とびひの原因や症状と治療法【保育園・幼稚園・学校はOK?】

とびひの原因や症状と治療法【保育園・幼稚園・学校はOK?】



とびひはプールでうつる?症状や原因・市販薬など治療方法

とびひは幼いうちに感染することが多く、お子さんが感染するとあたふたしてしまうものです。

はたして原因は何なのか、具体的な症状治療方法はどのようなものなのか、保育園幼稚園学校の出席はどうすればいいのかといった疑問点が色々出てくるでしょう。

そこで、今回はこのとびひについて記載して参ります。


Sponsored Link


とびひの症状


とびひとは伝染性膿痂疹の俗称で、皮膚に水ぶくれや膿ができるようになってしまい、痒みがひどいのでそこを集中的に掻くことで赤みが強くなってかさぶたのようになってしまいます。

最大の特徴はこれらの症状が瞬く間に全身に広がってしまうことです。

実際の山火事のように一度火がついてしまうと燃え移るところがある限り次々と炎症してしまうその様子から、「飛び火」と言われているのです。

炎のように一瞬で広まってしまうので、ネーミングの意味もよくわかります。

ただし、この飛び火には水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)が存在しているので、まずはどちらかを見極める必要があります。

前者の場合は6月から9月に発症して水疱が大量発生して膿むようになって瞬く間に広がります。

後者の場合は皮膚が赤くはれ上がりますが、ひどい水ぶくれよりは発熱やリンパの腫れといった症状が目立ちます。

とびひはうつる?原因は?


先ほど説明したように、飛び火とは水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の2種類が存在しております。

前者の場合の原因は虫刺されや擦り傷といった小さな傷から黄色ブドウ球菌が入り込んでしまうことにあります。

後者の場合の原因は溶連菌に感染してしまうことにあるのです。

これらの黄色ブドウ球菌と溶連菌のたちが悪いところは、とっても感染力が強く接触してしまうことで爆発的な広がりを見せてしまう部分でしょう。

プールや入浴といった肌と肌が接触する環境では一瞬で広がります

プールの水からはうつらないという見解がありますが、発症している人の皮膚に触れることで感染する可能性は大きいので、症状が出ている場合は自重しましょう。

とびひは子供がかかりやすい?


このとびひは免疫力が低い子供のうちに感染するものですが、稀に大人になっても感染します

しかし、基本的には子供が感染する病気なので大人の方々はとびひの症状を理解して発症したらすぐに対応できるようになっておきましょう。

子供を中心に流行する病気なので、プールの時期に集団感染してしまうこともあります。

ちなみに、水疱性膿痂疹の原因となっている黄色ブドウ球菌は幼児や子供が発症する確率が非常に高い病気で痂皮性膿痂疹は年齢に関係なく発症する恐れがあるという記載がありましたので、大人がとびひに感染した場合は後者の痂皮性膿痂疹と考えられるといいでしょう。

この病気は皮膚症状として簡単に出てきますので、自分が何らかの病気になっているということはすぐにわかるでしょう。

気がつかないうちに悪化して取り返しのつかないような状態になっている病気よりは優しいと言えるかもしれません。

とびひと間違えやすい病気は?


とびひは先ほど説明したように溶連菌や黄色ブドウ球菌といった細菌が原因です。

明確に原因がわかっている病気になります。

しかし、症状からアトピー性皮膚炎といった何らかの皮膚炎、そしてアレルギー、汗疹あたりと間違うことも多いようです。


Sponsored Link


水疱瘡と間違えてしまうこともあるようです。

症状で説明したように、水ぶくれが出来て赤くなり膿が出る水疱性膿痂疹は水疱瘡と間違えてしまうのもわかります。

痂皮性膿痂疹も皮膚の一部に膿をもった水ぶくれになってしまうので、何らかの皮膚炎に間違えてしまうこともあるでしょう。

また、発熱や喉の痛みといった症状も発生するので、他の病気を疑ってしまうこともあります。

とびひは市販薬で治す?


とびひの治療方法は基本的に明確な原因が分かっているのでそれらの細菌を駆除する抗菌薬を使います

しかし、この抗菌薬は市販されていないので、とびひは市販薬で治すことはできないのです。

ただし、かゆみ止めの薬を塗るといった対応は有効でしょう。

とびひに特化した薬ではありませんが、抗生剤が入っている薬は「ドルマイシン軟膏」や「テラマイシン軟膏」といった形で売られていますので、そちらを使えば病院から貰える薬ほどではありませんが、多少は効果があります。

他には抗菌剤が入っている塗り薬も役立つでしょう。

ただし、最も効果があるのは病院から貰える抗菌薬なので、病院で診てもらった方がいいと思います。

また、ステロイド入りの塗り薬はとびひに関しては悪化するという情報もあるので注意しましょう。

抗生剤が配合されているものならば問題はないとのことですが、抗生剤が入っていないステロイド剤は使ってはいけないようです。

このような注意すべき要素も含んでいますので、医師に診てもらうのが無難でしょう。

とびひの治療方法は?

既にお伝えしてしまっていますが原因に即した抗菌薬を使うと言うことです。

基本的には塗り薬になりますが、症状の広がり具合などを見て飲み薬を用意する医者もいるでしょう。

また、あまりにも痒みがひどいときはそれらの薬とは別に抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬を用いることがあるようですし、炎症がひどく腫れ上がっているという人は亜鉛華軟膏(あえんかなんこう)を用いることもあるようです。

とびひはしっかりと対策をしてしまえば簡単に症状を押さえ込むことができる病気ですが、過ってステロイド外用薬を使ってしまうと原因菌の餌になって悪化してしまうという危険な要素もありますので、安易な対応を行わない方が良い病気と言えるでしょう。

保育園や幼稚園・学校に行ってもいい?


とびひは学校において予防すべき感染症の第三種に該当しており、その判断は医師にゆだねられていると考えましょう。

要するに、インフルエンザのような感染したからと行って強制的に出席停止になるわけではないけれど、肌に触ることで簡単にうつしてしまうような病気だから、医師からストップがかかった場合は行かない方がいい病気と言うことです。

しっかりと治療して患部をガーゼや包帯できちんと覆うといった感染対策をしている人ならば、発症している状態でも学校に通うことは可能のようです。

しかし、プールや体育といった接触するような行事がある場合は参加を自粛したほうがいいでしょう。

熱が出るケースもあるので、熱があって普通に思考が出来ない状態ならば無理に登校する必要はないと思います。

要するに、症状が軽く感染対策をしっかりしているのなら通っても問題は無いけれど無理をする必要は無いということです。

 

とびひにつきまして、次のページも参考にしてみて下さい。

日本皮膚科学会 “とびひ”とは何ですか? とびひの予防はどうしたらよいですか?

 

とびひの原因や症状と治療法【保育園・幼稚園・学校はOK?】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はとびひについて記載して参りました。

とびひのような病気は幼いうちはいろいろな症状を発症してしまうことが多いので、結構わかりにくいかもしれません。

親が判断を誤ってしまうと危険なことになるケースもありますので、皮膚がただれるとか水ぶくれがたくさん出来るといった状態になった場合は自己判断せずに医師に診てもらった方がいいでしょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)