早期閉経の前兆や原因・病院での検査や治療法【妊娠は可能?】

早期閉経の前兆や原因・病院での検査や治療法【妊娠は可能?】



早期閉経の症状など兆候と治療法【漢方薬を使う?】と予防法

早期閉経にはなんらかの前兆があると言われております。

これを把握することができれば早期閉経を避けることができるのではないでしょうか。

しかしながら避けられなかった場合にはその原因はいったい何なのか、病院での検査治療法はどのようなものなのか、妊娠はまだ可能な状態にあるのかなど気になる部分は多いでしょう。

今回は、この上記のような内容について調べ、まとめてみたいと思います。


Sponsored Link


早期閉経とは?


早期閉経とは20代や30代という通常ではあり得ない年代で、無月経状態になってしまうことです。

基本的な自然閉経は女性ホルモンが低下して更年期がおとずれる50歳前後なのですが、基本的には卵巣にもう卵胞が存在しなくなることからこの閉経が始まります。

ところが、卵巣にまだ卵胞が存在しているのに閉経してしまう状態もあり、早期閉経ではこのような状態になってしまいます。

もちろん、40歳未満で卵巣内の卵胞がほとんど消失してしまったケースも含まれます。

原理や仕組みについてはよくわからないという人は、20代や30代という早い年代から生理が来なくなって閉経してしまう現象とだけ覚えておけば十分でしょう。

早期閉経の症状など前兆は?


早期閉経の前兆は、一般的な更年期に訪れる閉経の前兆が発生するようです。

つまり、生理周期が乱れるようになるとか、体がほてるようになるとか、疲労感がなかなか抜けない状態になるとか、気持ちが不安定になってしまうといったものが該当するでしょう。

これらは更年期障害で苦しんでいる方々の症状ですが、これが若いうちから発生するということになります。

身体的になんとなく調子が悪いというのでは分かりにくいでしょうが、生理周期が乱れて無月経が続くようになれば、何かおかしいと気がつくことはできます。

無月経が必ずしも早期閉経の予兆となるわけではありませんが、気をつけておいた方がいいでしょう。

また、女性ホルモンが極端に減少するようになりますので、一部の人たちは髪質が変化して抜け毛が急激に増え、髪の毛が薄くなり始めてしまうこともあります

めまいや耳鳴りなども発生してしまうこともあるなど、体調不良や身体的トラブルが多く発生したりします。

早期閉経の原因


この早期閉経は乱れた食生活やタバコなどの日常生活から発生しているという意見もありますが、はっきり言ってしまうと基本的に原因は不明です。

早期閉経が発生したときに、原因がきちんと特定できたケースは1割程度と言われていますので、まだまだ謎が多い症状と言えるでしょう。

とりあえず、原因として当てはまることがあるのはタバコなどの毒性物質の摂取・過度なダイエット・偏食・食生活の乱れ・子宮や卵巣の外科的な手術・ウイルス性疾患・放射線治療や抗がん剤を使った治療・自己免疫疾患。・代謝異常・遺伝的要因といったところです。

これらの要因や原因が複雑に絡み合って発症していると考えられます。

それでも直接的な原因がわかっていないため、予防するのは難しいというのが実状です。

早期閉経を診断する検査方法は?


早期閉経の検査方法は経過確認とホルモン検査です。

実際にどのような症状が出ているのか、無月経の状態は続いているのかを確認し、ホルモン検査を実施します。

早発閉経状態になると卵巣が機能しなくなってしまうので、下垂体からの卵巣を刺激するホルモンが大量分泌されるようになります。

これはゴナドトロピンやLHといった数値から見るものですが、極めて多量に放出されることになりますので、発見はしやすいと言われております。

また、完全に確定させるためには腹腔鏡検査によって卵巣萎縮と卵の大元となる原始卵胞の有無も確認するようです。


Sponsored Link


原始卵胞の有無の確認には卵巣組織の一部分の生検が必要になります。

しかし、確定診断をしても治療に特に変わりはありませんので、病院側でも実施前に確認するのをあえて行わないところもあります。

早期閉経しても妊娠は可能?


結論から言うと、不可能ではありませんが非常に難しいのが実状です。

早期閉経が確認されている人は卵子が作られなくなってしまう状態になるので、妊娠する確率はかなり低くなります。

不可能と断言する人もいるでしょう。

しかし、早期閉経が起こったとしても卵子の元となる卵胞にはまだまだ卵の大元となる原始卵胞が存在する可能性はありますので、外部から月経を誘発させることで排卵が発生することはあるようです。

もちろん、すべての人が排卵できるというわけではありませんが、確率はまったくのゼロではないということです。

これらの手を尽くしても排卵が行われず、3年以上自分の力で排卵が発生しなかったという人は、妊娠することは不可能でしょう。

早期閉経のタイムリミットは3年間と言われておりますので、3年以上無月経だった人は、現代医療では可能性がなくなるようです。

早期閉経の病院での治療方法は?治る?


これはどこの医学に詳しい人たちの意見も一緒で、治る可能性はありますが非常に難しいというものになります。

その治療法の一つがエストロゲンと黄体ホルモンを併用するホルモン療法下垂体から分泌されているゴナドトロピン値を正常化させて排卵誘発薬を使うという方法です。

要するに、対症療法となってしまうと言うことです。

早期閉経になると自然に卵巣機能が回復することはないので、このようにホルモン療法や薬を使った投薬治療となりますが、治る可能性は低いと思った方がいいでしょう。

それでも、何もしないよりは治る可能性が高まるので、早期閉経の疑いがある人は病院で治療を受けましょう。

早期閉経の治療として漢方薬を使う方法も?


このように早期閉経の治療は非常に困難であり、女性にとっては嘆かわしい症状と言えます。

しかし、卵巣内に卵胞が存在する場合は漢方による対処法も可能であるという声があります。

ホルモン剤投与と並行して漢方を用いた方が可能性が高まるという記述もありました。

具体的には生殖力・生命力を回復させて消耗を抑える「杞菊地黄丸」「参馬補腎丸」「亀鹿仙」や肝に効果がある「加味逍遥散」「きゅう帰調血飲第一加減」あたりが推奨されています。

早期閉経の予防方法は?


原因が特定できない以上予防することは困難ですが、ホルモンバランスの乱れや食生活の乱れによって体の負担となり、早期閉経ではない生理関係のトラブルを起こさないことが大切になるでしょう。

早期閉経ではない無月経や生理周期の乱れをいたずらに引き起こしている人たちは、早期閉経のリスクを高めていると考えた方がいいです。

そのため、生活習慣を見直すことから始めましょう。

睡眠時間をしっかりと確保して、運動をするようにして、タバコを止めて無理な飲酒を減らしましょう

ストレス改善のためのリラックスタイムを設けることも重要です。

また、栄養不足にならないように食生活にも気を配って下さい、ありきたりなことばかりですが、やはり健康的な生活を送ることが最も大切となるでしょう。

早期閉経の前兆や原因・病院での検査や治療法【妊娠は可能?】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は早期閉経についてお伝えいたしました。

このように、早期閉経の原因は解明されていないので、予防をするのは難しいものとなっています。

健康的な生活をおくっていたにもかかわらず、早期閉経になってしまったという方もいます。

なので、生理周期の乱れや無月経といったトラブルが発生したのなら、病院で検査をしてもらうようにしましょう。

自分自身で早期閉経だと判断することは難しいので、医師に判断を仰いだ方が良いでしょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)