アレルギー性紫斑病の原因や血液検査と治療法【完治・再発は?】

アレルギー性紫斑病の原因や血液検査と治療法【完治・再発は?】



アレルギー性紫斑病は小児に多い?症状や治療・腎炎について

アレルギーという言葉はもはや皆さんにとっても当たり前のものとなりましたが、その中にはアレルギー性紫斑病という名前はおろか原因治療方法もあまり知られていない病気があります。

少し色々な情報を探ってみますと血液検査が必要とか治療して完治したとしても再発する可能性があるといったような話が見受けられます。

今回は特殊なアレルギーであるアレルギー性紫斑病について纏めてみたいと思います。


Sponsored Link


アレルギー性紫斑病とは?症状は?


あまり知られていないアレルギー性紫斑病なので症状もよくわからないという方が多いでしょう。

紫斑病について理解すれば、このアレルギー性紫斑病とは何なのかも見えてきますので、まずはこの紫斑病について解説いたします。

紫斑病とは血管炎を引き起こす病気の総称です。

つまり、アレルギー性紫斑病とはアレルギーによって血管に炎症が発生してしまう病気と言うことです。

別名は「アナフィラクトイド紫斑病」や「ヘノッホ・シェーンライン紫斑病」と言われております。

具体的な症状は血管から血液が出やすくなってしまうことで紫斑が出てしまうことにあります。

これは紫色の発疹だと思っていただければいいでしょう。

紫斑が出る部位として多いのはひざ・腕・太もも・おしりなどで、それ以外の症状はむくみ・腹痛・関節痛などが該当します。

アレルギー性紫斑病は小児に多い?


この病気の発症者は9割が3~10歳というデータがあり、男の子の方が女の子よりも1.2~1.8倍ほどかかりやすい傾向にありますので、男のお子さんは要注意という病気なのです。

しかし、大人でも発症するケースはありますし、この種類の病気は大人になってから発症することで重症化することが多く腎炎などの合併症を発症してしまうようになります。

基本的な考え方として子供が発症することが多く稀に大人も発症する病気となります。

アレルギー性紫斑病の原因


アレルギーというのは近代に入ってから多くの人たちを苦しめる病気となっておりますが、根本的な原因がはっきりせず特定の治療法やしっかりとした予防法が確立されていないのも問題となっております。

このアレルギー性紫斑病も原因不明なのです。

そのため、しっかりとした予防法も確立することができないのです。

考えられている原因の一つが免疫システムの一つのIgAという種類の抗体が正常に働かなくなってしまうことによって発症するといったものですが、他の原因を提示している人も多いので、原因は未だに不明なアレルギーと考えた方が良いでしょう。

ただし、発症する前に風邪といった他の病気にかかっていた方が発症しやすいという報告もありますので、何らかのウイルスや細菌によって引き起こされるものという見解もあります。

アレルギー性紫斑病の血液検査について


この紫斑が出る病気というのは血友病や白血病が該当しますし、腹痛だけならば虫垂炎といった様々な病気が該当しますので、検査をしないと病気の特定はできません。

このアレルギー性紫斑病を特定する方法の一つが血液検査であり、急性期に血液検査を行うと白血球や赤血球の増加といった数値の変化が出てきますので、この検査方法が一般的となっております。

それ以外にも尿検査や腹部の超音波検査等が行われたりしますが、アレルギー性紫斑病と判明させるきっかけとなるのはほとんど血液検査となります。


Sponsored Link


アレルギー性紫斑病の治療方法


原因が不明ならば治療方法もあるのか心配になってきてしまうでしょうが、この病気そのものが重症化するケースが少なく特別な治療をしなくても安静にしていれば1ヶ月ほどで治ってくるとのことなので、そこまで心配する必要は無いようです。

ただし、重症化する確率はゼロではないので、万が一のために免疫抑制薬を処方されるケースもあります。

このアレルギー性紫斑病は激しい動きをしなければ出血の量も減るので目に見えて症状が少なくなるとのことです。

ただし、腹痛や関節痛といった痛みがひどいときはそれぞれの痛みを止めるような薬が処方されることも多いですし、痛みの度合いによっては入院することにもなるでしょう。

アレルギー性紫斑病による腎炎について


このアレルギー性紫斑病になると合併症で腎炎が発症するケースがあります

このような腎炎を紫斑病性腎炎といって実はかなりの確率で発症しているようです。

その確率はだいたい20~56%と言われております。

アレルギー性紫斑病は紫斑ができるため見た目的にも非常にわかりやすいのですが、紫斑病性腎炎は目に見えてわる症状が出ないこともあるので、合併症として発症しても気がつかないことが多いようです。

もともと、この腎炎は腎臓の濾過装置である糸球体や尿細管といった部位に炎症が起こる病気ではあるのですが、こちらもある程度症状が進行してむくみや高血圧といった症状が出ないと気がつかないことすらありますので、発覚が遅れてしまうケースも多くなっております。

ただし、この紫斑病性腎炎は発症したとしても80~90%の人たちは治療をしないでも自然と治ると言われておりますので、そこまで心配する必要は無いでしょう。

アレルギー性紫斑病は完治するのか?


病名にアレルギーという名前が入っていると、一生お付き合いしていく必要があると考えてしまいますが、このアレルギー性紫斑病の場合は幼いうちに発症して数ヶ月間は再発することもあるようですが、ある程度の期間が過ぎれば完治するとのことなので、治る病気という認識がなされているようです。

この病気は原因が特定できておらず、応急処置的な薬の処方で後は治るまで待つといったやり方しか提示されておりませんので、ネット上で情報探しをしても満足のいくような治療法などは見つかりませんでした。

ほとんどの方は発症しても月日が経過すれば完治するから問題ないという認識なので、私たちも完治する確率は高い病気という認識を持っておけば良いでしょう。

アレルギー性紫斑病の再発について


この病気は特効薬がないものですが、数ヶ月程度で完治するという声も多い一方で、再発することも多いのが特徴となっております。

その再発率はだいたい1/3程度でかなり高い数字になっているようです。

しかし、原因が不明なので再発する原因も特定することができていません。

免疫反応に異常が出ることで発症する病気という考えがありますが、他の風邪といった病気になることがきっかけで再発してしまうケースもあるようです。

アレルギー性紫斑病の原因や血液検査と治療法【完治・再発は?】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はアレルギー性紫斑病についてお伝えいたしました。

このアレルギー性紫斑病はまだまだわからないことが多い謎の病気で、気がついたら発症して気がついたら治っているような類のものとなっています。

原因が特定できていないために予防することも困難なので、とりあえずはこのような病気があるという認識を持つしかないでしょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)