アトピーの原因は遺伝?ストレスや腸・食べ物が影響する?

アトピーの原因は遺伝?ストレスや腸・食べ物が影響する?

遺伝やストレス・腸・食べ物がアトピーの原因?

アトピーになってしまうと、かゆみ症状を感じてしまい、日常生活にも支障を及ぼすことになってしまいます。病気というものは「原因」があって発症するものであり、アトピーの原因がわかれば予防もしやすくなるかもしれません。そこで、アトピーの原因について、ストレスの話なども交えながら解説していきます。


Sponsored Link


1.アトピーの原因はストレス?

atopic-genin-stress

 

さまざまな病気の原因になり、症状を悪化させる存在である「ストレス」ですが、実はアトピーにおいてもストレスが原因になる可能性があります

 

ストレス単体でアトピーを発症するというわけではなく、他の様々な要因が重なることでアトピーを発症すると考えられています

 

また、既にアトピーを発症している場合には、その症状を引き起こし、悪化させるトリガーとなる可能性もあります。

 

厄介なことに、生活をしている限りどんな原因でストレスを溜めることになるか分かりません。つまり、誰にでも発生し得る原因であり、普遍的でありながらも大きな要因として重くのしかかるという厄介さを持っているのです。

 

アトピーになる原因を抱えている人や、既に発症している人は、ストレスを抱え込まず、適度に発散させることが重要であると言えます

 

2.アトピーの原因は腸?

atopic-genin-cyou

 

アトピーといえば皮膚の症状として知られていますが、実は「腸」もまたアトピーに深く関わっているのだということがわかっています

 

アトピーを引き起こす原因の一つとして「IgE抗体」という要素があります。これは、体内に吸収されたウイルスやアレルギー物質に対して反応し、過剰に反応することでアトピーの症状を引き起こすのです。

 

腸内環境を正常に整えることで、IgE抗体の数や働きをコントロールすることが出来るのです。

 

もちろん、後述の「食べ物」に関する内容についても注意したいのですが、実際に腸内環境を整える人と整えていない人では、後者のほうがIgE抗体が多かったという研究結果も報告されています。

 

腸内環境もまた、アトピーの原因について影響するということがわかると思います。

 

 

3.アトピーの原因は食べ物?

atopic-genin-tabemono

 

前述の腸に関する内容に関連して、アトピーの原因には「食べ物」も深く関わっているといえます。まず「アレルギーの有る食べ物」がある場合には、可能な限り避けるべきです、

 

今の時点でアレルギー症状が現れる食べ物ではないとしても、将来的にアレルギー反応を起こす可能性もあります。

 

食事で体が痒くなった場合には、その食事に何らかのアレルギー反応を示している可能性が高いので、どの食材からアレルギーが起きたのかをしっかりと把握して、当分のあいだはそれを食べないようにしましょう

 

他にも添加物の多い食べ物や脂っこいものも避けましょう。逆に、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食べ物は腸内環境を改善し、前述のIgE抗体の話にもあった腸内環境の改善でアトピーを改善する事ができます。

 

4.アトピーの原因は遺伝?

atopic-genin-iden

 

病気の原因としては「遺伝」という要素もありますが、実はアトピーにも遺伝の要素が存在しているのです。

 

両親のうち片方にアトピーの症状が見られる場合には30%、両親の両方にアトピーが見られる場合には50%の確率で子どもにアトピーが遺伝するというデータが出ています。

 

しかし、両親ともにアトピーの罹患歴が無いにも関わらず子どもにアトピーの症状が現れるということもあり、遺伝が絶対的なアトピーの原因とはならないということがわかります。

 

また、遺伝してもそれはアトピーそのものではなく、「アトピー体質」の遺伝であり、かゆみなどの症状がそのままダイレクトに遺伝するということではありません。


Sponsored Link


 

遺伝しやすいということがわかっているのであれば、環境を整えることでアトピーの発症を抑えることは十分に可能なのです。

 

5.アトピーの原因【大人と赤ちゃんや幼児との違い】

atopic-otonaakacyan-tigai

 

アトピーの原因は、赤ちゃんにも同様に襲いかかるものであり、要するに赤ちゃんも大人もアトピーを患うということになります。

 

しかし、赤ちゃんの場合は少し事情が異なります。赤ちゃんの皮膚は、大人ほどしっかりとした作りを確保できていません。そのため、いわゆる「バリア機能」が十分に確保できておらず、発疹などの一過性の皮膚症状を発症しやすいのです。

 

そのため、大人のアトピーのような症状が現れたとしても、それがそのままアトピーであるとも言い切れないのです。

 

しかし、当然ながら遺伝等の素因がある場合には、アトピーである可能性も十分に考えられます。素人には判断が難しいので、赤ちゃんの皮膚に何らかの異常が見られた場合、早めに医療機関を受診されることをおすすめします

 

6.アトピーの原因の検査方法

atopic-kensa

 

アトピーの検査では、最初に「問診」を行います。問診では「いつかゆくなるのか」「何かを食べるとかゆくなるのか」「家族の中にアレルギーを原因とした病気を発症している人はいるか」といった内容を聞くことになります。

 

原因を絞り込むために重要な作業となりますので、正確に答えましょう。

 

次に、主な検査方法ですが、おおまかに分けると「血液検査」「皮膚検査」「負荷検査」の3つに分類されます。

 

血液検査は文字通り、血液採取を行い、採取した血液を検査します。

 

次に皮膚検査ですが、これはアレルギーの原因物質を特定する方法であり、皮膚に何らかの方法でアレルギー物質を接触させ、反応を見る方法です。

 

負荷検査も同様に、アレルギー物質を摂取することでアレルギー反応を見る検査です。また、アレルギー物質を特定する検査は数年ごとに行われます。これは、アレルギー物質への反応が時間の経過とともに変化することで、あらたにアレルギー反応を示す物質が現れるからです。

 

7.アトピーが悪化する原因

atopic-akka-genin

 

アトピーを悪化させる原因は、日常生活のさまざまなシーンに隠されています。まず、日常のさまざまな行動の中の原因としては「皮膚の清潔が保たれていない」「食事にアレルギーの原因が含まれている」「ストレスをためている」といった内容が挙げられます。

 

次に環境面での問題です。アレルギー物質は食事以外にも接触する可能性があり、「ダニ」「ハウスダスト」「花粉」といった物質が周囲に多くなると、アトピーを悪化させる原因となります。

 

何が原因でアトピーが悪化するかということは、人それぞれに異なります。大きな指標として「年齢」が挙げられ、免疫の整っていない小さいころには環境要因が強く現れるのに対して、受験等でストレスを貯めやすくなる年頃になるとストレスなど行動に関する原因で悪化しやすくなります。

 

ある程度は悪化の原因が特定できますので、意識的にそれらを周囲から取り除くことが重要です。

 

8.アトピーの対策と治療

atopic-taisaku

 

アトピー治療については、まず医療機関で検査を受け、原因を特定して悪化を防止することです。処方された薬を適切に使用し、皮膚の炎症を抑え、再発の防止に努めます。

 

そして、アトピーが悪化する原因を生活の中から可能な限り取り除くことが重要です。アトピーの治療は薬だけでは完遂することが難しく、生活や周囲の環境によって大きくその進展が異なるという特徴を持ちます

 

あまりにも意識しすぎるのもストレスとなって患者には良くないのですが、治療期間を少しでも短くし、早めに完治させるためには生活の中からアトピーの原因を取り除くことが第一です。

 

個人の努力だけでは難しいことも多く、周囲の協力や医師との連携を行い、有効な手段を模索しましょう

 

アトピーの原因は遺伝?ストレスや腸・食べ物が影響する?まとめ

アトピーの原因は、まだはっきりとは解明されていません。しかし、研究が進む中で次第にその原因がはっきりとしてきています。まだまだ完全解明や特効薬の開発などは遠いのですが、原因となるものを生活の中から取り除くことで治療をより効果的なものにすることが出来ます。まずは、何がアトピーを悪化させるのかをしっかりと把握し、それを生活の中から取り除くことを再優先としましょう。その上で年齢とともにアトピーの原因物質の増加にも対応できるように、心構えをしておくことも重要です。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)