爪乾癬の症状や原因・薬など治療法は?うつる?ネイルは?

爪乾癬の症状や原因・薬など治療法は?うつる?ネイルは?

爪乾癬の症状と治療法・完治について

爪乾癬は知名度も低く病気そのものの認知度も低いため、症状原因、そして治療における対処法や使われているについて知っている方も少なくなっております。

そしてうつるうつらないかも知らない人が多いです。

そこで、今回は爪乾癬のことが気になっている方の為に症状原因など治療法について、そしてうつるものなのか、またネイルはしてもいいのかなどをお伝えします。


Sponsored Link


爪乾癬の症状は?

tumekansen-syoujyou
水虫は日本では4人に1人の割合で発症しているもので、非常に高い確率を誇っています。

そんな水虫と爪乾癬は症状が似ているのでよく勘違いされることがあるのです。

さらに、爪水虫でも8人に1人は発症しているので、ついつい水虫だと思ってしまいます。

そんな爪乾癬の症状は爪が白濁して、表面が剥がれ落ちていくといったものになります。

これだけ見ると水虫とほとんど変わらないのですが、水虫との違いは爪乾癬は両側の爪で起きる確率が高いのに対して、水虫は片側の爪にしか起こらないことが多いという点でしょう。

また、爪の変形が見られるようになって、変形して凹凸や穿孔ができるようになり爪を切るのが困難になってしまいます。

爪乾癬はうつる?

kiritusei-teiketuatu-tiryou
爪乾癬の原因はいまだはっきりしておらず、家族に発症者がいる場合は発症する確率が高いという遺伝的素因ぐらいしか確証のある情報はありません

また、発症する確率は日本人には少なく白色人種系に多い疾患となっています。

そして、ウイルスや細菌といった病原菌が原因となって発症しているわけではないので、水虫と違って他の人にうつすことはありません

なので、温泉やプールに行ったとしても問題ないのです。

もし爪乾癬で苦しんでいる方がそばにいる場合は、うつらないということをしっかり理解してあげてくださいね。

 

蕁麻疹につきましては次のページを参考にしてください。

蕁麻疹が顔に出る原因について 危険?対処法は?

減汗性コリン性蕁麻疹の治療はお風呂がいい?

コリン性蕁麻疹とは?温熱蕁麻疹とは?その違い

蕁麻疹が子供に出た時の対処法は?病院は小児科か皮膚科か?

蕁麻疹が治らない!子供や赤ちゃんの原因や薬など対策は?

蕁麻疹でかゆい!みみずばれなど症状や原因・対処法は?

蕁麻疹は肝臓がんが原因?腎臓など内臓や酒のせい?

蕁麻疹の症状や原因や対処法は?病院での治療法や予防法は?

 

乾癬が爪だけに起こることもある?

mizubousou
乾癬の症状が爪のみでおさまる人もいれば、尋常性乾癬や関節乾癬が起こって他の部位に赤く腫れるといった症状が出ることもあるでしょう。

逆に、爪のみにできたとしてもなぜ爪のみにできているのかが解明されていないので、いろいろとわからないことが多い病気と言えます。

ただし、尋常乾癬患者の2割、関節乾癬患者の場合は8割が爪乾癬になっているので乾癬患者の多くが悩まされている症状となっているともいえるのではないでしょうか。

また、爪だけの乾癬はそんなに多くはないと言われているようですが、その理由として例え爪だけの乾癬になったとしても、その後に他の部位に乾癬の症状が出るというのが多いので、爪のみでおさまるのは少ないと言われています。

爪乾癬の原因は?

carinii-haien-rheumatism
先に触れていますが、乾癬そのものの原因が現代医学においてもはっきりしておらず、爪乾癬もはっきりとした原因はわかっておりません。

今のところ言われているのは家族で感染者がいる場合は発症する確率が高いこと、そして動物性の脂肪分を取りすぎると発症しやすくなるということぐらいです。

また、最初に爪に症状が出始めた場合、放置することで他の部位にも症状がでる確率も高まっていくので、爪の変形や爪の剥がれといった症状が出た場合は乾癬を疑って早いうちに病院に行くようにしましょう。


Sponsored Link


また、原因がわかっていないため予防方法も確立されておらず、非常に厄介な病気として扱われています。

爪乾癬は塗り薬で治す?

jinmasin-kusuri
爪水虫であれば白癬菌を退治することで治療ができるので、深くまで入り込んでいなければ、市販薬でも対処することは可能なのですが爪乾癬の場合は原因不明であるため、対処法も定まっていません。

また、爪には薬物があまり浸透しないということもあるので、治癒も困難なものとなっています。

乾癬の具体的な治療方法は飲み薬・塗り薬・注射・紫外線照射といったものになります。

ここでいう塗り薬はステロイド外用薬やビタミンD3外用薬などが使われます。

また薬剤の塗布ではなく、保湿成分を浸透させることで爪のケアを行っていく対処療法もあるようです。

爪乾癬の治療法は?

tumekansen-tiryou
爪乾癬の治療として一般的なものは、やはりステロイドなどを塗ることでしょう。

しかし爪は硬くなっているのでステロイドが浸透することはとても難しくなっております

また、最近の治療はステロイド軟膏と高密度ビタミンD3の軟膏を爪に塗ることになるようです。

それ以外には皮膚細胞の増殖を抑えるべくレチノイドやシクロスポリンなどの薬を飲むこともありますし、どうしても塗り薬や飲み薬で治らない場合は生物学的製剤という高い薬を点滴や注射によって投与されるようになるでしょう。

また、脂質などの取りすぎることで発症しやすくなるとも言われているので、発症してしまったら生活の改善を行い食事のメインは魚や野菜を中心にするようにして免疫力を向上させましょう。

動物性脂質の摂取は脂肪の代謝を下げる原因になると言われていることから乾癬を発症する原因の一つと言われているので注意しましょう。

爪乾癬でネイルはできるの?

tumekansen-nail
爪乾癬で症状がまだ浅い方はネイルで隠すことはできるでしょう。

しかし、ネイルをやり続けると爪が弱くなりやすいので乾癬患者の方は爪に新たに症状が出てしまうということがあるようです。

そのため、乾癬を持っている患者がネイルをして爪を弱める行為を長期間続けると爪乾癬になる確率が高まると言われています。

色々な医師によるコメントを見たところ、あまりにも気になる人はネイルをしてもしょうがないとは言えるけれど、悪化する危険性を考えた場合は可能ならしないほうがいいと言っている方がほとんどでした。

しかし、爪乾癬には縦の筋が入るタイプと横に筋が入るタイプの人がいて、そのような方の場合はネイルを塗って隠すのも困難なので、まずは治すことを優先してください。

爪乾癬は完治する?

tumekansen-kanti
爪乾癬は完治させるのは非常に難しい疾患です。

そもそも乾癬自体、治すことが非常に困難な疾患なので爪乾癬も同様と言えるでしょう。

また、何度か記載したとおり、爪乾癬は爪のみで症状が治まることは少なく他の部位に乾癬症状が出るようになるので非常に厄介なものとなっています。

また、乾癬には尋常性乾癬・乾癬性紅皮症・滴状乾癬・関節症性乾癬の4種類がありますが、尋常性乾癬は患者数が一番多い乾癬となっており、爪乾癬の場合はほとんどが尋常性乾癬に該当するケースとなっているようです。

特に、尋常性乾癬の完治は難しいと言われている中、爪乾癬は最も厳しいといわれているので完治する確率はそのことからも低いと考えてください。

しかし、放置すると症状が悪化してしまうので、治療をしないという行動だけはとらないようにしましょう。

 

乾癬に関しましては次のページも参考にしてください。

皮膚病の乾癬の原因は?市販・漢方薬など治療法は?うつる?

乾癬性関節炎の症状や薬など治療法は?完治する?

尋常性乾癬は完治する?原因と食事・漢方など治療法は?

 

爪乾癬の症状や原因・薬など治療法は?うつる?ネイルは?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は爪乾癬の症状や原因・薬など治療法について、うつるものなのか、またネイルはしてもいいのかをお伝えしました。

爪乾癬は水虫とは似ている症状ではありますが、原因不明の完治するのが難しい病気となっているので、水虫に対する薬が全く効かないとか乾癬が他の部位にも出てくるようになった場合、早急に爪乾癬と判断して治療を開始してください。

たとえ治り難い病気ではあったも、放置してしまうとどんどん症状が進行していってしまうので、まずは病院に行って対処法を教えてもらって薬を処方してもらい治療を開始するようにしてください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)