自家中毒に大人もなる?原因はストレス?症状と対処法は?

自家中毒に大人もなる?原因はストレス?症状と対処法は?

大人の自家中毒の症状と食事・予防法は?

子供がなる病気として有名になりつつある自家中毒ですが、実は大人もなるとして話題になってきておおります。

その原因ストレスと言われたりしていますが、はたして本当なのでしょうか?

たま症状対処法といったところも気になることでしょう。

そこで、今回は自家中毒ははたして大人でもなるものなのか、なるのなら症状はどのようなものなのかをお伝えします。


Sponsored Link


自家中毒は子供の病気?


自家中毒は別名「アセトン血性嘔吐症」や「周期性嘔吐症」と呼ばれているもので、周期的に嘔吐症状が出てしまい、頭痛や腹痛といった症状が出るものとなっております。

ストレスが過度にかかった時にブドウ糖をエネルギー源とすることができなくなってしまい、急速に脂肪を燃焼させるようになりケトン体が大量に出てくるようになってこのような症状を引き起こすのです。

子供は脳や自律神経といった部分が発達していないので、このような症状が出ることがあると言われており、基本的に自家中毒の症状が出るのは2~10歳と言われております。

つまり、子供の病気という認識が強いので、大人がなることは稀と言われており、なった場合は医師からも珍しいと言われることになるでしょう。

大人の自家中毒の症状は?下痢やめまい?


基本的な症状は子供と同じ用です。

嘔吐・食欲不振・不快感・倦怠感・熱・頭痛・腹痛など同じようなものが並びます。

しかし、これらの症状というのは様々な病気で起こり得るものなので、まずは体がおかしいと気が付いたら病院で診てもらうようにされるといいでしょう。

自律神経失調症という現代日本人では多くの方が悩まされているものと症状がかなり似ているので、そちらと間違われてしまうこともあるでしょう。

尿検査でアセトンが出てくることで発覚するものなので、まずは尿検査を行い発症しているかどうかをチェックしてもらうことになるかと思います。

大人の自家中毒の原因は?ストレス?


子供の自家中毒は発症者が多いので様々なケースからストレス等が推察することができますが、大人の場合は発症例や発症した方々の報告等が少ないので、少し判断がし難い状態となっております。

ただし、発症した方々の貴重な意見を確認してみると「新生活が辛かった」とか「仕事で追い詰められた」という人たちがいたので、やはりストレスが関係していると言えそうです。

子供の場合は精神的に未発達なのでストレスに対して強くなく、発症しやすいのですが、大人でも過度なストレスがかかり続けると発症してしまうものなのでしょう。

ただし、自家中毒は体質の問題という部分も多々あるようなので、人によっては大人になったとしても何らかの拍子で発症してしまうことがあるかもしれません。

人によっては傍から見ると性格的に非常に強くメンタルも強いのに発症していることもあるようで、ケトンが発生しやすい人と、発生し難い人というものがやはりあるのではないかと思われます。


Sponsored Link


自家中毒の対処方法は?


自家中毒は特効薬というものが無いので、子供の場合は点滴や投薬といった対処療法を行って対応することになります。

普通に食べられない状態が続いていることも多く、点滴で栄養補給ができればかなり症状が落ち着くことがあるのです。

大人の場合は、子供と同じで食事ができるレベルなら糖分を充分に摂取するように努められるといいでしょう。

ケトン体は体内での糖分が不足することで変わりに脂肪を分解して発生するものなので、分解する糖分さえ存在していれば、ある程度は症状が治まるようです。

糖分は米やパンといったモノに含まれておりますが、嘔吐症状がひどい方はおそらく食べることが困難だと思われますので、ラムネといった簡単に食べられる菓子類で補給されると良いでしょう。

対処法は糖分摂取になりますが、嘔吐症状がひどい方は何も食べれないこともあるので、その時は病院に行かれると点滴をうってもらえるのではないかと思います。

自家中毒になった時の食事は?


食事における対処法も考え方は子供と同じで、水分と糖分を摂るようにして、脂っこいものはできる限り避けるようにするということです。

ケトン体は体内で糖分が足りないことで発生しているのですが、この状態で脂っこいものを摂取してしまうと自家中毒が悪化してしまうことがあるので、避けましょう。

乳脂肪分も悪影響をもたらす可能性があるので控えたほうが無難です。

一人暮らしで、インスタント食品が主体の方は自家中毒になった場合に悪化する危険性が強いので注意するようにしてください。

自家中毒の予防法は?


自家中毒の予防方法はストレスが原因となっていることが多いので、まずはストレスを取り除く生活をおくることが重要になります。

そのため、ストレス発散ができる趣味といった物を必ず作るようにしてください。

仕事が忙しすぎる方は、疲れが溜まりすぎると何をやってもつまらない状態に入ってしまうことがあるため、しっかりとした休養も大切になります。

また、糖分不足によって発症しているのも事実なので、栄養バランスの良い食事も心掛けるようにしてください。

例えば、過度なダイエットによって心も体も追い込むようにして、食事も制限し、さらには仕事によるストレスといった物まで加わってしまうと、発症しやすい環境が整ってしまうかもしれません。

代謝機能が衰えていることで発症するという説もありますので、良い睡眠習慣を確保して、早寝早起きを行い、規則正しい生活を心がけて代謝機能や体内リズムも整えるように努めてださい。

これらの情報をまとめるとストレス発散方法としっかりとした日常生活、そして健全な食生活をおくっていれば発症することは少ないということになります。

 

子供の自家中毒につきましては次のページも参考にしてください。

子供の自家中毒の症状は熱や下痢も?原因は食事?対処法は?

 

自家中毒に大人もなる?原因はストレス?症状と対処法は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は自家中毒について大人の場合にどうなるのか、原因は何なのかを解説してまいりました。

自家中毒の原因となるストレスですが、このストレスは様々な病気を引き起こし、自律神経失調症といった症状が似ているものも発生させてしまうので、見分けるのは個人では困難でしょう。

このようにストレスは様々な病気を巻き起こすものなので、一人暮らしの方は特に気を付けて、自己管理をしっかりとできる態勢を整えるようにしてください。

一人暮らしの方は病院に行くのも億劫という方もいると思いますが、いくら休んでも症状が改善しないという方は、一度は医師に診てもらった方が良いでしょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)