歯周病の口臭はどんな臭い?特徴は?薬など対策や改善法は?

歯周病の口臭はどんな臭い?特徴は?薬など対策や改善法は?

歯周病の口臭の特徴と薬など対策について

歯周病になってしまった人の最大の悩みが口臭です。

どんな臭いか知らない人も多いですが、なかなか強烈なものなので、などの対策改善方法を知っておきたいという人も多いようです。

そこで、今回は、歯周病口臭とはどんなものは、どうにか対策できるものなのかを解説します。


Sponsored Link


歯周病の口臭はどんな臭い?


虫歯や歯周病といったものは口臭が悪化する原因と言われておりますが、それらの中でも歯周病は最も強烈であると評する人はたくさんいます。

実際にどんな臭いなのかを歯科医師が回答しているものを色々と確認してみると、腐った魚の臭いとか腐った玉ねぎの臭いといった腐った何かで例えるのが多いですね。

はっきり申し上げて相当強烈で極悪なものなので、できる限りならないようにすることが大切なものの筆頭ともいえるでしょう。

また、昔は歯槽膿漏とも呼ばれていましたが、歯槽膿漏は歯周病の1症状の一つとして扱われているので、歯周病と言われた場合、歯槽膿漏の症状もあると理解されると良いでしょう。

口臭のチェック方法は?


口臭が悪化している時に厄介になる点が、自分ではなかなか気が付かないことです。

なので、自分の口臭がどうなっているかを理解するためにはいくらか特殊な行動をとる必要があります。

その中で特別なものもいらずに簡単にできるものは、コップの中に自分の息を吐いてそのにおいを嗅ぐという方法です。

すぐにかぎ取るのではなく、コップに息を吐いてから深呼吸をしたほうがいいので、息を吐いてすぐに蓋をするといいでしょう。

その後ににおいを嗅いで悪臭がするなら危険サインが出ていると考えてください。

ちなみに、朝起きた時が一番口臭が酷いので朝起きてすぐに行うといいでしょう。

この時の臭いより日常の口臭が上回ることはなかなかないので、ここで口臭がほとんど無いのなら安心することができます。

他には、舌の周りに黄色や白の舌苔が付いていないかを見てみるのも良いです。

ぽつぽつとしたものが付いていたら掃除も必要になります。

舌の臭いが気になる方はティッシュなどで舌苔をふき取って嗅いでみるといいですよ。

他には、マスクをした状態で口から息を吐いて鼻から息を吸うのも有効ですし、ビニール袋に息を吐いてから1分くらい待ってそのにおいを嗅ぐというのも有効ですね。

非常に簡単にチェックできるので、自分の口臭が気になる方はこれらの簡単にチェックできる方法をさっそく試してみてください。

気が付かないうちに悪臭をばらまいていたかもしれないので、自分の今の状態を理解するのは大切かと思います。

歯周病になったら口臭はもう治らない?


歯周病の治療を行っている人は日本でもたくさんいますが、治療を受けたとしても口臭が治らないという方はたくさんいます。

なぜなら、歯周病はそう簡単に治るものではなく、治療を受けてすぐ完治するものではないからです。

免疫力低下や口内環境の悪化ですぐに再発するので、治りにくいと言われております。

そのため、歯周病になってしまった人の口臭は一時的に良くはなるけれど、ちょっと油断するとすぐに悪化して悪臭に変わってしまうのです。

なので、結論を言うと一度歯周病になってしまった人の口臭は治療を受ければ治すことはできるけど、すぐに悪化する可能性は大きいということです。

もう治らないという意見がありますが、簡単に再発することを考えると治りにくいと言えるのではないかと思います。

歯周病による口臭の対策は?


シンプルに言ってしまえば病院に行って治療を受けることなのですが、それでは何の解決にもなっていないと感じてしまう方もいるでしょう。

従いまして、ここでは自宅でできる対策を記載していきます。


Sponsored Link


まず、基本的なことになりますが、必須と言われているのが歯磨きです。

最低でも朝と夜の2回は歯磨きを行いましょう

これは2回ではなく2回以上なので、昼にも磨くと更に良いかと思います。

歯周病菌が多くなる時間は夜の寝ている時なので、寝る前に徹底的に歯を綺麗にして、朝は増えた歯周病菌を早急に減らすようにしましょう。

あとは、歯と歯の間もできる限り綺麗にする必要があるのでデンタルフロスや糸ようじなどを使って歯の間も綺麗にされるといいです。

歯と歯の間から歯周病が進行すると言われているので、通常の歯磨きのみでは防ぐのは難しいのです。

歯周病による口臭を防ぐ薬は?


歯周病は本当に厄介なもので気が付いたら再発しており口臭が悪化しているというものとなっております。

これは免疫力が低下すればするほど悪化しやすいので、高齢者の方が一度歯周病になってしまうと、治療→再発→悪化→治療→再発…というループを短期間で繰り返すこともあるでしょう。

しかし、歯周病は多くの方が患って悩まされているものなので市販品でもかなりの種類の薬が扱われているのです。

この薬は3種類あって直接歯茎に塗るものと、歯磨き粉として使うもの、うがい薬のように口の中を洗浄するものというのがあるのです。

代表的なものは歯茎に塗るなら「デントヘルスR」歯磨き粉なら「コンクール・ジェルコートF」うがい薬なら「コンクールF」といったところでしょうか。

これらに該当する薬は非常に豊富にあるので、自分が愛用できるものを見つけてしっかりとケアを行うようにしてください。

このケアをおろそかにするとすぐに再発してしまうものなので、可能な限り再発しないように努力するようにしましょう。

その他の歯周病による口臭の対策や改善方法は?


できる限り歯を磨くとかデンタルフロスで歯の間を綺麗にすることは説明したので省きます。

ここではそれ以外の対策を記載していきましょう。

歯周病の口臭はミントのような良い臭いを用いて一時的に打ち消すといったものもありますが、それでは根本的な解決にならないので、まずは歯周病にならないこと、そして再発させないことが第一になります。

歯周病になってしまっては悪臭を防ぐことはできず、どうにかしてごまかすしか方法がありません。

最もよく言われるのが悪化したら病院に行くことなのですが、悪化しなくても歯石を除去するために1年に3回は歯医者に行くのが良いかと思います。

また、歯のかぶせ物が多いと歯石が溜まりやすくなる傾向にあるので、虫歯にならないように気を付けることも大切です。

あとは、細菌が溜まって悪臭のもととなりやすい親知らずを早めに抜くことも大切ですね。

それ以外にもシンプルなものだと、口呼吸の回数を減らすことでしょうか。

口呼吸の回数が多いと口内が乾燥して唾液が減って口臭が悪化しやすくなるので、鼻づまりが発生しないように風邪対策もしっかり行ってください。

また、歯周病が悪化して口臭が悪化してしまう原因に糖尿病があります。

血糖値が上昇すると歯茎の新陳代謝が悪化しやすくなるので、生活習慣病にならないことも大切なのです。

自律神経が乱れても免疫力が低下して歯周病が悪化し口臭が悪化しやすくなるので注意しましょう。

 

歯周病に関しましては次のページも参考にしてください。

歯周病の予防法【歯磨き粉・食べ物・ガム・チョコレートなど】

歯周病の抜歯基準やインプラント・ブリッジなど治療法は?

歯周病は歯磨きで治る?やり方は?ヨーグルトで磨く?

歯周病の原因は?細菌や歯ぎしり・歯石・プラーク・病気?

歯周病の症状や原因・治療・予防法は?全身疾患との関係は?

 

歯周病の口臭はどんな臭い?特徴は?薬など対策や改善法は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は、歯周病の口臭とはどんなものは、防ぐことができるものなのかを解説しました。

歯周病による口臭の悪化は、歯周病を防ぐしかなく、もし歯周病になってしまって口臭が悪化してしまったのならいち早く治療を行うしか解決方法はありません。

従いまして、できる限りならないようにすることが最大の対策なので、予防をしっかり行うようにしましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)