ロタウイルス予防接種の料金や効果と副反応!必要性は?

ロタウイルス予防接種の料金や効果と副反応!必要性は?

ロタウイルス予防接種ワクチンの1価と5価の違いと効果はいつまで?

ロタウイルス予防接種は予防接種の中でも比較的知られていない部類に入るのではないかと思います。

実際にどの程度の料金が必要で効果はどのようなものなのか、また副反応のことや必要性についても気になるところかと思います。

そこで、今回はこのロタウイルス予防接種についてお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


ロタウイルス予防接種ワクチンの1価と5価の違い


現代日本においてのロタウイルス予防接種ワクチンは現在2つの製品があり、一つが1価ワクチンと呼ばれているロタリックス、もう一つが5価ワクチンと呼ばれているロタテックになります。

ロタリックスの方が2011年11月と先に発売されており、ロタテックは2012年7月と発売されました。

違いはいくつかありますが、ロタリックスは一番流行して重症化しやすい1種類のロタウイルスを使ったワクチンで予防接種の回数は2回となります。

ロタテックは流行して重症化しやすい5種類のロタウイルスを使ったワクチンで、予防接種の回数は3回となります。

ワクチンとしての効果はロタテックが若干優れていると言われておりますが、予防接種の回数差がありますので、どちらを受けるのかは親次第となるでしょう。

ロタウイルス予防接種の効果といつまで持続する?


ロタウイルスは非常に感染力が強く免疫が無い人は高確率で感染してしまうので、それを防げる効果は大きいでしょう。

一説には10%の確率で重症化してしまうので、幼いうちに重症化してしまうのは危険です。

ただし、予防接種を受けたからと言って100%防げるわけでは無く、感染する可能性はあると言われています。

予防接種をしっかり受けておけば、感染したとしても症状が和らぐので心配することは少なくなります。

このロタウイルス予防接種ワクチンはおおよそ3年間は持続することが確認されています。

ロタウイルス予防接種の料金は?医療費控除の対象になる?


妊娠及び出産をすると色々と出費がかさむので、医療費控除で還付金が貰えるのなら貰いたいというのが本音でしょう。

しかし、この医療費控除は予防を目的としたものは対象外となってしまうので、ロタウイルスの予防接種は対象外となってしまいます。

基本的にこの医療費控除の考え方は治療目的かどうかなので、予防目的では不可なのです。

また、これはロタウイルス予防接種だけがこのような扱いを受けている訳では無く、インフルエンザやおたふく風邪といった種類の予防接種も対象外なのです。

そのため、ロタウイルス予防接種の費用は合計で3万円程度かかってしまうので、かなり高額となってしまいます。

ただし、地域によって予防接種の金額も異なるので、これよりも安い場合もあるでしょう。

ロタウイルス予防接種の副反応【副作用】は大丈夫?


予防接種で怖いところは副反応、いわゆる副作用になるでしょう。

1価ワクチンの場合はぐずり・下痢・咳・鼻水・嘔吐・発熱といった副作用が起こり得、5価ワクチンは下痢・嘔吐・胃腸炎・発熱といった副作用が起こり得るようです。

5価の場合は下痢が副作用としてよく出てしまうようです。

これらの副作用のことを考慮して、ロタウイルスの予防接種を受けた後は30分ほど様子を見る時間を用意することになります。


Sponsored Link


この様子見は病院での待機時間となりますので、考慮しておきましょう。

注射してすぐ終わりでは無いのです。

ちなみに、副作用が出たとしても数日で収まるのが基本なのですが、人によっては腸の一部が重なってしまう腸重積になってしまう可能性もあるので、要注意です。

ロタウイルス予防接種の必要性や接種率は?


日本での接種率は約45%といわれております。

はっきり言ってかなり少ないです。

その原因はいくつかありますが、やはり保険外診察になってしまって費用がかなり高いのが理由なのでは無いでしょうか。

最終的に約3万円かかってしまうのはきついでしょう。

それ以外にも接種できる期間が短く決められていることがなかなかに広まらない点となっております。

2回接種のワクチンは生後14週まで、3回接種のワクチンも生後14週までに1回目の接種を済ませる必要があるので、その間に行動できないという人も多いでしょう。

また、単純に医療費控除対象外になってしまうと言うことから、できるだけワクチンを減らしたいという思考が働いているのかもしれません。

やはり3万円の負担は大きいのではないでしょうか。

必要性についてはなかなか難しいお話ですが、受けられるなら受けた方がいいと言えるでしょう。

副作用のことや期間の短さ、そして費用が高いというやっかいな部分はありますが、可能であれば受けるようにされると良いのではないかと思います。

お財布と相談になってしまいますが、お子さん第一でいきましょう。

ロタウイルス予防接種はいつからいつまでに受けるべきか?


この予防接種を受ける期間はかなり狭いです。

このワクチンは生後6週から接種を開始できるのですが、ロタリックスは遅くとも生後14週6日(生後3か月半過ぎ)までに1回目を接種するようにしてください。

ロタテックも1回目の期限は同じです。

両者とも4週間隔で接種する必要がありますが、ロタリックスは生後24週までに2回目も受け終わる必要があります

ロタテックは生後32週まで3回目を受け終わりましょう。

このようにかなり期間が限定的なものとなっておりますので、受けるときは早めに動く必要があるでしょう。

0歳児はかなりのワクチン接種を行いますので、生後2か月になるとヒブや小児用肺炎球菌ワクチンを接種することになるので、このときのタイミングでの接種が推奨されております。

ロタウイルス予防接種前の授乳は控えた方が良い?


予防接種には実は3種類あります。

それは注射器を行って接種するもの、針穴がいくつかあるはんこを用いるスタンプ方式のもの、そして口から飲むタイプの経口接種のものです。

このうちスタンプ方式のものと注射器を使うものなら授乳は関係ないのですが、経口接種タイプのワクチンは授乳を自重した方がいいと言われるでしょう。

なぜなら、経口接種タイプのワクチンの前に授乳をさせてしまうとゲップと一緒にワクチンをはき出す可能性が高いからです。

赤ちゃんはちょっとした刺激でもはき出してしまうことがあり、満腹中枢も発達していないので飲み過ぎてしまうこともしばしばあります。

金額が高いので飲み直しになるのはきついでしょう。

再度飲み直しにならないように経口接種タイプのワクチン接種をするときは授乳を控えて病院に行きましょう。

経口接種以外のワクチンなら予防接種前の授乳はOKで、経口接種タイプは控えるということをしっかりと認識して頂ければと思います。

ロタウイルス予防接種の料金や効果と副反応!必要性は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はロタウイルス予防接種についてお伝え致しました。

ロタウイルス予防接種は必須ではなく、資金のことや期間のことなど色々と親の負担になることがかさみますが、可能なら受けた方がいいものとなっております。

 

 


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)