b型肝炎ワクチンの予防接種【スケジュール・料金・何歳まで等】

b型肝炎ワクチンの予防接種【スケジュール・料金・何歳まで等】



b型肝炎予防接種の費用と効果や副作用【小学生や大人も?】

テレビCMといった報道媒体でもb型肝炎という言葉はしばしば出てくるため存在を知っている人は多いでしょう。

しかしこのb型肝炎ワクチン予防接種に関しては一般的には受けるものになっているのかや、スケジュールや料金、何歳までに受ければいいのかといった情報までしっかり把握できている人は少ないのではないでしょうか。

そこで、今回はこのb型肝炎ワクチン予防接種について調べ、どのようなスケジュールにすればいいのか、費用や効果はどうなっているのかなどについてお伝え致します。


Sponsored Link


b型肝炎とは?


b型肝炎とは何かを知っていただく前にまず肝炎とはいったい何かについてお伝え致します。

肝炎とは肝臓が炎症を起こすことで細胞が壊れてしまい肝機能が低下していってしまう病気です。

肝炎になると細胞が次々に破壊されていくようになり破壊された部位が硬化していき最終的には肝硬変や肝がんを引き起こすようになります。

基本的に肝炎が6ヶ月以上続いた場合は慢性肝炎と言われるようになります。

この慢性肝炎の原因がウイルスなのです。

このウイルスにはa型・b型・c型・d型・e型が存在しており、b型肝炎とはb型肝炎ウイルスによって引き起こされる肝炎ということになります。

現代日本における慢性肝炎の原因は約70%がc型で、b型は15~20%といわれております。

b型肝炎の予防接種は何歳までに受ける?


基本的にb型肝炎の予防接種は「確実に免疫を付けるために1歳になるまでに接種を完了する必要がある」という記載がなされていますので、早めの接種が必須と言えるでしょう。

ただし、1歳以降の任意接種も可能なので、大人になってから摂取するという方ももちろんいます。

例えば、慢性b型肝炎ウイルス感染の有病率が高い国に長期間滞在する必要があるという場合には、感染しないためのワクチン接種として予防接種をするケースがあるでしょう。

ただし、後述いたしますが大人でも幼児でもこのワクチン接種は3回行う必要があり、しかも1回目と3回目の間は20~24週間も必要になりますので、海外赴任がわかってすぐに飛び立つ必要がある人には間に合わないでしょう。

b型肝炎予防接種のスケジュールは?


全部で3回接種する必要があるb型肝炎予防接種はある程度スケジュールが決まっているので、お子さんがいる家庭ではこのスケジュールを必ず把握する必要があります。

具体的に推奨されているスケジュールが1回目が生後2か月、2回目が生後約3か月、3回目が生後7~8か月となります。

このようにスケジュールに決まりができている理由は1回目と2回目、そして2回目と3回目の間隔が決まっているので、その間隔通りに動く必要があるからです。

具体的には1回目と2回目の間は27日以上あける必要がありますので、1ヶ月程度間隔を用意する必要がありますし、1回目と3回目の間は139日以上の間隔をあける必要があるのでこのような日程に必然的になってしまいます。

b型肝炎ワクチンの予防接種の料金は?


b型肝炎ワクチンの予防接種は合計3回も受けないといけないので、一回ごとの予防接種の料金が大きいとかなりの負担になってしまうでしょう。

しかし、「定期接種対象者が定められた接種間隔」で「定められた回数」の予防接種費用は無料となるようです(参考仙台市ホームページの「B型肝炎の予防接種について」より)。

これは住んでいる地域によって異なるという声もありますが、平成28年4月1日以降に生まれた0歳児であればb型肝炎ワクチンの予防接種は無料という記載がありましたので、今ならば費用は掛からないと考えたほうがいいでしょう。

問題はそれ以前に生まれてきたお子さんで、自費診察ということが影響して受けられなかった方々です。

その場合は1回につき5,000~10,000円ほど費用がかかりますので、最終的には1.5~3.0万円ほどの費用がかかってしまいます。


Sponsored Link


幼児や小学生から大人まで予防接種は受けた方が良い?


基本的に平成28年4月1日以降に生まれた0歳児であれば費用は無料なので受けた方が良いでしょう。

これは必須と考えてもいいかもしれません。

問題は今まで予防接種をしてこなかった方となります。

率直に申し上げて受けるべきかどうか明確に言えないところがあります。

従いまして受けたい人ならば受けたほうがいいですし、受けないという考え方があるのならば受けなくてもいいのではないかと考えます。

ひどい言い方かもしれませんが、自己責任で受けるかどうかを決めねばなりません

個人的には、日本はそこまで爆発的にb型肝炎が広まっているわけではないので、今まで受けてこなかった方々は受けなくてもいいと考えていますが、仕事で海外に飛び回るような人たちや外国籍の方々が頻繁に来日するような会社では予防接種は受けたほうがいいと考えています。

というのも、b型肝炎は唾液や血液からも感染するのでいつの間にか感染してしまっている可能性があるります。

外国を飛び回る人や人の出入りが非常に激しいところほど感染確率が必然的に上がってしまいます。

このようにリスク管理をどうしたらいいのか考えて予防接種を受けるのかどうかを判断しましょう。

ただし、年をとればとるほど抗体獲得率が低下するので予防接種の意味が薄れます

予防接種を受けるのは早いほうがいいと言えるでしょう。

b型肝炎予防接種の効果は?


b型肝炎予防接種の効果はシンプルでb型肝炎になりにくくなることでしょう。

ただし、先ほど説明したように若い人ほど抗体獲得率が高いということなので、年齢をかさむごとに定着しない可能性が出てしまいます。

つまり、ほとんど無意味になる可能性もあるということです。

この定着率については40歳までが95%で40~60歳で90%、60歳以上は65~70%という数字が出てますので参考にしてください。

また、予防接種の効果は永遠ではありません。

目安としての数字で20年以上は続くといわれておりますが、これは個人差が必ず発生するとのことなので生まれてすぐに予防接種をした方は社会人になったときには効果が切れている恐れもあります。

b型肝炎予防接種による副作用は?


b型肝炎予防接種による副作用は低確率で発生します。

副作用は局所の疼痛・腫脹・硬結・かゆみ・発熱・発疹・吐き気・食欲不振・下痢・頭痛・筋肉痛倦怠感・関節痛・手の脱力などが該当します。

このように色々な症状があるのです。

ただし発症確率は5%以下とのことですので、そこまで心配することはないでしょう。

医療従事者はb型肝炎ワクチンを接種した方が良い?


一般的な方々よりも圧倒的に病気に接することが多いのは医療従事者です。

また、自分自身が感染源になってしまってはそれこそパンデミックが発生する恐れもありますので、一般の人々よりもさらに感染症予防に気を付ける必要があります。

また、医療関係者向けの記事を書いているBDというサイトに「医療関係者に対するワクチン接種の考え方(https://www.bdj.co.jp/safety/articles/ignazzo/hkdqj200000u19vp.html)」を明記しているので、これらの情報を確認するといいでしょう。

このサイト曰くb型肝炎ワクチンは患者や患者の血液や体液に接する可能性がある医療関係者はワクチン接種を実施しなければならないと記載してありますので、これに倣うべきなのでしょう。

b型肝炎ワクチンの予防接種【スケジュール・料金・何歳まで等】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はb型肝炎ワクチンの予防接種について記載してまいりました。

今の時代のお子さんは問題なく無料で予防接種を受けられるので、受けないという選択肢はほとんどありませんが、昔の費用がある程度かかる時代に生まれていた方々は受けていない可能性が高いのが怖いところです。

ワクチンというのはあくまでも何かが発生しないための予防ですので、するかしないかは自己判断となるでしょう。

しかし、自分で判断できない子供の予防接種に関しては親は出来る限り積極的に動いてもらいたいと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)