眼瞼下垂の原因や症状と治療の保険適用【改善には手術?】

眼瞼下垂の原因や症状と治療の保険適用【改善には手術?】



眼瞼下垂の症状や原因と検査・診断・治療法【予防法は?】

眼瞼下垂は若い人にも発症してしまう病気ですが原因は分からないとして放置されることが多いようです。

具体的な症状とはどのようなものなのでしょうか?

治療においては保険適用がされるのか、改善させるには手術が必須なのかといった疑問点もあるでしょう。

今回は眼瞼下垂についてお伝えいたします。


Sponsored Link


眼瞼下垂とは?症状は?


眼瞼下垂とは「目を開いたときに上まぶたがなかなか開かないで下がってしまい黒目が隠れてしまう病気」になります。

これは症状が浅いうちはそこまで黒目が隠れないので気がつかないことも多いです。

ただし、悪化すると上側の視界が遮られることになりますので、違和感が強くなり気がつく確率も上がります。

また、上まぶたが下がることで目つきが悪くなってしまうこともあるので、見た目的にも悪化してしまう可能性もあるでしょう。

初対面の方には「目つきが悪い」と見られる確率が上がるので、営業といった外回りをしている人にとっては大きなハンデとなってしまうかもしれません。

そして、眼瞼下垂になると強引に額の筋肉を使ってまぶたを上げようとしますし、対象物が見えにくくなるので視界確保のために前傾姿勢をとってしまうようになるというデメリットもあります。

こうなると姿勢の悪さから肩こりや頭痛や眼精疲労が出やすくなるのです。

眼瞼下垂の原因


眼瞼下垂の原因は先天性のものと後天性のもがあり、それぞれ違います。

産まれながらにして眼瞼下垂の症状がある人は上まぶたを持ち上げるための神経や筋肉に何らかの異常が発生している確率が高いと言われております。

これはなかなかに厄介で後天性のものと違って治りにくいという特徴があります。

後天性の眼瞼下垂は年齢がかさむことで発症することが多いです。

この場合の原因は加齢による上まぶたを持ち上げるための筋肉の不足になります。

眼瞼を動かすためには眼瞼挙筋・ミュラー筋・眼輪筋といった目の周りの筋肉を使うのですがやはり老化が進むと発症することが多いです。

それ以外にも、コンタクトレンズの使用による眼瞼下垂や何らかの事故によって筋肉や神経が動かせなくなってしまい眼瞼下垂になってしまうというパターンもあります。

あとは糖尿病や脳動脈瘤といった病気の合併症で重症筋無力症といった病気になってしまい眼瞼下垂になってしまうというパターンもあります。

眼瞼下垂の自分でできる対処法


眼瞼下垂の自分でできる対処法はいくつかありますが、目の周りの神経や筋肉をやたらと刺激することで悪化するという指摘があります。

つまりメイクなどで目の周りを頻繁にいじると悪化する可能性が高いと言うことです。

眼瞼下垂の可能性があるという方はとにかく日常生活の中で強い刺激を与えないように意識することが大切になります。

あとは、メイクを落とすときにごしごしと擦るのも良くないということです。

できる限り優しく落とすようにしてください。

また、現代になってこの眼瞼下垂が若い人たちに劇的に増えてしまった理由が、花粉症といったアレルギー症状によって目の周りがかゆくって頻繁にいじる可能性が増えてしまったこと、そしてパソコンやスマートフォンなどの集中してみる必要があるものが増えてしまったことで悪化しやすい環境が増えてしまったことにあります。

目の周りの筋肉を使い続けることで悪化するという情報もありますので、定期的に目に休息を与えてあげましょう

眼瞼下垂の検査・診断方法


眼瞼下垂は眼科の検査が基本となります。


Sponsored Link


具体的には上まぶたと瞳孔の位置関係の観察や眼瞼の動きの確認でしょう。

どのように眼瞼に関連した筋肉が動けているのかをチェックするのです。

ただし、この眼瞼下垂は脳動脈瘤や糖尿病といった病気の合併症というパターンもありますので、これらの症状があるという方は並行して血液検査やMRI検査などを行うことになるでしょう。

基本的には眼科に行って目の状態をチェックしてもらうことになりますので、周りの人たちから「まぶたがなんかおかしいよ」といった指摘をされた場合や、上まぶたがなかなか上がらないで視界確保が難しくなった場合は眼科で検査をしてもらってください。

眼瞼下垂の改善には手術?


これは治療法が多岐にわたっているので100%手術というわけではありません

先に記載したように脳動脈瘤や糖尿病といった別の病気の合併症として発症してしまった場合は、先にそちらの治療が主体となりますので手術は不要となります。

これが先天的なものの場合は上眼瞼挙筋の機能の低下具合によって手術するのかどうかを決定するようです。

後天性の場合は状態次第で手術が必要ですが、糸だけで簡単に治せる埋没法といった軽い手術から眼瞼下垂切開法といった中度から重度の眼瞼下垂に効果のある手術まで多岐にわたるので手術と言っても軽いものの可能性もあるようです。

基本的には手術となるようです。

眼瞼下垂の治療は保険適用される?


治療を行う上で気になるのが費用です。

この治療費は保険適用がされるかどうかで大きく変わってくるので、気にしている人も多いでしょう。

これはいくつかのサイトをチェックしたところ、「眼瞼下垂と診断されれば保険治療が可能」という記載がされていたので、保険適用される確率は高いと考えていいでしょう。

例外としては保険治療を行っていない美容クリニックは保険適用がされないと考えてください。

勿論、その他の保険適用外の治療を行っているところは適用になりません。

通常の病院で眼瞼下垂と診断されれば、健康保険が適応されますので医療費で困る確率は低いでしょう。

眼瞼下垂の予防方法


眼瞼下垂の予防方法は先天性のものは難しいところがありますが、後天性の場合はある程度防げるので意識して行動されると良いでしょう。

それは「まぶたや目に強い刺激を与えないこと」です。

花粉症やアレルギーで目がかゆいという人はつらいかもしれませんが、できる限り我慢して擦るのはやめましょう。

擦れば擦るほど眼瞼下垂になる確率が上がります。

そして、アイメイクを落とす時は刺激を最低限にして、パソコンを使う業務に従事している方でも目を休める習慣を身につけ、ハードコンタクトレンズといった目を傷つける可能性があるものは使わないようにして、カーラーやつけまつげをするときはまぶたを強く引っ張らないようにするといった対処法を常日頃意識して実行し続ける必要があります。

 

眼瞼下垂につきまして、次のページも参考にしてみて下さい。

松山市民病院 眼瞼下垂について

 

眼瞼下垂の原因や症状と治療の保険適用【改善には手術?】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は眼瞼下垂の原因や症状、治療法について記載いたしました。

この眼瞼下垂は目の刺激が蓄積されてしまうことで若い人たちにも発症してしまうようになったので、非常に厄介な現代病になりつつあります。

目の疲れに繋がる仕事は非常に増えましたし、アレルギーや花粉症にもなりやすい環境が揃っているので、目を刺激しないことが目を守ることに繋がると意識して行動しましょう。

目を保護するためには余計な刺激をとにかく減らしましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)