睡眠障害の原因【スマホ・ストレス・脳・病気】子供の場合は?

睡眠障害の原因【スマホ・ストレス・脳・病気】子供の場合は?



睡眠障害の症状の種類と原因!解消法など対策は?

睡眠障害は今では多くの方々を苦しめているものの一つです。

しかし原因は非常に多岐にわたりスマホストレスの疲労・何らかの病気などいろんなことが考えられます。

これは大人だけではなく子供にも当てはまるのです。

そこで、今回は睡眠障害原因についてお伝えしたいと思います。

睡眠障害の症状の種類は?


睡眠障害、いわゆる不眠症と呼ばれるものには実は種類が存在するのです。

たとえば、寝ようとしたのになかなか眠れないものは「入眠困難」と呼ばれるもので、体験したことがある人も多いでしょう。

そして、いったん眠りについたとしても何かしらの原因があって何度も起きてしまう「途中覚醒」、目標時刻に設定しているのにその目標時刻よりも圧倒的に早く目が覚めてしまってそこで目が覚めてしまうとなかなか寝付くことができない「早朝覚醒」、眠りそのものの質が低く睡眠時間をいくら確保しても疲れがとれない「熟眠障害」となります。

このように色々と種類ありますが、あなたの睡眠障害はどれに該当するでしょうか。

おそらくどんな人であれ、このうちのどれかの睡眠障害に遭遇したことがあるでしょう。

睡眠障害の原因はスマホ?


睡眠障害の原因は色々とあります。

その一つがスマホです。

スマホやパソコンからでてくるブルーライトを浴びると、脳が昼間だと錯覚するようになり睡眠と目覚めに作用するメラトニンの分泌が抑制されるようになり、なかなか寝付けないとか眠ったのに疲れがとれない等の睡眠障害が発生しやすくなります。

また、スマホをいじる体勢というのは首にかなり大きな負担をかけるので長時間その体勢をキープしていると血行不良になります。

いわゆるスマホ首と呼ばれるものなのですが、この首の状態になっている人は肩こりや首の痛みがひどくなるので寝付きが遙かに悪くなるのです。

また、寝る直前にまでメールや電話をしている人は返事が来るかもしれないと待ちながら眠ることもあるので、結局睡眠時間を削ることになり単純な睡眠不足になることもあるでしょう。

睡眠障害の原因はストレス?


睡眠障害の中でも最もやっかいなのがメンタル的な部分です。

すなわちストレスになります。

ストレスが溜まっている状態になると、興奮状態になるのでまず寝付きが悪くなりますし、イライラすることも非常に増えるので夢の中でも出てくることが多くなり不快感とともに途中覚醒することも増えます。

また、ストレスがかかると90分と言われている睡眠のサイクルが短くなってしまって睡眠リズムが狂ってしまうとも考えられており、朝が起きられないという人も増えるでしょう。

それ以外にも、ストレスの原因が会社にあった場合は「寝たら明日が来る」という考えが強くなるので、心の中で眠りたくないと考えてしまうようになり、睡眠障害を引き起こします。

睡眠障害の原因は脳にある?


不眠症などの睡眠障害の原因は色々とありますが、その中でもよく叫ばれるのが脳の異常です。

しかし、脳に何らかの異常があった場合は不眠症になると言うよりも、急に眠気が発生することの方が多いとも言われております。

ただし、脳の「扁桃体」という交感神経を活発化させることで危険を回避する指示を出す部分に異常が発生していると活発化の頻度が急激に多くなるので、体が覚醒状態に近づいてしまいます。

こうなるとぐっすりとした睡眠ができなくなるので、ちょっとした物音だけでも起きてしまう体になってしまうのです。


Sponsored Link


要するに、これは眠りそのものの質が低く睡眠時間をいくら確保しても疲れがとれない「熟眠障害」となってしまうということです。

病気が原因で睡眠障害の起こるケースは?


睡眠障害になってしまう病気というのは色々とあります。

たとえば不眠症や過眠症も睡眠障害を引き起こす病気ですし「概日リズム睡眠障害」のような体内時計と睡眠サイクルが合っていないために日常サイクルに異常が出てしまいうまく眠れなくなってしまうこともあるでしょう。

ほかには、「睡眠時無呼吸症候群」のように寝ているときに呼吸が止まってしまう病気もあります。

これは腎臓や心臓に非常に負担をかける病気で睡眠の質を著しく低下させます。

この病気を持っている方は何時間寝たとしても疲れがとれなくなるのです。

また、うつ病になってしまったという人もメンタル的に追い込まれているのでうまく眠ることができないでしょうし、座骨神経痛や椎間板ヘルニアのように姿勢によって痛みが発生する状態になっている人は満足な睡眠をとることができなくなってしまいます。

そして、咳や鼻水がひどい人も眠ることが困難になってしまうでしょうし、虫歯があって歯の痛みがひどい人も眠れなくなるでしょう。

このように睡眠障害の原因となってしまう病気や、睡眠に異常をもたらす病気は色々とあるのです。

子供の睡眠障害のよくある原因は?


子供によくある睡眠障害は、夜驚症・夢遊病・睡眠時無呼吸症候群・不眠症など色々とありますが、その原因がはっきりしていないものも多いです。

まず、夜中に突然目が覚めて泣いたりおびえたりするようになる夜驚症は原因がはっきりして折らず、対策が難しいです。

ただし、不安な体験を多く経験したり怖い映像をたくさん見るとなりやすいと言われております。

夢遊病も原因は不明です。

睡眠時無呼吸症候群の場合は扁桃腺の肥大やアレルギーによる鼻内部の炎症によって引き起こされる例があります。

不眠症の場合はスマホの操作や過剰なストレス、服用している薬の副作用などが考えられます。

この中でも多いのが不眠症なので、一般的な対策として生活習慣を見直して、パソコンやスマホを触る時間を親が管理する必要があるでしょう。

ストレスが溜まっていることで寝付けない子供も多いので、学校での様子もよく把握しておくようにしましょう。

小学校や中学校などの学生生活でも子供によってはかなりストレスをためるものなのです。

睡眠障害の解消法など対策は?


睡眠障害の対策はいくつかありますが、まずはストレス対策でしょう。

ストレスが溜まりすぎることで睡眠に対して悪影響を大きくもたらしてしまうので、ストレス解消法を身につけましょう。

音楽を聴いたり、温めのお湯に入るとか、ストレッチをするとか最も相性が良い方法を見つけましょう

また、睡眠時間は人によって異なりますので、日中の眠気が感じない必要な睡眠時間を見つけましょう

8時間睡眠や6時間睡眠にこだわる必要はありません。

すっきり起きられる睡眠時間を見つけてください。

そして、体のスイッチが入りやすくするために朝起きたら日光を取り入れて体内時計のスイッチを動かしましょう

適度な運動習慣があれば睡眠の質も向上するので、仕事の内容が肉体労働系のものではなくデスクワーク中心の人は、ある程度の運動を日課にしてください。

もし、日中の眠気がひどいという方は20~30分程度の昼寝をしましょう。

それ以上の昼寝は睡眠に悪影響を与えます。

夕方以降の昼寝は良くありません。

睡眠障害の原因【スマホ・ストレス・脳・病気】子供の場合は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は睡眠障害の原因について色々とお伝えして参りました。

睡眠障害は多くの方々を苦しめているものではありますが、なかなかに解決できるものではありません。

人間関係から来るトラブルが原因のストレスならば回避はかなり難しいかと思います。

それがプレッシャーとなって睡眠障害を引き起こしている場合は、根本原因を取り除くことはなかなか難しいところがあるので、何とかして発散する方法を身につけるしかありません。

ただひたすら受け身になるのではなく、できることからやっていきましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)