歯周病の症状や原因・治療・予防法は?全身疾患との関係は?

歯周病の症状や原因・治療・予防法は?全身疾患との関係は?

歯周病の症状と原因や治療・予防法について

歯周病や虫歯はできる限り避けたいものなのですが、そのためには原因症状、悪化した場合に起こりうる全身疾患を理解して、予防への意識を高めておく必要があるかと思います。

そこで、今回は歯周病症状原因に加えて治療法などを記載していきたいと思います。


Sponsored Link


歯周病の症状は?


歯周病とは歯の周りの骨が溶けてしまって、進行が進むと歯が抜けてしまう病気になります。

厄介なところは痛みや歯が動くといった症状にまで発展している時はすでに手遅れな状態になっていることが多いことです。

歯周病の症状は歯茎が赤く腫れて痛みが出る・歯茎から血が出る・歯茎が下がり始める・歯石が付く・歯茎から膿が出る・口臭が悪化する・歯並びが悪くなる・噛むと痛みが出る・歯が動く・歯の神経が死ぬ・歯が抜けるなどが該当します。

ここでの症状は相当悪化している時のものも含めましたが、いわゆる膿が出るとか動くといった状態まで悪化した場合は手遅れになる可能性が高いと考えられ、早急に歯医者さんに行った方が良いでしょう。

歯周病と全身疾患との関係は?


歯周病が悪化すると全身疾患に繋がると言われております。

いまひとつイメージできないかもしれませんが、放置しすぎることで歯周病原因菌が血管内に流れ込むことで様々な症状を引き起こすのです。

例えば、歯周病原因菌が血管内に入り込み始めると血管内部で様々な刺激が発生するようになって血管内に脂肪性沈着物のプラークができるようになって血管内壁に付着して血液の通り道が無くなります。

このプラークが剥がれたとしても血の塊ができるようになるので血管が詰まりやすくなるのです。

その結果心筋梗塞や狭心症といった病気が引き起こされる可能性があると言われています。

それ以外にも脳梗塞がひき起こされる可能性もあるでしょう。

また、歯周病は内毒素をまき散らすので、インスリンの働きを邪魔するようになり糖尿病になる確率を上昇させるとも言われているのです。

歯周病の原因は?


歯周病の直接的な原因は歯垢(しこう)です。

プラークという言葉のほうがなじみがあるかもしれませんね。

このプラークがたくさんあればあるほど歯周病菌の住みかになりやすく、歯周病になる確率が上がってしまいます

このプラークができる確率が高いのが歯と歯の間の歯茎で、この部分から進行する確率が高いのです。

なぜならこの部分は通常の歯磨きでは磨くことができないので、放置されている方がたくさんいるからです。

それ以外にも親知らずがある人、口呼吸が多い人、歯並びが悪い人、血糖値が高い人、タバコを吸っている人、運動不足の人、ストレス過多の人、睡眠不足の人、食生生活が偏っている人などは発症する確率が高くなっております。

また、この歯周病の原因菌は感染症の一種なので人から人へうつるものとなっています。

ただし、医師の意見として「全員親からすでに感染させられているので気にする必要はない」という言葉もあったので、うつることを気にするより発症することを気にしたほうがいいでしょう。

歯周病に効果的な歯磨きについて


歯周病を防ぐためにはプラークや歯石を除去することが大切なのですが、その原因を除去する基本となっているのが歯磨きです。

歯磨きさえきちんと行えれば、歯周病や虫歯になる確率が低下するのです。

ここで大切なことは歯磨き以外にも歯ブラシ選びになりますが、歯科医院がオススメしているのはヘッドがコンパクトになっているコンタクトタイプです。

しかし、歯肉がすでに腫れている場合、痛みが出るので、柔らかめの歯ブラシを選ばれると良いでしょう。

時間が無い方や電動歯ブラシも良いでしょう。


Sponsored Link


また、奥歯の磨きにくい部分が生じている方はワンタフトブラシを使って歯を磨くと奥歯もきちんと磨くことができます。

そして、歯を磨くときは強く磨きすぎないためにペンを持つようにして使ってください。

あとは1ヶ月で歯ブラシを交換するようにしましょう。

そして、磨くときは歯と歯肉の境目に45度の角度で当たるように磨くようにしてください。

歯周病の治療法は?


歯周病は一般的な病気と一緒でどの程度まで進行しているかで対処法が異なってきます

具体的には健康→軽度→中度→重度といったカテゴリーに分けられるでしょう。

もちろん健康の場合は歯周病ではないので、しっかりとケアすれば問題ないです。

まず、軽度の場合は歯磨き指導などを行った後に歯石やプラークの除去、および歯並びや噛み合わせの調整程度で終わるようです。

だいたい2回程度行けば終わるでしょう。

次に、中度の場合は同じく歯磨き指導などを行った後に歯石やプラーク除去を行います。

ここまで進行すると歯茎の中に歯石ができてしまっているのでその除去も行われるようになります。

ただし、改善しない場合はフラップ手術を行うこともあります。

重度の場合は、何度も検査をしてフラップ手術を行い再生治療を行うようになりますが、重度になると歯がぐらつく状態になっているので、最悪の場合抜歯に至ることもあるでしょう。

また、専用のマウスピースを使って薬剤を浸透させる3DS除菌療法といった最新治療もあります。

他にも乳酸菌や、ロイテリ菌といったものを使って歯周病菌を除去する方法も実行されるかも知れません。

ちなみに、フラップ手術は歯茎を切り開いて膿や歯石を除去する手術なのですが、術後は痛みが結構長引き、さらには治療後は歯茎が下がってしまうので、医師によってはフラップ手術をしない人もいるようです。

メリットもあればデメリットもあるのでよく医師と相談されると良いでしょう。

歯周病の予防法は?


歯周病予防のために必須なのがセルフケアです。

このセルフケアをいかに徹底的に行えるかで発症する確率がかなり変わってきます。

そこで大切なのが歯磨きをどのように行うかなのですが、歯磨きについては一度触れてきたので解説は省きます。

歯磨き以外でも大切なことは歯磨き粉選びやマウスウォッシュ選びになります。

特に、マウスウォッシュの中でも人気があるのはコンクールfというもので、これには殺菌力が非常に高くて有名な「グルコン酸クロルヘキシジン」や抗炎症作用や抗アレルギー作用がある「グリチルリチン酸アンモニウム」が含まれており、口内環境を整えるのに最適なのです。

これは歯科医師の方々もおすすめしている商品なのでかなりの人気のあるマウスウォッシュとなりました。

しかも、このコンクールfは歯磨き粉代わりにも使えるもので、歯磨き粉の代わりとして歯ブラシに数滴垂らして使うと効果的とすら言われているので、試してみられると良いかと思います。

 

歯周病に関しましては次のページも参考にしてください。

歯周病の予防法【歯磨き粉・食べ物・ガム・チョコレートなど】

歯周病の抜歯基準やインプラント・ブリッジなど治療法は?

歯周病は歯磨きで治る?やり方は?ヨーグルトで磨く?

歯周病の口臭はどんな臭い?特徴は?薬など対策や改善法は?

歯周病の原因は?細菌や歯ぎしり・歯石・プラーク・病気?

 

歯周病の症状や原因・治療・予防法は?全身疾患との関係は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は歯周病の症状や原因、そして治療法などを解説していきました。

歯周病は免疫力が低下している高齢者が発症しやすいものではありますが、しっかりとケアしていれば発症確率を低いままで抑えることができます。

この歯周病は気が付かない間に進行していることが多いので、被害が出る前に歯と歯の間も磨いて歯石やプラークを除去するようにしましょう。

気が付いたら歯周病が悪化していて歯が動くようになってしまっていては一大事です。

最近ではマウスウォッシュも歯磨き粉も進化したものが発売されているので、新発売されたそれらの商品も随時チェックして見るといいと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)