鉄欠乏性貧血治療時の食事と症状や原因と検査方法

鉄欠乏性貧血治療時の食事と症状や原因と検査方法



鉄欠乏性貧血の症状や検査方法と食事【治療法や副作用は?】

鉄欠乏性貧血は現代人でも起こりうる症状であり、食事が偏ることが原因で発症しやすいものでもあります。

この症状が疑われる場合の具体的な検査方法はどのようなものなのか、予防する方法はあるのか、食生活を改めれば解決できるものなのかといった気になる部分もあるでしょう。

そこで、今回はこの鉄欠乏性貧血について記載して参ります。


Sponsored Link


鉄欠乏性貧血とは?


鉄欠乏性貧血とは体内の鉄分が少なくなってしまうことで、赤血球産生量も少なくなってしまい、赤血球の大きさや数が減ってしまうようになり、それに伴った症状が出るようになる貧血です。

現代人においての貧血の9割がこの鉄欠乏性貧血に該当すると言われており、放置する人も多いのですが、実は危険もはらんでいる貧血と言えます。

もっと大まかな説明をしてしまうと、血液中のヘモグロビンが減少してしまうことで発生する貧血です。

他には、赤血球の破壊が加速度的に進んで赤血球の不足を補い切れなくなってしまうことで発生する溶血性貧血や、ビタミンB12や葉酸が不足することで赤血球になる前の赤芽球が巨大化してしまうことで正常に赤血球が作れなくなってしまうようになる巨赤芽球性貧血、骨髄で赤血球をつくる機能が正常に働かなくなってしまう再生不良貧血というものが存在しております。

鉄欠乏性貧血の症状


この鉄欠乏性貧血の症状は、なったこともある人も多いのである程度想像はついている方も多いかもしれません。

いわゆるめまい・立ちくらみ・動悸・息切れ・頭痛・顔面蒼白・耳鳴りといった症状が発生します。

症状が軽いうちはちょっとした痛みやめまい程度で済みますが、症状が重くなると異食症という病気に繋がってしまい、土や泥やチョークといった普通の人では絶対に食べたいとは思えない物を食するようになってしまう場合があります

脳が酸素不足になりやすいのでめまいや立ちくらみといった症状が出るというのは有名なのですが、実は筋肉も酸素不足になることで十分に動かせなくなってしまいますし回復も遅くなると言うことを意外と知らない人も多かったりします。

要するに、貧血になっている人というのは筋肉疲労も抜けていないので疲れやすいとかだるいとか肩こりがひどいといった良くある症状に悩まされるようにもなります。

鉄欠乏性貧血の原因


鉄欠乏性貧血の原因は基本的に鉄分不足なので、食事の偏りや無理なダイエットが非常に多いです。

貧血のほとんどの割合を占めている鉄欠乏性貧血ですが、この鉄欠乏性貧血の原因のほとんどの割合を占めているのがダイエットや食事の偏りだと考えても良いでしょう。

もちろん、事故や怪我による多量の出血や、生理や痔といった出血を伴うなにかが発生したときに、鉄分が不足して鉄欠乏性貧血になることもあるでしょう。

あとは、稀になりますが、胃切除などの大きな手術によって胃酸の分泌がうまく行かない身体になってしまい、鉄分が吸収できないことによって発症することもあるようです。

基本的には無理なダイエットや偏った食事が原因だと考えるといいでしょう。

女性の場合、ダイエット期間に生理が発生してしまうと、出血が伴うことで一気に貧血になってしまうこともあります。

鉄欠乏性貧血の検査方法


貧血かどうかを調べる方法はシンプルです。

基本的には血液検査となります。


Sponsored Link


具体的には、血液中の赤血球の数やヘモグロビンの濃度や赤血球の容積の割合を調べるというものです。

貧血になっているという方は、赤血球の数が減少しているだけでなく赤血球そのものの大きさも小さくなっているので、検査結果で如実に出てくるのです。

特に難しい部分はないので、内科に行けば問題なく検査を行ってくれます

他の病気と比べると遙かにわかりやすいのです。

鉄欠乏性貧血の治療方法


鉄欠乏性貧血の場合は体内の鉄分が不足しているのが原因なので、食事の仕方を改善することが基本となるでしょう。

たった今貧血で苦しんでいるという方は鉄剤を1日1~2回内服するという薬物療法が基本となるようです。

症状が重いという方は鉄剤の錠剤ではなく、鉄剤の点滴が実行されることもあります。

治療方法は非常に簡単なのですが、食生活改善という恒久命題をクリアしないと再度発症してしまいますので、一生涯の課題と考えた方がいいでしょう。

現代社会は非常に太りやすい環境にありますので、ついついダイエットにいそしんでしまうようになりますが、その結果貧血になるというパターンがもはや鉄板なので、ダイエットの仕方を覚える必要もあると言えます。

ダイエットは痩せるためにも必要であり、太った身体よりもある程度引き締まった身体の方が圧倒的に健康的なのは間違いないのですが、ダイエットの結果タンパク質不足で筋肉が急激に衰えるとか、亜鉛不足で髪の毛が薄くなるとか、肌が荒れるとか、鉄分不足で鉄欠乏性貧血になってしまうという状態を避ける必要があるのです。

健康目的で痩せるはずなのに、痩せた結果不健康になったのでは本末転倒と言えます。

鉄剤の副作用は?


鉄欠乏性貧血は鉄分不足なので、鉄分を補給すれば治るものではありますが、そのための薬である鉄剤の摂取は安易に行っていいものではありません。

というのも、この鉄剤の摂取には副作用があるのです。

良くある症状が、便が黒くなる・食事による味が金属のものになってしまう(かみつぶすと金属の味になる)・吐き気や便秘や下痢と行った消化器官でトラブルが発生するの3つです。

便が黒くなるだけならば見た目はとっても怖いですが、まだ大丈夫のようです。

しかし、消化器官系のトラブルは私生活に大きなダメージになり兼ねませんので放置することは出来ません。

これらの副作用が発生した場合は薬を飲む時間を変更するとか薬の形を変えるとか、種類を変えるといった対応が行われるようになるようです。

それ以外に注射による鉄剤の補給もありますが、この注射によって鉄分の摂取をしすぎることで発生する鉄過剰という副作用もあります。

これは肝臓や心臓に鉄分が溜まってしまう恐れがあるのです。

鉄欠乏性貧血治療時の食事について


鉄欠乏性貧血を防ぐためには鉄分の補給が必須です。

しかし、この鉄分には魚や肉といった動物性食品に含まれている「ヘム鉄」と植物性食品に含まれている「非ヘム鉄」の2種類があり、ヘム鉄のほうが吸収効率が高いのです。

後者でできる限り補いたいという方は、良質なタンパク質やビタミンCと合わせて摂取することで吸収効率を上昇させる必要があるでしょう。

鉄分が多い食べ物はカツオ・赤貝・あさり・菜の花・キャベツ・イチゴ・マグロ・ほうれん草・穴子・ゴーヤ・いわし・サツマイモ・鮭・柿・牡蠣・ブロッコリー・レバー・牛乳・ひじき・卵などがありますので、これらを摂取するよう心がけてください。

鉄欠乏性貧血の症状や検査方法と食事【治療法や副作用は?】のまとめ

以上いかがだったでしょうか。

今回は鉄欠乏性貧血についてお伝え致しました。

この鉄欠乏性貧血は多くの方が発症している症状なので、もはや当たり前のものとなっていますが、当たり前で放置するのは良くありません。

現代の方々は不足している栄養素が多すぎるので、食事を普通にする時間が無いという方はサプリメントで補うといった計らいが必要になるでしょう。

何かあってからでは遅いのです。

たかが貧血ですが、高いところから落ちてしまって死亡するケースだってあるので侮ってはいけません。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)