の放置は危険?口臭やリンパの腫れ・頭痛だけでない!

赤ちゃんの時の虫歯菌の感染が虫歯の原因?除去法は?

前歯が黒い・痛いのは虫歯?治療は神経を抜く?銀歯になる?

虫歯の痛みや頭痛の緩和法は?治療は神経を抜く?予防法は?

 

虫歯の予防法【大人・赤ちゃん・子供】予防する食べ物は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は虫歯を予防する方法について記載いたしました。

虫歯はできる限り回避したほうがいいものだということは皆さんご存知の事でしょう。

しかし、歯のケアというのは痛みが強く発生しない限り虫歯と判断できないことが多いので、日頃から歯の管理はしっかり行うようにしましょう。

激痛が走るほどの虫歯は神経を抜くといった大事になることが多いので、違和感があったらすぐに診てもらうようにしましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)