知覚過敏の症状と原因【治し方や歯磨き粉はシュミテクト?】

知覚過敏の症状と原因【治し方や歯磨き粉はシュミテクト?】



知覚過敏と虫歯の違いとレーザーなど治療法【自然治癒する?】

歯のトラブルというのはかなり厄介で、知覚過敏が起こると精神的にイライラしてしまうでしょう。

いったい原因はどこにあるのか、明確な治し方はあるのか、歯磨き粉をシュミテクトなどに厳選すれば治るものなのか、自然治癒できるものなのかと知りたいことはたくさんあるかと思います。

歯のトラブルは集中力の欠如に繋がり睡眠の妨害にもなりますので、直ぐにでも治したいでしょう。

今回は知覚過敏の原因と治療方法や症状にも触れてみたいと思います。

効果的な歯磨き粉などが揃っていれば自然治癒するものなのでしょうか。


Sponsored Link


知覚過敏とは?症状は?


そもそも「知覚過敏」とは何なのか、理路整然と説明できる人は少ないのでは無いでしょうか。

なんとなく歯が敏感になって冷たいもの等を食べると痛むというイメージがあると思いますが、原理がいまひとつわかりません。

これを理論的に説明すると、歯ぐきが下がるか歯のエナメル質が摩耗してしまうことで本来ならば歯の内側にある「象牙質」がむき出しになってしまい、外部からの刺激によって瞬間的な痛みを覚えてしまう状態のことを意味します。

象牙質には象牙細胞を通って普段ならば感じない痛みを覚えてしまう部分なのでこれがむき出しになってしまったら痛みが生じてしまうのです。

歯の表面にあるエナメル質は削ってもえぐれても痛みを感じることはなく冷たいものや熱いものを摂取しても歯の内側に痛みが起こることはありません。

象牙質がむき出しになることでここが刺激されると、その刺激が伝達されてしまうので痛みが発生するようになるということです。

知覚過敏と虫歯の違い


歯に対するトラブルの代表格は虫歯ですが、こちらも痛みが発生します。

この虫歯と知覚過敏の違いは痛みの出方や見た目の変化でしょう。

知覚過敏の場合は瞬間的な痛みが多く、長くても10秒程度で痛みはなくなります

しかし、虫歯の場合はかなり痛みが長く数分ほど続くケースがあるのです。

他には、虫歯の場合甘いものが原因となっているパターンが多く甘いものを食べたときに痛みが出るケースがあります。

熱いものや冷たいものといった刺激が強くないもので痛みが出たのならば虫歯の可能性が高いです。

あとは、知覚過敏の場合は歯の再石灰化さえ行われれば象牙質がむき出しにならないので症状が改善するケースがあり、自宅でも治せるパターンが存在するのに対し、虫歯は基本的に放置すると悪化するだけなので治すためには病院に行かないといけないという違いがあります。

原因について【ストレスも?】


知覚過敏の原因はいくつかありますので簡易的にまとめていきます。

老化や歯周病によって歯ぐきが下がってしまう・ストレスによってイライラが募り歯ぎしりや噛みしめることが増える・スポーツなどで顔面に硬いものが直撃し歯が欠けて象牙質がむき出しになる・ひたすら酸性のものを食べ続けたことで歯が溶ける・過度なブラッシングによるエナメル質を削ってしまうなどがあります。

このように原因は多岐にわたっているのでどれが当てはまっているのかを調べないといけません。

例外として、虫歯治療をするために歯を削った結果知覚過敏が発生するというパターンもあるようです。

また、ホワイトニング治療をした結果知覚過敏が発生するというパターンもあるようです。

原因を取り除かないと再発する可能性が高いので、よくわからないけど歯が痛いという方はどの原因に当てはまっているのかを振り返りましょう。

自然治癒する?


これは何とも言えません。


Sponsored Link


軽度のものならば自然治癒するパターンも多々あるという記述はよく見ますが、歯ぐきが下がっているというパターンやすでに歯が欠けているという人は自然治癒することはないというのが一般的な考え方のようです。

自分が軽度かどうかははっきりとわからないので、診てもらわないと何とも言えないのです。

答えとしては「軽度ならば自然治癒する可能性はあるけど、軽度かどうかの判断が自分自身では殆ど出来ないので、診てもらわないとなんとも言えない」となります。

適当な自己判断で知覚過敏ではなく虫歯の放置だったら良くありません。

歯の痛みがひどい場合は必ず医師に診てもらいましょう。

治し方について【レーザー治療も?】


基本的な治療方法は再石灰化です。

歯のエナメル質さえ元に戻れば知覚過敏は無くなります。

それ以外にも歯の神経の興奮を抑えるために歯みがき剤に硝酸カリウムを含ませて使うとか、歯ぐきが下がっているのならば歯と同じような成分の結晶などを使って象牙質がむき出しの状態を防ぐ等のやり方があるようです。

あまりにも痛みがひどい場合は歯の神経に炎症が発生しているパターンもありますので、神経を取り除くという治療もあります。

これ以外にも様々な治療法がありますので、それぞれの病院の方針に従うことになるかと思います。

炎症を抑える「消炎鎮痛剤」を服用するという方法もありますし、むき出しになった象牙質にレーザー照射を行って痛みを軽減するというものもあります。

おすすめの歯磨き粉について【シュミテクト?】


知覚過敏に効果がある歯磨き粉として紹介されることが多いのはシュミテクトです。

実際に商品として売りに出されているシュミテクトは「知覚過敏症状や歯周病や虫歯に効果があります」といった売り方をしているので何らかの効果は期待できるのかと思います。

先ほど簡単に説明した再石灰化に役立つ硝酸カリウムやエナメル質を保護する作用があるフッ化ナトリウムが含まれているので、軽度な知覚過敏には役立つと考えられます。

いわゆる過度な磨きすぎによる知覚過敏や酸性のものを食べすぎてしまうことで発生する知覚過敏ならば防げる可能性があるということです。

逆に重度の知覚過敏や歯の欠けといったトラブルには歯磨き粉では対処不可能なので、治るものもあれば治らないものもあると考えてシュミテクトを使う必要があるでしょう。

それ以外には「シコンコート」「デントヘルス」「Systema センシティブ」あたりがおすすめです。

フッ化ナトリウム・乳酸アルミニウム・硝酸カリウムといった成分が含まれているかどうかをまずは見てみましょう。

予防方法について


確実な予防方はありませんが、とにかく原因から遠ざかることが大切です。

特に、磨きすぎや酸性に偏るものを食べすぎというのは意識することで防げますので、強く意識してください。

歯の汚れがなかなか落ちないという方は性能がより高まった電動歯ブラシを使ってプラークを除去するのもいいでしょう。

歯の汚れを取るためにごしごしと擦るとエナメル質が削れていくので、効率よく歯を綺麗にする方法を身につけるのも正解となっています。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回は知覚過敏の症状や知覚過敏とは何なのか、治療法はどうなっているのかなどをまとめてみました。

知覚過敏を意識してソフトタッチになりすぎると汚れが落ちずに虫歯になってしまうというパターンもあるので、歯の磨き方を学ぶしかないでしょう。

電動歯ブラシは知覚過敏対策もかねているものが増えていますのでそちらの情報を集めて電動歯ブラシを選ぶのも効果的です。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)