症状と原因や検査・治療・予防法【子宮筋腫について】

症状と原因や検査・治療・予防法【子宮筋腫について】



子宮筋腫と妊娠について【症状や原因と検査・治療法は?】

女性と男性は体のつくりが異なるので、それぞれ特有の病気にかかることがあります。

女性の特殊な病気の1つに子宮筋腫といった妊娠にかかわるものがあります。

この疾患にかかった場合、どのような症状原因があるのか、検査治療の方法はどのようなものなのかなど、色々と気になる点があるかと思います。

そこで、今回はこの子宮筋腫についてお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


子宮筋腫とは?


子宮筋腫とは子宮筋層にできる良性の腫瘍です。

ついつい、ガンやポリープを想像してしまいがちですが、あくまでも良性の腫瘍なので命の危機に直結することはガンとは違いマレです。

女性ホルモンのエストロゲンによって発育してしまう良性腫瘍であり、現代の女性でも多くが発症しております。

発生頻度は30歳以上で20~30%程度といわれておりますが、女性ホルモンの分泌量が極端に減ってしまう閉経時期に入るとこれらの腫瘍もだんだん小さくなっていくようです。

また、子宮筋腫は子宮の内側にできることもあれば、筋肉の中にできることもありますし、子宮の外側にできることもあります。

それぞれ粘膜下筋腫・筋層内筋腫・漿膜下筋腫に分けられており、大きくなったことで発症する症状も異なるようです。

複数個できるケースもありますし大きさもさまざまなので、子宮筋腫という名称にくくられてはいるものの症状が全く異なるケースもしばしばあります

子宮筋腫の症状


先ほど説明したように子宮筋腫には粘膜下筋腫・筋層内筋腫・漿膜下筋腫の3種類が存在します。

このうち、比較的無害なのが子宮の外側にできる漿膜下筋腫です。

こちらは相当大きくなったとしても症状は出ないといわれております。

逆に危険なのが子宮の内側にできる粘膜下筋腫と子宮の筋肉の中にできる筋層内筋腫です。

子宮の内側にできる粘膜下筋腫になってしまうと不正出血の回数が増えるようになりますし、悪化すると不妊症や流産や早産の原因になる恐れがあるようでます

これは小さくても症状が強く出るとのことなので、良性の腫瘍でも対策が必須となるでしょう。

筋層内筋腫は小さいうちはそこまで症状は出てきませんが、ある程度の大きさになると不正出血が発生するようになって不妊症や流産や早産の原因になってしまいます。

子宮関係のトラブルは不妊症や流産や早産につながりやすいのですが、子宮筋腫も例外ではありません。

子宮筋腫の原因


女性ホルモンのエストロゲンによって大きくなってしまう子宮筋腫ですが、そもそも女性にとってこの女性ホルモンは必須であり、なくなってしまってはそれこそ大きなトラブルを生みます。

いったいなぜこのような筋腫ができてしまう人とできない人に別れてしまうのでしょうか。

これはいろいろと調査したのですが、原因はいまだに特定できていないようです。

様々な医療系のサイトや医師の記事を見ても「原因不明」や「原因は特定できていない」という一文でしめられています。

このように原因も不明なので予防法についてもいろいろと議論を重ねられていますが、明確なものは提示されていないようです。

子宮筋腫の検査方法


検査する方法はシンプルで内診もありますが、超音波検査やMRI検査を行えばほとんど簡単にわかるようです


Sponsored Link


もちろん、非常に小さな筋腫は超音波検査やMRI検査でも見逃される恐れがありますが、女性の場合は定期的に子宮頸がん検査なども受けられますので、併せて超音波検査も行えば定期的な検査の一つにすることが出来るでしょう。

超音波検査を実行すれば子宮筋腫のチェック以外にも卵巣の疾患や子宮内膜症の診断につながりますので、決して無駄にはなりません。

基本的には超音波検査が一般的と考えられると良いでしょう。

人間ドックや子宮頸がん検査では経腟超音波検査が標準項目になっているところもありますので、どのような検査をするのかチェックしてみるといいでしょう。

また、それ以外にも血液検査によってヘモグロビンの数値を確認して症状と照らし合わせた結果、子宮筋腫を疑うケースもあります。

子宮筋腫の治療方法


これは大きく分けて、経過観察・薬物療法・手術療法の3つになります。

見つかったけれど子宮外にできた腫瘍でそこまで害悪ではないと判断され、サイズも小さく症状もほとんどないといった子宮筋腫など人体への悪影響が少ないと判断された場合には、経過観察となるのでしょう。

まず、薬物療法とは女性ホルモンのエストロゲンによって子宮筋腫は大きくなることはすでに分かっておりますので、これ以上大きくならないようにするために薬物によって女性ホルモンの分泌をストップさせるという方法です。

もちろん、そのような方法をとってしまえば無月経状態になってしまいますので、妊活は一時的にストップとなるでしょう。

手術療法は大きすぎる場合と多く発生している場合に、開腹手術が必要になってしまいますが、小さいサイズならば内視鏡手術で十分なようです。

相当ひどい場合には子宮をすべて摘出する子宮全摘出手術になってしまう場合もあるようです。

子宮筋腫と妊娠について


子宮筋腫になってしまうと、不妊症になってしまう確率が上がります

また、治療の過程で女性ホルモンの分泌をストップした場合も、その期間は妊娠することはないでしょう。

症状があまりにも悪化してしまい、子宮全摘出手術を行った場合もそれ以降の妊娠が不可能となってしまいます。

もちろん、子宮の摘出手術ではなく内視鏡での除外に成功したケースならば、問題なく妊娠することも可能ですので、まずは早期に発見して対処することが大切になります。

あまりにも大きくなりますと症状も大きくなってしまいますし、妊娠関係のトラブル発生率も増えますので、まずは治すことを考えましょう。

治してしまえば問題はなくなります。

もちろん、妊娠の希望の有無で治療法が変わるのがこの子宮筋腫となりますので、将来のことを考えて治療法を選ぶこともできるようです。

ただし、かなり症状が重いと子宮摘出手術になってしまうということも認識しておく必要があります。

子宮筋腫の予防方法


先ほど説明したように、この子宮筋腫は原因が不明であるため、予期することも予防することもほとんどできません

どうして発症するのか、だれが発症するのか、発症したら悪化するまでのスピードはどうなるのかというのは、「全て個人差でありその人次第」という状況なので、今のところは発症しないことを願うしかできないでしょう。

ただし、症状が重くなると治療も思わしくない方法になる可能性が高まるのは事実なので、1年に1回定期的に検診を受けて発症していないのかのチェックをすることは重要となっています。

これが最大の対策と言えるでしょう。

症状と原因や検査・治療・予防法【子宮筋腫について】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は子宮筋腫についてまとめてきました。

子宮筋腫はいわゆる「現代でも原因がよく分かっておらず予防法も確立されてはいないけど、とりあえず治療する方法はある」という病気の一つです。

このタイプの病気は、発症してしまったとしてもすぐに察知することが出来るから大丈夫となるように定期的に検診するのが一番の対抗策となるかと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)