摂食障害の入院基準や食事など治療内容は?期間や費用は?

摂食障害の入院基準や食事など治療内容は?期間や費用は?

摂食障害の入院による治療や期間について

摂食障害はケースによっては入院することもあります。

そのため、摂食障害を気にしている方は入院基準治療内容がどのようなものなのか、気になっているケースが多くみられます。

その他にも治す為の食事内容費用といった点も気になるでしょう。

そこで、今回は摂食障害入院基準食事など治療内容について、そして期間費用はどうなるのかをお伝えします。


Sponsored Link


摂食障害とは?

sessyokusyougaitowa
摂食障害とは食事の量をコントロールができない状態になってしまい、心も体にも悪影響を及ぼす病気です。

英語表記ではEating Disorderとなるため、EDと呼んでいる方もいます。

主に症状は過食症と拒食症になりますが、過食や拒食の症状が発生しているけれども診断基準を全て満たしていない特定不能の摂食障害もあります

ちょっと特定不能の摂食障害についてはわかりづらいと思うので補足を入れますね。

例えば拒食症の場合、栄養不足が顕著になっているため月経不順や不妊になってしまいますが、ちゃんと月経があり時期の乱れもないといった状態になっていたり、拒食症ではあるけれど体重はいたって正常値という状態になっている場合の事です。

このように拒食症には見えるけど拒食症ではない状態を特定不能という摂食障害に割り当てています。

基本的に拒食症や過食症の傾向はあるが、症状やそれらしい行動に一貫性が無い場合は特定不能に該当すると思ってくださいね。

摂食障害の入院基準は?

gyakuryuseisyokudouen-byouin
拒食症の場合、入院基準は、身体があまりにも衰弱してしまい日常生活がまともにおくれない・重い合併症を併発している・標準体重から体重が60%以下になる・精神的に不安定な状態で本人や周りの人を傷つける可能性がある・治療環境が家庭では整わないと判断されるといったものです。

過食症の入院基準は精神的ストレスが溜まりすぎて日常生活に支障が出ている・重い合併症を併発している・精神的に不安定な状態で本人や周りの人を傷つける可能性がある・治療環境が家庭では整わないなどが入院する際の基準になります。

摂食障害は治療に長い時間がかかるため、本人以外にも周りの人に異常なまでの負担をかけます。

そのため、治療に付き合った結果ノイローゼになって倒れてしまうといったことが発生することもあるでしょう。

そうなる前に医師と相談して入院について話をしてみるのもいいかもしれませんね。

摂食障害の入院治療の内容は?

sessyokusyougai-nyuintiryou
摂食障害での入院治療の場合は、患者の行動を常にチェックできる環境を整えることや、摂食障害を正しく理解したスタッフの存在が必要となります。

しかし、精神病棟のような閉鎖環境に患者が入ることになると落ち着かなくなってしまい、悪化することもあるようです。

また、入院治療では行動制限療法を行うことになります。

これは拒食症や過食症の方に向けられる強い思い込みから解放させるために、多少強引ではありますが強い力で患者を引っ張り、思い込みの矯正を行うためのトレーニングを行います。

そしてこのトレーニングを行う際には行動範囲を制限して外部との連絡を禁止された環境で行うことになるでしょう。

人によってはトレーニングがつらいと嘆く患者もいるようですが、思い込みが悪化して症状が進行しないようにするためには必要な措置になるので、かわいそうではありますが耐えるしかありません。

摂食障害で入院時の食事は?

sessyokusyougai-nyuin-syokuji
摂食障害によって入院された患者の食事は、栄養バランスが整ったものとなります。


Sponsored Link


それを3食決まった時間に食べることが基本となり、摂取カロリーをコントロールしていきます。

拒食症の場合だと、1200kcal→1400 kcal→1600 kcalのように200 kcalずつ増やすようになるでしょう。

そして最終的に2400 kcalを食べれるようなるのが目標となります。

間食の取り扱いについては病院によって異なるところもありますが、基本は禁止になっているでしょう。

また、全く飲食ができない状態の人はIVHという高カロリー輸液を用いたり、エンシュアという缶に入った栄養剤を用いることもあります。

摂食障害での入院期間は?

haien-tiryou-kikan
摂食障害の入院期間は経過によって異なるものがあり、重い合併症を引き起こしている場合は長引くことになるでしょう。

また、退院のタイミングも医師によって判断されるものなので、具体的に何日だと断定することはできません。

深刻な栄養失調という状態になっていなければ、通常は1~2ヶ月と言われているようですが、これはあくまで目安と考えてください。

入院直後でも、患者が退院したいと言えば原則的に退院できる病院もあるので、期間が気になる方は入院予定の病院に相談するようにしてください。

摂食障害での入院費用の目安は?

sessyokusyougai-nyuin-hiyou
入院治療でかかる目安は一日3000~4000円くらいになるので、1ヶ月は9万~12万円かかると考えましょう。

しかし、入院費用以外にもかかる費用がいくつかあるのでその点も解説します。

まず病院によってはテレビを見るのが有料のところがあります。

それ以外にも売店が設置されているケースもありますが、そこで購入する代金についても自己負担になるので入院費用がいくらかプラスになってしまいます。

摂食障害は治るのか?

moumakuhakuri-keika
摂食障害は治る病気ではありますが、一部では10年以上もかかるように長期化したり、治療を行ったとしても慢性化してしまい最悪死亡してしまうケースもあるでしょう。

つまり、入院治療を行ったとしても100%治ると言い切れる病気ではないということです。

摂食障害は治るまでの期間がバラバラですが、早く治療を開始した人ほど回復までの期間は短くなるので、症状が出たら少しでも早く治療を開始するようにしてください。

治療期間が長くなれば長くなるほど自己嫌悪が強くなってしまったり、治ることを諦めてしまうことがあるのですが、絶対に治るという気持ちを強く持って治療を行うようにしてください。

しかし、早期発見において最も危険なのが一人暮らしをされている方で、外では摂食障害が発生していることをひたすら隠している方です。

最悪なパターンがその人が治したい気持ちが起こらないケースで、誰かが気が付くまでただただ症状が進行していってしまいます。

そのため、一人暮らしの方は絶対に拒食症や過食症といった摂食障害にはならないようにしましょう。

治療を開始することができないと、どのような病気であっても治すことができません。

摂食障害に関しましては次のページも参考にしてください。

 

摂食障害の種類と症状・原因は?幼児や子供の場合の特徴は?

摂食障害の治療は入院?症状や診断基準は?性格など原因は?

 

摂食障害の入院基準や食事など治療内容は?期間や費用は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は摂食障害の入院基準や食事など治療内容について、そして期間や費用はどうなるのかをお伝えしました。

基本的に摂食障害は治療に時間がかかる病気なので、発症してしまった方は病気といかに付き合っていくかが大切になってしまいます。

入院治療があまりにも辛くて外に逃げたいという声をあげる方もいますが、これは何よりも患者のために行われていることなので、ここはぐっとこらえて治療を続けるようにしてください。

また、どのような病気であっても発症しなければ治療自体行う必要が無いので、まずは発症しないことを考えて過ごすようにしてください。

美しい自分になりたいという意志によって無理なダイエットを行い、10代前半の中学生でも発症することが日本でも見受けられるようになったので、家族の方はお子さんの状態を毎日観察して心の病になっていないかをきちんとチェックしてくださいね。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)