アルコール依存症の病院での薬など治療法と入院や治療期間

アルコール依存症の病院での薬など治療法と入院や治療期間



アルコール依存症は自力で治せるか!治療費の保険適用は可?

アルコール依存症はお酒が好きな人ならば誰もが発症する可能性のある病気です。

これは病院入院することが最適な対策といわれておりますが、治療ではを使うのか、入院するのならば期間はどの程度になるのかなど気になる点も多々あるかと思います。

そこで、今回はアルコール依存症治療方法について詳しく調べ、入院が必須なのかどうかなど気になる部分にスポットを当てます。


Sponsored Link


アルコール依存症は自力で治すことができる?


これはなんとも言えませんが、「自分自身で強い精神力を持って酒を断つことができる人ならばアルコール依存症からは卒業することができる」と答えておきます。

というのも、この強い精神力を持って禁酒生活が送れる人ならばアルコール依存症は軽いものなら自然と治せるからです。

しかし、ネット上の書き込みや雑誌といった情報媒体を見てみると自力でどうにかしようと試みて成功している人はどうも少なく見えて仕方ありません。

ほとんどの人が何らかの原因で酒を結局は断つことができずに飲み始めています

もちろん、成功体験を記載している人も多くいるのですが、どうにも自力でなんとか卒業しようとした結果結局は駄目だったといった情報の方が圧倒的に多いので、自力で治すことは難しいと考えた方が良いでしょう。

アルコール依存症の治療は病院の何科を受診する?


風邪をひいたら内科に相談、骨折したら外科に相談、ならアルコール依存症はいったい何科になるのでしょうか。

アルコール依存症は精神的なケアも不可欠なので精神科のような気もしますが、肝硬変やアルコール性脳症といった身体合併症もアルコール依存症は引き起こすので、精神科のみのケアでは不足するような気もしてしまいます。

なので、実際にアルコール依存症になってしまったという方は内科を受診することの方が多いようです。

もちろん、精神面のことを考慮すれば精神科がみるのが良いのですが、肝機能の異常と言った部分は精神科では診れませんので、最初の検査を受けたい方は内科に行った方が良いでしょう。

その後は、お酒を断つためのメンタルコントロールを学ぶために精神科に通うといった状態にするのが理想となります。

できれば内科と精神科の連携体制が整っている病院に通うと治療もしやすいでしょう。

アルコール依存症は入院して治療するのが基本?


アルコール依存症でもほとんど合併症が引き起こされていないような段階ならば通院しての治療も行われますが、基本的にアルコール依存症の治療は入院治療となります。

というのも、アルコール依存症の方はお酒に対する精神依存がすさまじいので、いくら禁酒をしようと努力しても成し遂げられない人の方が多いからです。

さらに、アルコール依存症でも症状が重い方は禁酒をすることでイライラ・手の震え・発汗・嘔吐といった離脱症状が多く発生するようになりますので、これらのケアを家の中で完璧に行うのはほとんど不可能な状態と言えます。

そのため、一般的には入院をして医師の指示に従い合併症の治療や離脱症状のケアや臓器障害の治療を合わせて行うようになります。

ある程度心身の健康状態を取り戻したのならばリハビリを開始して飲酒に対する考え方や接し方をメンタルレベルでコントロールできるように学び、退院後に再びアルコール依存症にならないようにしていきます。

ただし、お酒は依存度が高いので退院しても結局禁酒ができずに再発する人も多く、そうならないようにするために専門施設への定期通院が推奨されたり自助グループへの参加が促されます。

人によっては抗酒薬というお酒を飲もうとする意思が沸きにくくなる薬が1年程度処方されるケースもあるようです。

アルコール依存症の治療法は?薬を使う?


基本的には入院期間を設けて治療するのがアルコール依存症ではありますが、アルコール依存症に対する薬というものも存在しているのです。


Sponsored Link


飲酒欲求を減らすアカンプロサートといった薬やアルコール依存症の人が禁酒をすることで発生する離脱症状を抑える抗不安薬や睡眠薬です。

また、アルコール依存症の方の治療方法として抗酒薬のようなある意味過激な薬も存在します。

日本国内では商品名がノックビンとなっている「ジスルフィラム」と商品名がシアナマイドとなっている「シアナミド」が抗酒薬となっています。

この薬はアルデヒド脱水素酵素を阻害することであえてアセトアルデヒド濃度が上昇しやすくなる状況を作り、お酒を飲んだことで発生する頭痛や動悸といった症状が出やすくするというものです。

つまり、お酒を飲むことで確実に体調が悪くなるように仕向ける薬でありこの薬を飲めば「お酒を飲むと体調不良になるから飲まない」という状態を作り上げることができます。

アルコール依存症の治療期間は?


アルコール依存症における治療期間はほとんど決まっておりません

というのも、入院してある程度の禁酒ができる状態になったとしても、その後も通院する生活になってしまう人も多いので長期間病院通いの生活が続いてしまうようになるからです。

そのため、完全に薬や病院に頼らない状態である「完治」と呼ばれる段階になるまでにはものすごい時間がかかるということになります。

入院期間だけを見てみると、10週間程度となっていますが、退院後の通院や自助グループへの参加は一生と明言する医師もいるので、期間を定めることはできません

アルコール依存症の治療にかかる費用において保険は対象?


アルコール依存症は病院の力が必要なので、もちろん治療費が発生します。

問題はこの治療費は保険対象となっているのかどうかです。

答えは、保険対象として考えても問題なしとなります。

というのも、アルコール依存症はWHOで病気として正式に認められているので保険対象となるのは当たり前のことなのです。

アルコール依存症の人を入院させるには?


アルコール依存症は薬による治療もできるようですが、基本的には離脱症状やしっかりとした禁酒を行うために入院します。

しかし、人によっては入院なんかしたくないと断固拒絶することもあります。

このアルコール依存症は本人が断酒しないかぎり治らない病気であり、入院させないとどうしようもない部分も多いので説得するしかありません

無理矢理入院させようとしても、本人の同意がないと入院させることが今の日本はできないと言われております。

つまり、説得することができない限り永遠の壁として存在し続けてしまうと言うことです。

そのため、入院させるには少しでも本人が冷静な時を狙って何とか説得するという回答しかありません。

アルコール依存症の再発を防ぐポイントは?


アルコール依存症は簡単に再発します。

そのため、何があってもお酒を飲まないという決意が何よりも重要になるのです。

この部分がもろい人はいくら治療をしてもすぐに再発するでしょう。

コツとしては本人が周りの人たちに「自分がアルコール依存症だったから再発防止のために二度と飲まない」と断言することでしょう。

そうすることでお酒を飲もうとしても周りの人たちが阻止してくれる確率も上がります。

飲み会へのお誘いも減りますので再発率も下がるでしょう。

あとは、お酒以外の生きがいを見つけて禁酒生活日記でもつけるようにすると効率が上がります

その他には、家族がアルコール依存症に対する正しい知識を身につけて、対応方法を学ぶことが重要になります。

ソーシャルワーカーや臨床心理士といった専門家がよく家族教室で講義を行っていますので、積極的に参加してください。

アルコール依存症の病院での薬など治療法と入院や治療期間のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はアルコール依存症の対応や治療法について記載して参りました。

この病気は本人の意志次第で防げるものではありますが、それがなかなか難しいのが実状なので、ひどいアルコール依存症の人は入院して治療を受けるのが最良となってしまいます。

しかし、今の日本の法律では本人の同意がないと強制入院もできない状態になっておりますので、断固として入院を反対する人がいると対応も困難になるのです。

この部分は法律を変えてくれることを期待するしかないでしょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)