結膜炎の症状は子供に出やすい?コンタクトや風邪が原因に?

結膜炎の症状は子供に出やすい?コンタクトや風邪が原因に?

子供の結膜炎の症状と原因や目薬など治療について

結膜炎は免疫力の低い子供にこそ起こりやすい病気であるのか?今回は結膜炎の原因を探りつつ子供がかかりやすい結膜炎の種類症状、そして治療法を紹介していきたいと思います。結膜炎の原因に本当にコンタクト風邪が含まれているのかも調べていきますよ!


Sponsored Link


1.子供の結膜炎の種類と症状

ketumakuen-syoujoyu-kodomo

 

子供がかかりやすい結膜炎は主に二種類あります。それはウイルス性結膜炎アレルギー性結膜炎です。

 

ウイルス性結膜炎には種類があり特に気を付ける必要があるのは「咽頭結膜熱」「流行性角結膜炎」「急性出血性結膜炎」でしょう。

 

咽頭結膜熱はプールによって集団感染があったことからプール熱とも呼ばれている病気です。この症状は高熱やのどの腫れといった喉の症状と目ヤニや充血といった目の症状があります。高熱は40℃に達することもあり3~7日間続きます。

 

流行性角結膜炎【別名はやり目】の症状は白目の充血・目ヤニ・目の痛み・涙目・異物感・目がしょぼしょぼする・光がまぶしく感じるといったものがあります。かゆみはほとんど生じません。

 

急性出血性結膜炎の症状は目ヤニ・目の痛み・角膜への傷・充血といったものがあります。

 

アレルギー性結膜炎の症状は目のかゆみ・目の腫れ・充血・目ヤニ・異物感というもので症状が重い人は白目が水膨れを起こすこともあります。

 

もし結膜炎の症状が見られた場合、早めに専門医の診察を受けるようにしましょう。感染力の高いウイルス性結膜炎の場合は出席を停止されるものであるため、正確な判断を医師より下していただく必要があります。

 

2.結膜炎の症状はコンタクトが原因?

ketumakuen-syoujoyu-contact

 

コンタクトレンズが原因で結膜炎になることはあります。といってもコンタクトレンズそのものが原因というよりコンタクトレンズについた汚れが原因となります。

 

どういうことかというと、コンタクトレンズはタンパク質や脂質を含む涙が必ず付着するものとなっているため、しっかり汚れを取る必要がるのですが、ソフトコンタクトの場合しっかりと汚れを落とすのが難しくタンパク質や脂質が残ったままになることがよくあります。

 

そしてこのたんぱく質と脂質は花粉や細菌などのアレルゲンを付着させやすいという特徴があります

 

このアレルゲンが付着したコンタクトレンズを使用することでアレルギー反応を引き起こすことがあり、そこからアレルギー性結膜炎が発症することがあるのです。

 

また結膜炎の症状が出ている時にはコンタクトの使用は避けたほうがいいです。汚れたコンタクトレンズを用いることで症状が悪化する危険性があるため、結膜炎にかかった場合は医師からコンタクトレンズの使用は止められるでしょう。

 

3.風邪から結膜炎になることもある?

ketumakuen-kaze

 

風邪の症状があらわれてしばらくしたのちに、目のかゆみや充血といった症状があらわれたことはありませんか?実はそれ風邪のウイルスによるウイルス性結膜炎の症状なのです。

 

基本的に風邪のウイルスによるウイルス性結膜炎は失明につながるような重大な病気にまで症状が重くなることはほぼありません。

 

原則、風邪によって引き起こされる結膜炎は風邪ウイルスが目に入ったことで引き起こされるものです。

 

またウイルス性結膜炎は抗生剤が効かないため自然治癒が基本となります。病院に行った場合症状が悪化しないように炎症を抑える抗炎症薬や混合感染を防ぐ抗生物質の点眼が処方されるでしょう。


Sponsored Link


 

4.結膜炎の症状に対する目薬など治療法は?

ketumakuen-allergy-saikin

 

結膜炎を市販の目薬で治療を行いたいというかたもいらっしゃると思いますが、それは可能ならばやめていただきたいです。理由としてはどうしても素人判断になってしまうことと結膜炎には種類があることです。

 

つまり判断材料として「自分の症状が~だからきっと~結膜炎だ」と判断して目薬を自分で選んだとしても、結膜炎の場合は似たような症状がよくあることから間違えることも多いためです。

 

症状が軽い場合はある程度の自己判断で動いたとしても問題はそんなに生じませんが感染力の高いウイルス性結膜炎だったのに自己判断で別の結膜炎と判断し病院に行かずに感染が拡大してしまったら大きな問題となります。

 

そのため結膜炎の症状が出た場合可能な限り病院に行き、どのタイプの結膜炎かを診断してもらって最適な目薬を処方してもらいましょう

 

5.結膜炎とものもらいの違いは?

ketumakuen-monomorai

 

ものもらいと結膜炎には症状が似ている部分が多々あります。ここでは具体的にどのような違いがあるのかを記載します。

 

基本的にものもらいは感染しないことと、細菌によって引き起こされることが特徴です。発症する原因は細菌がまぶたの皮脂腺やまつげの根本に入り込むことです。

 

これによって化膿性の炎症・まばたきでの痛み・目の充血・異物感という症状があらわれます。また細菌以外にもまぶたのマイボーム腺が詰まることでまぶたの腫れやできものが生じることもあります。

 

結膜炎にも細菌性のものがありますが結膜炎はウイルス性という感染する危険性もあるという点がものもらいとの違いと言えるでしょう。

 

 

6.結膜炎はうつるのか?

ketumakuen-syoujyou

 

結膜炎は感染する種類のものもありますし感染しないものもあります。感染するもので特に危険なのはウイルス性結膜炎の流行性角結膜炎(はやり目)咽頭結膜熱(プール熱)急性出血性結膜炎でしょう。

 

特にアデノウイルスが原因のはやり目とプール熱は非常に感染力が高く、一気に感染拡大する危険性があるため注意が必要です。

 

実際にそのウイルス性結膜炎の感染力は国も認めていて、幼稚園を含む学校を守る法律の中にこれらの病気を感染症として出席を禁止としているほどです。

 

ちなみに会社は法律によって定められていないため、感染力の高いウイルス性結膜炎を患ったとしても会社から「いいから出てこい」と言われる可能性があります。その時は病院からウイルス性結膜炎であるという診断書を出してもらって会社と相談するしかありません。

 

感染しないものにはアレルギーによって引き起こされるアレルギー性結膜炎があげられます。この結膜炎は基本的に人から人にうつるということはないため、感染を気にすることはありません

 

結膜炎の症状は子供に出やすい?コンタクトや風邪が原因に?まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

今回は「結膜炎の症状は子供に出やすい?コンタクトや風邪が原因に?」と題しまして、子供がかかりやすい結膜炎の症状と結膜炎の原因について調べていきました。

感染力の高いウイルス性結膜炎の感染を阻止するには手洗いを本当に丁寧にすることが大切になります。ウイルス性結膜炎の原因であるアデノウイルスはなかなか強力であるため、ウイルス性結膜炎り患者が手で触れたものを触ることで簡単にウイルスを運んでしまいます。予防する方法はその手で目を触らないことと手洗いをまめに丁寧にすることしかないのです。

子供の場合体力や免疫力が大人よりもひどく症状がひどくなりがちですので、大人が感染することで子供まで感染してしまい子供の症状が重くなってしまっては目も当てられません。

今回のこの記事が多くの方の結膜炎に対する知識向上に繋がれば幸いに思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)