腸閉塞の前兆や症状・治療法!原因はストレスや大腸がんも?

腸閉塞の前兆や症状・治療法!原因はストレスや大腸がんも?



腸閉塞の手術や食事と入院期間や予防法!子供も腸閉塞に?

腸閉塞はいつおそってくるのかわからない病気です。

そのため、前兆はどのようなものであるのかといった症状の他治療方法を把握しようとしている人も多く、またストレスなどの原因や仮に悪化した場合大腸がんなるのリスクがあるのかを心配する声も多くあります。

そこで、今回は腸閉塞前兆をはじめとした腸閉塞に関する情報をお届けします。


Sponsored Link


腸閉塞の前兆や症状


腸閉塞は腸が何らかの原因で詰まってしまうことで正常に機能しなくなってしまい、便も溜まっていってしまう状態になる病気です。

この病気の前兆はわかりやすく便の詰まりがすごく酷くなるので胃から腹部にかけて膨らむようになります、いわゆる便秘によるぽっこりお腹のような状態になります。

完全に腸閉塞になると初期症状として満腹感が発生するようになり、お腹全体が余計に膨らむようになって、張りがだいぶ強くなるとお腹の痛みが発生するようになります。

このお腹の痛みはちょっとした痛みではなく強い痛みで立つことも動くこともできないような痛みであることが多く、のたうち回る人もいます。

初期の段階でも激しい痛みに苛まれるケースが比較的多く、少しずつ痛みが表れることは少ないようです。

また、人によっては便秘や腹痛や満腹感以外に、下痢や嘔吐といった症状が出ることもあるようです。

子供も腸閉塞になる?


腸閉塞になる一般的な原因は腹部の手術によって癒着が発生してしまうことや、腫瘍ができてしまうことです。

腹部の手術によって腸閉塞になるケースは一昔前までは多く、腸閉塞の手術をしてもその手術が原因で再発することもあったので医師からも腸閉塞の手術は避けられる傾向にありましたが、今では手術方法も変わっているようで再発も減りつつあるようです。

これが子供になった場合は原因が腸捻転や先天異常が多く、腸の狭小化・一部欠損によっても発症することがあるようです。

子供の場合腹部の手術を行うケースは大人よりも少ないので、それ以外のものが原因となることが多いようです。

腸閉塞の原因はストレス?大腸がん?


腸閉塞は腫瘍などで便が出なくなってしまう状態になることですが、これはストレスが関わっているのでしょうか。

これは諸説ありますが、関係あると説明している人が多いので無関係ではないでしょう。

たとえば、ストレスが溜まっている人というのは善玉菌が少なくなる傾向にあり、病気や体調不良を引き起こす悪玉菌が多く発生する傾向にあります。

この状態が長く続くと便秘になる確率も上がるので、結果的に腸閉塞になる可能性も高まるというものです。

便秘が直接的に腸閉塞の原因にはならないという説もありますので無関係という声もありますが、それ以外に麻痺性腸閉塞の場合は強いショックやストレスによっても発生するという意見もありますので無関係ではないという声が主流であると考えていいでしょう。

また、腫瘍によって通れなくなってしまうことも原因なので、大腸がんなどの腫瘍が発生する病気になった場合に腸閉塞になるケースも存在します。

腸閉塞で死の危険も?


腸閉塞で死に至る可能性があるのかどうかというお話ですが、治療が遅れた場合は最悪のケースで死亡してしまうというお話はあります。

特に、腸の壊死が始まっているような腸閉塞は緊急性が高く腹膜炎や敗血症を合併症として引き起こす可能性がありますので、非常に危険なのです。

しかも、腸閉塞の治療で緊急性が高い場合は開腹手術が必要になりますが、体力が少ないお年寄りが腸閉塞になった場合には体が持たないケースもあると言われております。

死亡率についても調べてみましたが発症した人の6~7%は死亡しているという数字が出ているので、意外と高確率であることがわかります。


Sponsored Link


嘔吐物が喉に詰まったことで窒息死してしまうケースもありますので、かなり危険な病気と言えるでしょう。

腸閉塞の治療法は手術?


腸閉塞の治療方法は手術か保存療法のどちらかになります。

癒着性腸閉塞や麻痺性腸閉塞といった緊急性の手術をしなくても問題が少ない腸閉塞の場合には、保存療法を選択することが多くなっております。

というのも、腸閉塞というのは手術中の出血や臓器が傷ついてしまう外科的な手術によって腸が癒着してしまって再発することがかなり多いので、手術をしないでも治るのならばそちらを選ぶという考え方が基本にあるのです。

この場合は点滴による栄養補給を受けつつも腸の圧力を下げるために鼻からチューブを入れて腸の内容物を取り出すという方法を実行することもあります。

これが緊急性の高い壊死が発生してしまうような腸閉塞だった場合は、すぐに切除と吻合をする必要があるので、緊急手術を実行することになるでしょう。

腸閉塞の入院期間


腸閉塞の入院期間は手術のありなしで変わりますし、年齢によっても大きく変わります。

基本的な考え方としては、保存療法の場合は若い方が圧倒的に早く退院できるケースが多く、手術が必要になった場合には年代にかかわらずさほど変わらないというものです。

腸閉塞で入院した患者の平均在院日数は手術ありの場合は12.7日で、手術なしならば10.2日となります。

これが、29歳以下の人ならば手術なしでも4日程度で帰れますが、70歳を超えると11日以上かかるという感じっで、差が出てしまうようです。

腸閉塞後の食事


腸閉塞になってしまった後の食事は色々と節制が必要になります。

手術以外の保存療法担った場合には、胃腸を休めることが必須となりますので、口から物を食べたり、水分を取ることができなくなるようです

腸閉塞が治って退院した後ならば、最初のうちはできる限り負担をかけないようにする必要があるので、3分粥や5分粥が推奨されるでしょう。

ただし、退院後に再発する可能性が高いのもこの腸閉塞なので、ある程度回復したと判断されたとしても消化が良い食べ物を中心とすることやストレスをためない生活をすることなど、医師から色々と指摘されるようになるでしょう。

腸閉塞を予防するための食事はできる限り消化の良いものとなりますので、油や脂肪の多い料理や硬い繊維が多い野菜などは避けるように指摘されるかもしれません。

腸閉塞の予防法


腸閉塞にはいくつか原因がありますが、腸内環境の悪化や消化の悪すぎる食事といった胃腸に負担をかける行いから発症するケースもありますので、予防を本格的に考えている人たちはまず食生活の改善が必須でしょう。

具体的には、油の多い食事や繊維質が多すぎる食事、冷たすぎる飲料やアルコール類は控えるようにしましょう。

こんにゃくやキノコ類も食べ過ぎない方が良いでしょう。

そして、食事をするときはできる限りよく噛んで腹八分目にするように意識しましょう。

あとは腸の運動機能が低下しないように、ガムを噛むという方法も有効となります。

ガムを噛むと自律神経が整ってしかも本来ならば食事を摂取しないと出てこない腸の運動を促すホルモンを出してくれるので、役立つとのことです。

後はストレスによっても悪化するというお話がありますので、ストレス解消法を身につけ生活習慣を整えて、規則正しい生活をおくり、運動をしてスッキリする毎日を過ごすと良いでしょう。

腸閉塞の前兆や症状・治療法!原因はストレスや大腸がんも?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は腸閉塞の前兆や症状など気になる情報を集めて記載致しました。

腸閉塞は最悪の場合死に至る非常に危険な病気なので、侮ってはいけません。

無茶な暴飲暴食によって発症したというケースもあるという情報もありますので、外科手術をしたことがないから発症しないと高をくくって行動するのはやめましょう。

非常に危険です。

発症してからでは遅いので、できる限り病気にならないような生活をおくるようにしましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)