乳児の湿疹はいつからいつまで続く?原因はママの食事で母乳?

乳児の湿疹はいつからいつまで続く?原因はママの食事で母乳?

乳児の湿疹の原因といつまで続くのか?

乳児湿疹は非常に頻繁に起こるもので、母親は対応に追われることが多くいつからいつまでこの状態が続くのか気になってしょうがないでしょう。

また一説には食事内容が悪い母親の母乳原因というものがありますが、はたして本当なのでしょうか。

今回は乳児湿疹いつからいつまで続くのか、原因はママの食事母乳とは本当なのかをお伝えします。


Sponsored Link


乳児の湿疹の症状

sissin-nikkou-asemo
大人と比べると肌が弱い赤ちゃんは肌のトラブルが非常に出やすく、アトピーや湿疹が良く症状としてあらわれます。

まず、湿疹の場合は乳児脂漏性湿疹であることが多いでしょう。

これは生後数週間から4カ月くらいの乳児で多い症状ですが、1歳になるとバリア機能が整うのでこの湿疹が多発することはなくなります。

この湿疹は主に顔面と頭部に炎症を引き起こしたりフケやかさぶたを生じさせます

この脂漏性湿疹は大人でも皮脂が多すぎると発生するものなのですが、赤ちゃんは新陳代謝が非常に良いことと女性ホルモンが大量に残っていることが原因で大人よりも圧倒的に皮脂が多くなっており非常に出やすくなっているのです。

それ以外に考えられるのがアレルゲンに触れると引き起こされるアトピー性皮膚炎や食べ物アレルギーによる湿疹、日光アレルギー(紫外線アレルギー)による湿疹でしょう。

これらは皆赤い湿疹といった症状が出てくることになります。

乳児の湿疹とアトピーの違い

sissin-nikkou-akacyan
アトピー性皮膚炎はアレルゲンに触れると引き起こされる皮膚炎で、乳児に多い乳児脂漏性湿疹は皮脂が多すぎることで引き起こされる湿疹です。

このように原因は異なるのですが、症状ははっきりいってほとんど同じであるため、湿疹とアトピーを見分けることはほとんどできません。

これは素人だからというわけではなく、医師でも見分けるのは難しいといわれているので見た目だけで判断することはできないと考えてください。

しかし乳児脂漏性湿疹は時期が過ぎれば出なくなっていくので清潔にするなどのケアさえしっかりしていれば問題ないのですが、アトピーの場合はケアしていたとしても原因を取り除かないと症状が出続けるのでその点が差となるでしょう。

いつまでたっても赤い湿疹の症状が治まらない場合は、乳児脂漏性湿疹ではなく他の湿疹かアトピーの可能性を考えるようにしましょう。

乳児の湿疹はいつから始まる?

moumakuhakuri-seikouritu
乳児の湿疹は生後数週間ぐらいから多くなり、だいたい生後4カ月目までは皮脂の分泌量が多い時期になるので湿疹も多くなります

しかし4カ月~9カ月頃になれば皮脂の脂肪が減っていくことになりますので、乳児脂漏性湿疹は減っていきます。

逆に肌が乾燥し始める時期になっているので乾燥による湿疹が出てくることがあります

そして10カ月~1歳頃になれば、皮膚が強くなってくるので乳児脂漏性湿疹はほとんどでなくなっている頃でしょう。

逆に、この時期になっても湿疹が減っていないならそれは乳児脂漏性湿疹ではない可能性のほうが高いので、体質的な湿疹を疑って皮膚科や小児科で診てもらうようにしてください。

乳児の湿疹はいつまで続く?

fusin-syoujyou-akacyan
乳児脂漏性湿疹に限定した場合は10カ月~1歳頃になればでにくくなるので、1歳になれば無くなると考えていいでしょう。

しかしアトピー性皮膚炎による湿疹や食物アレルギーによる湿疹、または日光による湿疹などは期間が定まっているわけではなく、原因に触れたり食べたりすることで発生することになります。

そのため1歳を過ぎたとしても湿疹の症状が全く治まらないのなら乳児独特の湿疹ではなく、体質的な症状として湿疹が出ていると考えて、原因を突き止める必要が出てくるでしょう。

原因がわかれば、それを避けることができるようになるので湿疹の症状が無くなっていきます。

乳児の湿疹の原因はママの食事で母乳?

sissin-nyuji-vaseline
湿疹の原因に母乳をあげる人もいますが、そもそも乳児湿疹において「原因はこれ!」と断言できるものはないので母乳が原因となるわけではありません


Sponsored Link


母乳で育てている場合は母親の食事が赤ちゃんの湿疹や健康状態に関係しているといわれることもありますが、あくまで要因の一つというだけでこれのみが原因というわけではないのです。

ただし、偏った食事が続いてしまった場合は湿疹が出やすくなるだけではなく、赤ちゃんの体調が悪くなって病気になりやすくなってしまうので、母乳の質を高めることは湿疹防止だけではなく赤ちゃんの健康のためにも必須となるのです。

乳児の健康を保つためには母親がバランスの良い食事を摂取することにあるので偏食しないようにしてください。
油っぽいものの食べ過ぎやお菓子やケーキなどの食べ過ぎには注意してくださいね。

乳児の湿疹の様々な原因

sissin-nyuji-syoujyou
赤ちゃんは肌が弱いため肌トラブルが非常に起きやすく様々な湿疹症状が出てきます。

種類が豊富なので次々と記載していきます。

まず新生児ニキビという皮脂の分泌過多によって起こるものがあります。

これは皮脂が多すぎるために毛穴に溜まってしまうことが原因です。

場所は顔全体に広がることが多く赤いぶつぶつが顔中に出ることもあります。

乳児脂漏性湿疹とは同じく皮脂が多すぎることが原因で顔面と頭部に赤い湿疹がでてかさぶたやフケのようなものがでることもあります。

あせもは赤ちゃんは汗腺が未発達で体温が高めなため、汗が溜まりやすいことが原因で首の周り・背中・おしりなどの汗をかきやすく蒸れやすい場所によく出てきます。

アトピー性皮膚炎はダニやハウスダストのようなアレルゲンに触れることで発生する皮膚炎で、顔・頭・耳たぶなどに赤い湿疹が出てきます。

食物アレルギーは卵や小麦などのアレルゲンとなる対象を食べてしまうことで、口の周り・口の中・全身などに赤い湿疹がでてしまいます。

日光湿疹は紫外線を浴びることで湿疹が出てくるといわれているので、日の光が直接当たりやすい手の甲・腕・首の後ろ・足の甲などに赤い湿疹が出てきます。

乳児の湿疹のケアの方法

sissin-nyuji-rokoido
乳児が湿疹になってしまった場合、大切なことは患部の状態を清潔にすることと正しいケアを行うことになります。

新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹の場合はしっかりとスキンケアを行って汚れや皮脂が溜まらないようにしてください。

あせもの場合は汗をかいていることに気が付いたらそのまま放置しないで、衣類をこまめに取り換えたり、おむつを交換してあげるようにしましょう。

服の選び方も大切です。

アトピー性皮膚炎の場合は肌の乾燥を防ぐことが何よりも大切で、赤ちゃん用の保湿剤やベビーオイルを使って保湿するようにしましょう。

乾燥がひどいなら1日に3~4回は塗ってください。

食物性アレルギーがでたなら、まずはアレルゲンの特定が必要なので医療機関を受診してアレルギー検査をしましょう。

 

湿疹に関しましては次のページも参考にしてください。

手の湿疹の症状【痛い・かゆいなど】と原因や治し方

日光での湿疹の症状は?原因や治療・予防法は?赤ちゃんは?

乳児の湿疹のケアは?馬油・ワセリン・ステロイドが有効?

頭皮湿疹のストレスなど原因は?かさぶたなど治療法や市販薬は?

湿疹で全身にかゆみが広がる原因は?新生児の対処法は?

顔・手・腕・足・お腹・背中などのかゆくない湿疹の原因は?

湿疹の種類と症状は?治らない原因や治療・予防法は?

腕の湿疹はかゆくない?原因【ストレス・ダニなど】対策は?

 

乳児の湿疹はいつからいつまで続く?原因はママの食事で母乳?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は乳児の湿疹はいつからいつまで続くのか、原因はママの食事で母乳とは本当なのかをお伝えしました。

赤ちゃんは肌が弱いため赤ちゃん独自の湿疹がたくさんあることが分かりました。

特に1歳になるまでは出やすい状況が続くのできちんとケアすることが大切ということでしたね。

しかし、1歳以上になっても湿疹が一切治まらない場合は、体質的な湿疹が考えられるのでアトピーなどのアレルギー症状を考えて一度病院で診てもらうようにしてください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)