低血圧の対策【食べ物・食事法・サプリメント・塩など】

低血圧の対策【食べ物・食事法・サプリメント・塩など】

食べ物や食事法など低血圧の対策について

低血圧の人は日本にもたくさんいるのですが、日常生活に支障がでるため対策を講じたり、食べ物食事法サプリメントを厳選している人もいるでしょう。また、低血圧の人はへの対応を間違ってはいけません。

今回は低血圧の具体的な対策について、どのようなものがあるのかをお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


1.低血圧とは?

kiritusei-teiketuatu-syoujyou

 

低血圧とは身体の血液を流す力が弱くなっている状態のことで、血液の循環がうまくいっていない状態ともいいます。そのため体において様々な不調が発生するのです。

 

具体的には血圧が低下していることによって脳に血液が送られにくくなってしまい、めまいや立ちくらみといった症状を引き起こしたり、脳の働きを鈍くすることで眠気を引き起こしたりしてしまいます

 

それ以外にも血液の循環が悪くなっているため、胃腸の力も弱まってしまい消化能力が低下してしまいます。こうなると便秘や胃もたれといった弊害が出やすくなってしまい胃腸の不調が起こりやすくなってしまうのです。

 

2.低血圧の対策となる食べ物

teiketuatu-taisaku-tabemono

 

低血圧の人が必ず摂取してもらいたいのは水と塩です。

 

どういうことかというと、血液の成分の多くが水分であるため血液の量を増やすには必ず水分が必要になるからです。そのため水分は1日1~2リットルは摂取するようにしてください。摂りすぎはむくみといった症状が出てしまうので良くありません。

 

また塩も過剰摂取は良くありませんが、適度な摂取であれば血液中の水分量を増やす効果が発揮されるようになるので、低血圧の症状がひどい方は1日の塩分摂取量を3gぐらい増やすようにしましょう。

 

その他にも血圧を上げるホルモンが含まれているチェダーチーズのようなチーズ類もおすすめとなっています。

 

 

3.低血圧の対策となる食事法

ukketusei-sinfuzen-syokuji

 

低血圧を改善するために大切なのは生活習慣や食生活の改善になります。食生活では栄養のバランスがとれた食事を3食続けるのが理想ですが、朝がどうしても辛い人には朝の食事を野菜ジュース一本でもいいので摂るようにしてください。

 

シンプルにおすすめの食事を紹介すると適度にカロリーを抑えた和食がいいでしょうね。良質なたんぱく質である豆腐や乳製品、赤みの肉や魚、チューダーチーズといったところでしょうか。それ以外にもミネラルやビタミンの摂取もおすすめなので、これらの栄養素を含む海藻類や人参やニラなどの黄緑色野菜もおすすめです。

 

他にも血圧を上げるためにはお茶・コーヒー・紅茶もいいでしょう。少量のアルコールでも構いません。しかしこれらは飲みすぎは禁物ですので、適度な摂取を心がけてください。

 

4.低血圧の対策となるサプリメント

sinkinsoukoku-yobou-supplement

 

低血圧の人がどうしても食生活が乱れがちで朝が全く食べれなかったり、食事そのものを面倒なものと感じている人もいるでしょう。そのような人たちでも低血圧を治したいなら手っ取り早いのがサプリメントによる栄養の摂取や体質改善や血行促進になるでしょう。

 

ここで注意が必要なのは低血圧と貧血は症状が異なるので、必要となる栄養素も異なっています。貧血は血液中の酸素が不足している状態のことを意味していますが、低血圧は血液をうまく送れなくなっている状態のことを意味しています。

 

そのため同じ状態と捉えてしまって低血圧の人が貧血用のサプリメントを飲んだとしてもほとんど効果が無いこともあるので、自分の症状が何であるのかはサプリメントに頼る前に必ず確認しておいてください。

 

具体的にサプリメントの中に含まれていてほしい成分は、血圧を正常にする高麗人参やプロポリス、筋肉を鍛える分岐鎖アミノ酸BCAAプロポリス、血圧を上げるアミノ酸やカフェイン、心機能を上げるプロポリスやコエンザイムQ10やLカルニチンといったものが含まれているのがいいでしょう。

 

それにプラスして葉酸やビタミンCなどの栄養素がプラスされていると吸収性が高まるので知名度のみで選ばないで含まれている成分で選ぶようにしてください。


Sponsored Link


 

5.低血圧で朝起きれない?対策

gyakuryuseisyokudouen-nekata

 

低血圧の代表的な症状に朝は起きるのが非常に辛いというものがあります。根本的な解決方法は低血圧を改善するために生活習慣を整えて早寝早起きしたり、運動を適度に行って筋肉を一定量つけるようにすることなのですが、どうしても今すぐどうにかしたい場合は効果が出るまで時間がかかる運動は待てませんよね。

 

具体的には朝起きた後すぐに血行を良くするために生姜湯を飲むなどで体を温めてください。これだけでも相当違います。もしこれでも足りない場合は熱いシャワーを浴びるようにしましょう。

 

6.低血圧で頭痛が起こる対策

ikaiyou-syoujyou-memai

 

低血圧の症状に頭痛があるのですが、これは鎮痛剤も効果が薄いので根本的な治療が必要になります。原因は血圧の低さにあるので、血圧を上げる必要があるのです。

 

ベストな方法は朝にヨガをして全身の血の巡りをよくして酸素を全身に取り入れるのが非常に有効です。これは代謝も上がって筋肉もつけられるようになるので低血圧解消に非常に効果があります。

 

朝がどうしても難しいなら夕方以降でもヨガを行いましょう。それ以外ではウォーキングなどの有酸素運動がいいですね。

 

7.低血圧で体がだるい対策

virus-ketumakuen-tiryou

 

低血圧の症状に倦怠感がありますが、これも血液の流れが悪いことによる弊害なのです。根本的な解消法は一緒で全身運動をして血逃れをよくすることが一番になります。

 

解決方法は生活習慣や食生活の改善になるので、そこを面倒くさいと思ってしまってはなかなか解決しません。サプリメントも効果があるものはあるのでしょうが、それプラス運動を行うことで血行を良くするようにしてください。

 

8.低血圧で立ちくらみが起こる対策

teiketuatu-taisaku-tatikurami

 

立ちくらみの原因に低血圧があります。根本的な解決方法は低血圧を解消することにありますが、それ以外のものでは、例えば寝ている状態から起きる時は急に起きないで体を起こしてから深呼吸をして、間をあけてから起きるようにしたり、座っている姿勢から立ち上がる時もゆっくりと時間をかけて立ち上がるようにすることを意識しましょう。

 

大抵の場合は急に起きようとしたり急に立ち上がろうとするときに立ちくらみが起きるので、ある程度時間をかけるのがシンプルですけど有効な方法なのです。

 

9.低血圧で夏が辛い場合の対策

teiketuatu-taisaku-natu

 

低血圧の人は夏場がつらいという方は多いのではないでしょうか。この現象の一番の原因は水分不足にあります。夏場はどうしても汗が出やすい環境にあるので、体内の水分が失われがちです。ここで水分補給を怠ってしまうと血圧が低下してしまうので、必ず多めの水分を補給するようにしてください

 

また、夏場は体温の上昇を避けるために血管を緩めようとして血圧を低下させる傾向にあるので、低血圧気味な方は、夏場はどうしても辛くなってしまうのです。やはり低血圧そのものを解決したいところですね。

低血圧につきまして、次のページも参考にしてください。

起立性低血圧の症状・原因・検査・診断・治療・予防について
低血圧の人の運動は危険?運動後低血圧とは?改善法は?
低血圧の症状と原因【眠気・めまい・吐き気・頭痛・肩こり】
低血圧で朝や昼間に眠気やだるさを感じる原因は?改善法は?
低血圧の症状と原因・食事などの対策は?運動の効果は?

 

食べ物や食事法など低血圧の対策についてまとめ

以上、いかがだったでしょうか?

今回は低血圧の対策方法についていろいろとまとめていきました。

低血圧の原因は生活習慣や食生活と密接な関係があるので、そこがおろそかになっているとなかなか改善しないものです。

そのため本当に症状に苦しんでいるなら、ヨガなどの運動を取り入れたり食事内容を改善するようにしましょう。そうすれば朝起きるのがつらいといった現象もなくなります。

今回のこの記事が低血圧の参考として皆様のお役に立てるものになれば幸いに思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)