緑内障の禁忌は?食事・葛根湯・目薬・睡眠薬・ステロイド?

緑内障の禁忌は?食事・葛根湯・目薬・睡眠薬・ステロイド?

食事・目薬など緑内障での禁忌について

緑内障は発症してしまうといろいろと禁忌なものが発生するようになります。

それは食事内容目薬睡眠薬といった薬、そして葛根湯にも及ぶと言われているのです。

そこで今回は、緑内障における禁忌にはどのようなものが該当しているのかを説明いたします。


Sponsored Link


緑内障で禁忌となる食事は?


緑内障は発症するリスク要因はわかってはいるけれど、どうして発症することになるのかはわかっていない非常に厄介な病気です。

また、緑内障になってしまった場合は食生活にも一部気を使う必要が出てきます。

まず、水を1リットル以上飲むのは避けたほうがいいでしょう。

他にもカフェインは摂取しないほうがいいでしょう。

1日に3杯以上コーヒーを飲む人は、高眼圧を引き起こしたり視神経を傷つける可能性が上がるという研究結果が発表されているので、コーヒー好きの方には非常に辛いですよね。

他にも辛い食べ物のような刺激物アルコールも眼圧を上昇させる可能性がるので過剰摂取は控えましょう。

それ以外では、身体を冷やすような食べ物は血行不良を引き起こすので避ける必要があります。

このような禁忌となる食べ物がありますので、主治医に確認しておきましょう。

緑内障で葛根湯は禁忌?


緑内障になってしまうと飲める薬にも制限がかかるようになりますので、薬も厳選する必要が出てきてしまいます。

例えば抗不安薬・抗うつ薬・抗てんかん薬・抗不整脈薬・鎮痛薬・鎮咳薬・アレルギー用薬などなど、これ等の薬の一部は使えなくなっているのです。

そんな状況の中で風邪薬として使えるのが葛根湯ですね。

葛根湯はいろんな禁忌がある薬の中で気にする必要が無い薬なので、緑内障の方は何かあった時のために用意しておくといいでしょう。

緑内障で目薬は禁忌?


一般的に市販の目薬が使えないのは「閉塞隅角緑内障」と言われる緑内障の人になります。

この緑内障の特徴は「急性の発作が起きると眼圧が高くなる」というもので、この急性の発作を起こしかねない成分が入っている目薬は禁忌に該当するのです。

もう少し緑内障の種類と目薬が使えるかどうかを説明しますね。

まず、閉塞隅角緑内障は慢性型と急性型があり、急性型の場合は目薬の成分によって症状が急激に進行する可能性があるので緑内障禁忌とされている目薬は使えません。

次に眼圧が正常範囲内であるにもかかわらず緑内障と診断される正常眼圧緑内障の場合は、開放隅角緑内障に分類されるため市販の目薬が使用できる物も多くなっています。

最後に開放隅角緑内障の場合は房水の出口である線維柱帯が目詰まりしていくことで眼圧が徐々に上昇するもので市販の目薬も多く使えます。

ちなみに、緑内障の方が注意する必要のある成分は抗コリン作用があるかどうかです。

緑内障で睡眠薬は禁忌?


睡眠薬も禁忌に分類されているものが多くなっています。

睡眠薬として現在最もよく使われているベンゾジアゼピン系の精神安定剤が該当しているようです。

このように緑内障の人はいろんな制限が加わるので、病気にならないよう努めねばなりません。

ちなみに、先ほど抗コリン作用という言葉で説明しましたが、あれは副交感神経を抑制するか交感神経を刺激する作用があることの表れで、どちらも瞳孔を閉じる働きを持つ毛様体筋を弛緩させて隅角が狭くするのです。

なので、こちらの禁忌も開放隅角緑内障の方よりも狭隅角の方が注意する禁忌に該当します。

そのため、開放隅角緑内障の方はそこまで神経質になることは無いでしょう。

ただし、薬の説明には「閉塞隅角緑内障は禁忌」ではなく「緑内障は禁忌」という記載であることも多いので、見分けがつきにくいと緑内障患者が嘆いていることもあります。

詳しくは主治医に確認するか市販で購入の際は薬剤師さんにしっかり確認すると良いかと思います。


Sponsored Link


緑内障でアトロピンが禁忌の理由は?


アトロピンも眼圧を上昇させ、病状を悪化させるおそれがあるため基本的に緑内障患者には禁忌となっております。

抗コリン作用により房水通路が狭くなり眼圧が上昇し、緑内障を悪化させるおそれがあるので、他の禁忌対象となる目薬と同じ理由となりますね。

緑内障にも種類があるのでこのアトロピンも使うことができる人もいますが、わざわざリスクを負う必要はないので、どうしても必要な状況にならない限りは摂取しないほうが良いと言えるでしょうね。

緑内障でステロイドは禁忌?


ステロイドホルモンを含む薬物を継続的に使用することで、房水流出が障害されて眼圧が上昇して緑内障になる恐れがあります。

これをステロイド緑内障と呼ばれているのです。

このステロイドが原因で発症した緑内障は原発性開放隅角緑内障と同じものになるようですね。

ただし、ステロイドを止めれば房水流出が正常化して眼圧が下がることが多いようです。

また、1000人の人にステロイド点眼薬を用いるとだいたい5人前後が眼圧が上がると言われているので全員が当てはまる症状ではないようですね。

なので、すべての人が良くないというわけではありませんが、眼圧が上がる体質の人はステロイドは使わない方が良いでしょう。

ステロイド薬は「絶対的な禁忌には当たりませんが、必要性が低いのならできるだけ避けるようにしたほうが良い」と言われているので、必要が無ければこちらも避けるようにしたほうがいいでしょうね。

緑内障で抗ヒスタミン薬は禁忌?


緑内障患者が気を付ける必要があるのが抗コリン作用のある薬なのですが、抗ヒスタミン薬にもその作用があるので禁忌に該当するものもあるでしょう。

この抗コリン薬とはコリンと呼ばれる物質の働きを阻害する薬であり、たくさんの病気の治療に用いられているものですが、名前でそれが入っているかどうかは分からないことが多いので、自分が服用している薬にはその作用があるのかを確認したほうがいいかと思います。

急性狭隅角緑内障とは?


狭隅角緑内障とは房水の出口が虹彩の根元でふさがれる緑内障なのですが、この虹彩の根元の排出部が塞がれると房水の流れも滞るようになるので眼圧が急激に上昇します。

そのため、視神経に障害が出るようになるので視野欠損も発生するようになってくると思われます。

その他にも目が真っ赤に充血するとか激しい頭痛や吐き気といった症状も出てきたりします。

この頭痛や吐き気のせいで脳神経外科や内科などの病院に向かってしまう人もいますが、原因は眼なので発見が遅れることがよくあるのです。

基本的に発作が発生してすぐに治療を行えば眼圧も低下するので問題ないのですが、内科や外科などの眼科以外の病院に長い時間かかるようになってしまうと手遅れになってしまうことが多いようです。

急性狭隅角緑内障の治療はレーザー虹彩切開術が基本になるようです。

 

緑内障に関しましては次のページも参考にしてください。

白内障と緑内障の症状の違いは?併発して同時手術する事も?

緑内障の予防法【食事・目薬・レーザー・運動・メガネなど】/a>

緑内障の症状はまぶしいとか痛み?テスト法や手術法は?/a>

緑内障の治療法【目薬・レーザー・手術など】と副作用は?/a>

緑内障の8つの原因【ストレス・コンタクト・糖尿病】と予防/a>

緑内障の失明の危険性は?症状や手術など治療法や予防法は?/a>

 

緑内障の禁忌は?食事・葛根湯・目薬・睡眠薬・ステロイド?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は、緑内障における禁忌にはどのようなものが該当しているのかを説明いたしました。

このように緑内障には薬や食べ物にもいろんな制限がかかるようになるので、日常生活に支障が出るようになってしまいます。

厄介なことに症状の進行を止めることはできたとしても治すことはいまだにできないと言われているので、それらの制限と治療薬には長い期間付き合いが発生するようになるのです。

また、原因がはっきりしていないため具体的な対策や予防策を立てることもできないのが非常に厄介なのですが、リスク管理はしっかりと行って発症しにくくすることも大切と言えるのではないでしょうか。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)