差し歯の土台と治療期間や寿命!インプラントやブリッジとの違いは?

差し歯の土台と治療期間や寿命!インプラントやブリッジとの違いは?

セラミックなど差し歯の種類や寿命!臭いや痛い時の原因は?

差し歯とは大人になって虫歯などで歯を抜いた人の対処法の一つです。

差し歯を入れる上で土台治療期間寿命および、差し歯の種類としてのインプラントブリッジといったものについて知らない人も多いでしょう。

そこで、今回は差し歯についていろいろとお伝えしていきたいと思います。


Sponsored Link


差し歯とは?


差し歯という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。

実際にどのようなものか知らない人でも、なんとなく「永久歯で抜けてしまった部分を人工的な歯を入れて対応する技術?」といったイメージがあると思います。

そのイメージは多少はあっているのですが、より専門的な知識を追加すると、神経を除去して歯の根っこの治療を行った後に、歯の根っこに土台を作って人工の歯をかぶせる方法となっております。

この歯の根っこのことを歯根というのですが、この差し歯は歯根がないとできないということを覚えておかれると良いでしょう。

要するに虫歯の進行度がひどい場合や事故で歯そのものを完全に損傷してしまった場合は歯根を除く処置が必要になるので差し歯での対応ができないということです。

差し歯とインプラントの違い


この差し歯に関する技術的なお話になると、似たような方法であるインプラントなどとごちゃまぜになってしまう人がいます。

確かにかなり似ているのですが、違いがあるのです。

まず、差し歯は歯の中に人工の歯のついている土台を歯根に埋め込みます

この土台は基本的に金属です。

そしてインプラントはチタンを骨の中に埋め込むという差があるのです。

どういうことかというと、一度説明したように差し歯は最低でも根が残っていないと使うことができない治療方法であり、これは残っている歯の根っこの部分に差し込む必要があるものなのです。

しかし、インプラントは完全に歯が残っていない状態で行う治療方法なので、差し歯が無理であるといわれた人でも対応が可能となっております。

差し歯とブリッジの違い


また、同じように歯がなくなってしまった人でも人口の歯を使って元通りに食事ができるようになる技術の中にはブリッジと呼ばれるものがあります

差し歯については説明したので割愛しますが、このブリッジという技術は抜歯などで失った両隣の歯を削って土台を作って、橋渡しにするように人口の歯をかぶせる技術です。

この橋渡しの部分からブリッジときているのでしょう。

このように差し歯とはやり方がまるで違うので差は大きいのです。

また、このブリッジは両隣の歯を削って形を整える必要があるので、問題の無い歯を削る可能性があるという部分がネックとなっております。

差し歯の土台とその種類


差し歯は根に土台を立てて、その形に添って型を作り被せ物する治療方法ですが、ここで出てくる土台にも種類があります。

例えば、差し歯が全部セラミックでできているものは土台もセラミック(ファイバーコア)ですし、同様に色が金色のフレームを使うゴールドコアを用いるものもあり、金銀パラジウム合金で作られたシルバーコアを使うこともあります。

最近話題となっているのはグラスファイバーの芯と強化プラスチックからできているファイバーコアと呼ばれる土台です。

これは金属を使わないので歯茎の変色を防げますし、金属アレルギーにならなくても済むという利点もあります。

歯茎が黒くなりませんし、歯の変色も発生しないので使い勝手がいいのです。

差し歯の種類は?


かぶせ物となる部分の種類は大きく分けて金属のかぶせ物か金属を使わないでオールセラミックで済ませる方法になります。


Sponsored Link


土台でも説明したようにこのオールセラミックのものはファイバーコアを用いたものとなっております。

どちらが優れているという極端な意見は言えませんが、個人的に推奨したいのは金属アレルギーの人でも問題なく使えるセラミック製の差し歯でしょう。

変色することもありませんし、透明感のある歯にすることができるので、見た目も美しいです。

ただし、保険治療はプラスチックの一種である硬質レジンという材質を張り付かせて白く見せるという方法になる一方、セラミックを使った場合は自由診療となりお値段が高めになります。

差し歯の治療期間や費用は?


差し歯は治療方法によって保険適用となるケースと、保険適用外となるケースがあります。

まず、保険適用内で可能な差し歯のケースを考えましょう。

仮に前歯だった場合は1本3000~8000円程度で対応が可能となっているようです。

硬質レジンジャケット冠が3000~5000円で硬質レジン前装冠が5000~8000円といわれているので、そこら辺からこの金額が提示されているのでしょう。

そして、保険適用外のセラミックを使った治療となった場合は1本4万円以上かかると思ってください。

オールセラミックやジルコニアクラウンを使った場合は1本で20万円ほどかかってしまうこともあるようです。

差し歯の寿命は?


コストのことを考える場合、忘れてはいけないのが寿命です。

差し歯だって永久に使えるわけではありませんので、必ず寿命が来ます。

この部分は使い方次第になりますが、かぶせ物の金属の劣化が約7年で、白い部分の変色は約2年、金属が溶け出して歯肉が変色するようになるまでが約5年となっているようです。

金属を使用しない保険外の差し歯治療を行った場合は、この寿命が一気に延びて20年は持つといわれているようです。

1万円程度の安い金額で済みますが、7年程度で入れ替えが必要になるものを選ぶか、最初に10万円程度かかってしまいますが、その後のメンテが楽なものを選ぶのかは個々人の判断になるでしょう。

差し歯の臭いの原因は?


この差し歯なのですが、状況次第で虫歯のように悪臭が出てしまうことがあります。

実際に、差し歯や銀歯は隙間から虫歯になるケースが多く中で細菌が増え続けて発行することで悪臭が出るようになってしまうのです。

他には差し歯によってできた段差に汚れができてしまい、その汚れが放置されることで細菌がたまって悪臭が出るというケースもあります。

状況次第では差し歯になっている個所が歯周病になってしまうということもあるでしょう。

差し歯が痛い時の原因は?


差し歯が痛い場合は土台が入っている場所が破損しているケースが多いでしょう。

金属の土台が入っている場合は金属の硬さにより歯の根っこにかなりの負担がかかってしまうので、歯の根が割れてしまい痛みが出ることがあるのです。

亀裂が入っている場合は接着剤で固定するという方法もありますが、完全に割れてしまい治療が不可能な場合は抜歯が必要となるようです。

それ以外では歯の根っこに膿がたまって歯根嚢胞ができてしまった場合です。

あとは歯の周囲が歯周病になってしまい根っこが揺れるため痛みが出るケースもあるでしょう。

差し歯の土台と治療期間や寿命!インプラントやブリッジとの違いは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は差し歯についていろいろな疑問点を解決するべく情報を集めてまいりました。

保険外適用のほうがいろいろと便利な状態になるということはよくわかっていただいたと思うのですが、やっぱり値段が高いです。

この費用が気にならずに支払えるかどうかがラインとなってしまうでしょうが、一般的にはやはり安いほうを選ぶのが基本になってしまうのかと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)