腸閉塞に子供がなる原因は便秘?症状や手術時間と入院期間


Sponsored Link


子供の腸閉塞の治療法や再発予防法!死亡することもある?

腸閉塞は大人がなる確率は高いですが、子供がなってしまうこともあります。

その場合の原因便秘といわれていますが、他にもあるのでしょうか。

具体的な症状はどのようなものなのか、手術時間はどの程度なのか、入院期間はどのくらいかなど親からすると心配になってしまうポイントがかなりあるかと思います。

そこで、今回は子供腸閉塞になった場合における様々な気になる点を解消していきたいと思います。


Sponsored Link


子供の腸閉塞の症状は?


腸閉塞は腸管の通過ができなくなってしまうことで発症するものなので、子供でも発症する可能性はもちろんあります。

その場合の症状はお腹が膨れる・吐き気がする・嘔吐を繰り返す・激しい腹痛がする・下血をする・脱水症状・発熱などが出たりします。

基本的に腸閉塞は子供の場合急激に状態が悪化するケースが多く、突然厳しい腹痛に苛まれるというケースもありますので、歩くことも困難な腹痛に苛まれている場合は腸閉塞を考えましょう。

ただし、激しい腹痛には様々な病気が該当しますので、それだけでは症状を特定できないケースも多々あるということは認識しておきましょう。

腸閉塞に子供がなる原因は便秘?


腸閉塞になる原因は子供の場合は便秘以外にもいろいろとありますので、便秘のみが原因とは考えないほうがいいでしょう。

便秘がひどいお子さんは体の中に有害物質をためている状況になってしまいますので、この状態が長く続くことで嘔吐といった症状も出るようになります。

これに発熱といった症状が重なれば感染症が疑われることもあるのですが、便秘だけでは症状を見極めることができませんので、子供の調子が何かおかしいと気が付いたのなら自己判断をせずに病院で診てもらうようにしてください。

腸閉塞に子供がなる原因


腸閉塞になってしまう原因はいくつかありますが、子供の場合は消化器官の先天性形成異常か疾患などの病気が原因となるケースが多いです。

大人の場合は何らかの手術の結果胃腸の摘出手術をして発症するというパターンが多いのですが、子供でも同じことが言えますが腸の摘出手術はそこまで多くはないので原因としては少なめです。

先天的な病気であると判断された場合には腸の一部が途切れていることで塞がってしまうようになるので、腸閉塞になってしまいます。

まれに壊死性腸炎といった生後2週間程度で腸の壊死が始まってしまうことで発症するケースもあります。

特に注意が必要なのが早産で生まれてしまった子供で腸が未完成であるゆえに細菌感染をしてしまい発症するケースがあるのです。

食べすぎによって便秘が多発することで発症するというケースもありますが、子供の場合は先天性のものが多いようです。

腸閉塞の治療法は手術?


腸閉塞は自然治癒することはありません。

そのため、何らかの方法で原因を取り除く必要があります。

例えば、鼻から胃の中に管を入れる胃管を使って手術をしないで治療を行うという手法や鼻や肛門から腸にまで管を入れるといった方法で腸の内容物を外に排出するという方法もあります。


Sponsored Link


しかし、腸閉塞でも血流が悪くなって腸が壊死してしまう状態になる可能性がありますので、その場合には壊死した部分を取り出すために開腹手術を行うケースもあります

基本的な考え方として、腸閉塞になったとしても軽度の場合には手術をしない保存的な治療が中心となって、この保存治療が効かない状態ならば手術を行うか急激に症状が悪化して緊急性が高い場合には手術を行うことになるようです。

現代医療技術はすごい速度で進化しており、開腹手術は再発を繰り返す恐れがあるとして内視鏡手術を用いるケースも増えているので、子供の場合もこちらのやり方がとられる可能性があります。

手術時間や入院期間は?


腸閉塞の入院期間は保存療法か手術かで大きく変わります。

手術がいらない患者の場合は6日ほどで退院している人もいますが、なかなか症状が治らずに治療に手間取ったというケースもあるのでその場合には入院期間が2週間以上経過していました。

開腹手術が必要になった場合にはやはり2週間程度の入院期間は必要になっているようです。

子供の場合は手術なしになればなるほど早く退院できる傾向にあり、手術が必要になると大人と同じように2週間程度必要になるというデータがありますので、やはり大掛かりな手術になると入院期間も延びると考えましょう。

また、手術時間についてはネット上にほとんど情報がありませんでした。

40代の男性が腸閉塞による腹腔鏡手術が1時間程度で終わったという記述がありましたのでそこまで時間はかからないでしょう。

子供の腸閉塞の再発を予防する方法は?


腸閉塞は大人の場合になりますがかなり高頻度で再発します。

この原因はいろいろとありますが、腸の癒着が原因だと再発の可能性も40%を超えるというデータもありますので、非常に危険です。

この再発を予防する方法は弱くなっていた腸の働きを改善することでしょう。

腸閉塞で手術をすることになってしまった胃腸は健康的な胃腸と比べるとどうしても動きが悪くなってしまうとのことですので、便秘といった発症率を上げる要因をひたすら遠ざける必要があります。

毎日快便の人はそれだけ胃腸がしっかりと働いているというサインなので、発症確率も下がるといわれております。

ただし、下剤や浣腸をして無理やり快便の状況を作るのは腸の働き自体を改善しているわけではないので良くないとのことでした。

他には生活習慣を改善することで腸内も健康的になるといわれておりますので、腸を刺激する運動を毎日実行するとか有酸素運動を毎日実行するとか、食べ過ぎや飲みすぎを避ける食生活を考えるとか、よく噛んで食べるといった予防法が考案されております。

腸閉塞で死亡することもある?

これは確率的に少なからず死亡することはあります。

というのも、2015年に俳優のオダギリジョーさんと女優の香椎由宇との間に生まれていた次男が絞扼性イレウスで亡くなったのです。

これは当時かなり話題になりましたので、死亡する可能性がある病気という認識も一気に広まりました。

もちろん、ただ単に詰まるだけの腸閉塞ならばよっぽど長い期間放置しない限り死亡することはめったにないですが、腸がねじれて血行障害が発生する腸ねん転によって引き起こされる腸閉塞だった場合は患部が壊死してしまう可能性が高く全身に毒素が巡ってしまい敗血症を引き起こして死亡するケースがあるということです。

これはある程度大きくなったお子さんならば、腸閉塞による腹痛も表現できるので、すぐに親が察して病院に連れていくこともできますが1歳のようなうまく伝えることができない年代のお子さんが発症した場合は伝える能力も低く早期発見も困難になり、死亡するケースもでてしまいます。

腸閉塞に子供がなる原因は便秘?症状や手術時間と入院期間のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は腸閉塞についてお伝えいたしました。

腸閉塞は大人がなるものという認識が強いですが、子供も発症するケースは存在しているので、死亡する可能性もあるということを含めて認識されておくと良いでしょう。

腹痛や発熱といった症状だけでは腸閉塞であると断定することは素人には出来ませんので、何か体調がおかしいと気が付いた親御さんはすぐに病院に連れていくような行動力が必要になるかと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)