眼精疲労の症状や原因と対策や治し方【効果的なツボは?】

眼精疲労の症状や原因と対策や治し方【効果的なツボは?】



眼精疲労には目薬が効果的?治し方や有効な食べ物や予防法

現代社会において多くの方々を悩ます眼精疲労ですが、具体的にどのような症状がでるのでしょうか?

パソコンの使いすぎが主な原因なのでしょうか?

治し方は色々あるようですが、自分でできるツボ押しなどは有効な対策なのでしょうか?

現代社会は仕事の一環として1日12時間以上パソコンと向き合っている人もいるので、眼精疲労はもはや当たり前と諦めている人も多いでしょう。

そこで、今回は眼精疲労についてお伝えし、具体的にどのような対策があるのかも考えて行きます。


Sponsored Link


眼精疲労とは?


眼精疲労は目を酷使する作業が継続することで目の疲れが溜まってしまい、目の痛みやドライアイといった目の症状が出てしまうようになり、あまりにも目の疲れがひどくなると自然と姿勢が前のめりといったものになってしまうことで腰痛といった別のトラブルまで発生させたりします。

また、無理矢理見えるようにするために目を寄せるといった行動も増えますし、変な姿勢も増えてしまうので肩こりも起こしたりしますし、頭痛や吐き気といったかなり重い症状も出るようになったりもします。

ひどい人になると普通に仕事をすることすら出来ません。

目になんらかの問題があって発生するものではありますが、現代社会では原因が非常に多岐にわたっているので特定することがかり困難でどうしようもないと諦めている人も多い現代病の一つとなっております。

眼精疲労に伴う症状をもう少し


眼精疲労の症状は色々あり、それを列挙しますと目の疲労感や目のかすみ・頭痛・充血・肩こり・吐き気・目の痛みといった症状です。

これらの症状はある程度目の休息でとれることも多いので、ちょっと目の疲れを感じた場合に何らかの対処をすることで凌いでいる人も多くいます。

ただし、眼精疲労というのは蓄積されたものが多いので長期間肩こりや頭痛や目の疲れといった症状と付き合うことも多く、頭痛や吐き気が長期間続いてしまうと睡眠不足や体力の低下といった別の症状まで出るようになったりします。

頭痛がひどいと眠るのも困難になるので、寝不足からくる体力低下、免疫力低下に繋がり他の病気を招く恐れもあるでしょう。

たかが眼精疲労ですが、目の痛みや頭痛といった痛みを伴う症状もありますので、放置することで悪化して日常生活に支障が出てしまうこともあり、軽い症状だからといって放置するのはよくないと言うこともわかります。

眼精疲労の原因


眼精疲労の原因は目の疲れですが、この目の疲れを誘発してしまう行動というのは現代社会でたくさんありますので、特定するのはかなり困難です。

たとえば、パソコンやスマートフォンを長時間使うという行為は間違いなく目を酷使してしまうので眼精疲労を生み出してしまいますし、子供が大好きなゲームで長時間遊び続けるのだって眼精疲労に繋がるでしょう。

現代ではVDT症候群と呼ばれるものを発症する人が一気に増えました。

これはパソコンやディスプレイを長時間見続けることで目や身体や心に何らかの症状が出るものです。

略さずに名前を記載するとビジュアル・ディスプレイ・ターミナルとなります。

別名IT眼症であり現代病の一つです。

イライラや不安感が増しますので、うつ病に繋がってしまうこともありますし、睡眠障害が出てしまうこともあります。

眼精疲労の対策や治し方【目薬が効果的?】


基本的に眼精疲労は生活スタイルに直結してしまう病気なので、簡単に治せるものではありません。


Sponsored Link


ウイルスや細菌によるものならばそれらを退治することで治せますが、眼精疲労は目を酷使する人ならばその環境を取り除かないといけないのです。

つまり、仕事でずっとパソコンとにらめっこしていた結果、眼精疲労になったという方は極端な対策を言うならば仕事を辞めるといった対応が必要になってしまいます。

ただし、視力低下に伴って乱視や近視といった状態になっている人たちはメガネやコンタクトレンズをすることで眼精疲労になりにくくなりますし、屈折矯正手術で屈折異常をどうにかすれば眼精疲労から解放されるケースもあるようです。

また、目に役立つ栄養素というものも存在しているので、ビタミンB12などの点眼薬を使った治療やサプリメントが推奨されることもあります。

眼精疲労に有効な食べ物は?


眼精疲労に最も効果のある食べ物はブルーベリーであり、このブルーベリーの栄養素を活かしたサプリメントは「眼精疲労に効果がある」としていろいろと売られています。

このブルーベリーにはアントシアニンというポリフェノールが含まれていて、このポリフェノールによって網膜にある毛細血管の働きが良くなって血行不良が改善され目に栄養素が届きやすくなるという作用があるのです。

それ以外にも、目のビタミンと言われているビタミンAが含まれている食べ物がいいでしょう。

目の粘膜を潤して網膜を守る作用がありますので、レバー・うなぎ・卵黄・トマト・カボチャといった食べ物を摂取すると良いでしょう。

あとは炭水化物をエネルギーに変える効率を上昇させるビタミンB1と細胞を再生させるビタミンB2、充血予防にもなるビタミンCあたりを摂取することが推奨されています。

果物類・野菜類・レバー・豆類がおすすめです。

眼精疲労に効果的なツボ


(https://kenkolink.com/con_img/tsubo/23.jpg)

眼精疲労に効果のあるツボはいくつかありますが、その中の一つが画像でも紹介している「風池(ふうち)」というツボです。

後ろ髪の生え際あたりにあるツボなのですが、ここを刺激すると眼精疲労や肩こりに対して効果があるのでパソコン業務が多い方は特に意識して押してみると良いでしょう。

押し方としては両手で自分の頭を抱えるようにして親指で上へ登るような意識で押しましょう。

それ以外には、目尻の外側にあるへこんでいる部分が「太陽」というツボなのでこの部分を押すのもいいでしょう。

ただし、押すときは親指で押し込むのではなく、中指当たりでゆっくり通してください。

強く刺激すると揉み返しが発生すると言われているので注意が必要です。

眼精疲労の予防法


疲れ目を予防するためには、目を使わない期間を設けることと目に役立つ栄養素を補給することです。

仕事によっては1日中パソコン業務をしている人もいると思いますが、できれば目を温めながら7時間程度は寝てください

睡眠時間というのは一番成長ホルモンが出る時間でもあり、身体のダメージを負ってしまった部位を回復させるタイミングでもあるのです。

この期間をしっかりと確保できている人は、それだけ眼精疲労からも解放されやすくなります

眠っている時間は筋肉がリラックスできますので、目の筋肉もほぐされるのです。

冷やすと気持ちいいのですが、疲労物質の停滞を促し悪化させる可能性がありますので、休憩時間には温めるという癖をつけられた方が良いでしょう。

 

眼精疲労につきまして、次のサイトも参考にしてみて下さい。

日本眼科学会 眼精疲労

 

眼精疲労の症状や原因と対策や治し方【効果的なツボは?】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は眼精疲労について記載して参りました。

眼精疲労は現代人にとって避け難いものの一つではありますが、ケアの仕方によってはある程度回避することができるので、睡眠時間の確保や休憩時間に温めるといった対応を意識してみましょう。

特に食べ物からの栄養素補給も効果的なので、目に良いとされているサプリメントも効率よく使っていきましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)