癜風の原因【ステロイドやストレス?】と症状や放置する影響

癜風の原因【ステロイドやストレス?】と症状や放置する影響



癜風の症状やステロイドなど原因や治療法【うつる?】

癜風は肌にトラブルを引き起こす病気の一つで、原因ステロイドストレスにあるという声も多いです。

肌トラブルと言ってもいろんな症状があり、この症状を知って振り返ってみると放置していてうつる状況を作っていたかもしれないと感じてしまうこともあるでしょう。

今回はこの癜風についてお伝えし、そもそもどのような病気なのか、うつる可能性があるのかどうかを記載して参ります。


Sponsored Link


癜風とは?症状は?


癜風はかゆみとともに顔・体幹・頸部・腹部などにサーモン色・淡い黄褐色・褐色サーモン色・白色といった鱗屑(りんせつ:皮膚の表面の角質細胞が、細かくはがれ落ちたもの)を伴う斑が出現してしまうという皮膚のトラブルです。

色の変化についてはもともと色が薄い人はやや濃い色に、色が濃い人はやや薄い色になると言われております。

この癜風はある程度悪化しても痒みが発生しないことが多く自覚症状が殆ど無い状態で症状が進行することもしばしばあります。

とくに見えにくい背中で発生した場合はひとり暮らしの間は気がつかないこともあるでしょう。

発症初期に症状が急激に悪化すると軽度の浮腫や発赤を伴うことがあるようです。

色素斑が特徴ですが紅斑・褐色斑・白斑など色とりどりです。

春から夏にかけて悪化する人が多いようです。

癜風はうつる?


皮膚病トラブルできになるのは、それが他の人にうつるかどうかでしょう。

これは様々な解説記事を見てきましたが、常在菌として体内に存在している真菌の異常繁殖などが原因なのでほぼ人にうつることは無いと考えられております。

あるとすれば、長時間の接触感染でしょう。

プールで発症している子供がいるならばうつされる可能性は少ないですが存在しているという記述もありました。

そのため、発症してしまった場合は医師と先生に相談してプールに入っていいのかどうかを確認しておきましょう。

皮膚トラブルが発生していると見た目でも変化がわかりやすく子供は過敏に反応するので、可能ならば休ませた方がいいでしょう。

最悪いじめの原因にもなり得ます。

もとからいる菌が増えて悪さをしているので、皆が皆すでにある意味感染していると言えるのでしょう。

普段ならば悪さをしない菌なので増えすぎる何らかの原因があると発症してしまう人もいると考えられると良いでしょう。

白癬などの他の皮膚真菌症はうつる可能性がありますが、この癜風はほぼうつらない病気なのですが、見た目のインパクトがありますので注意しましょう。

癜風の原因【ストレスやステロイド?】


既に記載していますが、癜風の原因は原因となる真菌の異常繁殖です。

そこまで数が多くなければ特に問題の無い真菌なのですが、増えすぎることで様々なトラブルを引き起こします。

癜風の原因となるカビは「マラセチア属」と呼ばれるグループにすべて属しているようで先ほどから解説している真菌は「癜風菌」や「マラセチア」と言われることが多いようです。

問題はこのマラセチア属がどうして増えるのかです。

ここがはっきりしないと原因特定が出来ません

遺伝や体質的にマラセチア属が増えやすいという人もいると言われておりますし、高温多湿な環境になると増えやすくなるという情報もあります。

あとは皮脂が大量に出る体質の人、つまり脂質の摂取量が多い人や肥満体質の人も発症確率は高いと言えます。

脂漏性皮膚炎との関連性も高いと言われていますので、顔の癜風は同時に発症する可能性があります。


Sponsored Link


昔からニキビ肌だった人は、顔のTゾーンに皮脂が多くなる傾向にありますので体質的に癜風になりやすいと言えるのではないでしょうか。

他には免疫力を低下させてしまう状況も危険と考えましょう。

ステロイドの継続的な摂取も免疫力が低下する恐れがありますし、ストレスのためすぎも良くありません。

他の病気で免疫力が低下してしまっている人も要注意です。

他にも女性ならば妊娠期間中は発症する確率が上がると言われておりますし、生理期間中はイライラが強くストレスが溜まるという人も発症確率が高まるでしょう。

無理なダイエットによる栄養不足やイライラもなにげに免疫力の低下を引き起こしますので、いろんな原因が考えられると言うことがわかります。

些細なことではありますが、日常的に免疫力を高める意識が重要になるのでしょう。

癜風の診断方法


痛風の診断方法は感染部分がはっきりとわかるのでまずは外観でのチェックになります。

そのため、発症している部位をチェックや細かい鱗屑になっているのかの確認のためにテープを用いての検査をした後に顕微鏡での検査でマラセチア属がどの程度増えているのかを調べることになるでしょう。

ズームブルーを用いることでマラセチア属が染色されるのでどれだけ数が多いのかがわかるとのことです。

検査方法はいくつかあるようですが、症状も特徴的ですし表皮に発症するものなので検査も診断も比較的簡単になっていると考えて良いでしょう。

癜風は放置しても大丈夫?


癜風は皮膚病の一種ですし、症状もそこまで激しいものではないのですが1度発症してしまうと治りにくく、放置すると悪化する傾向にあるので治療した方がいいでしょう。

いくつかの原因から真菌が増えてしまうことで悪化する病気なので外用薬を使って治療をすれば症状の侵攻は収まるようです

また、治療が遅れれば遅れるほど色素沈着が拡大してしまうので治療が終わったとしても色がついてしまうこともあるようです。

普段から見せる部分で色素沈着が発生すると仕事上でも差し障りがありますので、早めに治療をした方がいいです。

重症化してしまうリスクはそこまで高くはありませんが、脂漏性皮膚炎も引き起こしてしまうと抜け毛が増加して髪の毛が薄くなってしまうこともありますので悪化する前に治しましょう。

癜風の治療方法


癜風の治療方法は癜風菌を減らすことにあります。

つまり、抗菌作用のある外用薬を使うと言うことです。

抗菌域の広いイミダゾール系を使うのが一般的となっていますが、範囲が広い場合はイトラコナゾールという薬を内服することになるようです。

テルビナフィン溶液のスプレーを使用やケトコナゾールシャンプーの使用などいくつかの治療方法があるので、治療方法については医師の指示に従うといいでしょう。

このように推奨されている治療を実行すれば癜風はかなり改善されるとのことですが、再発する可能性が非常に高いという情報もあります。

再発防止のために外用薬の月1回の使用やジンクピリチオンを含有する石鹸の使用、そして衛生管理やスキンケアなどにも意識しながら生活する必要があるでしょう。

この辺りはお医者さんに確認しましょう。

癜風の原因【ステロイドやストレス?】と症状や放置する影響のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は癜風という病気についてお伝えいたしました。

常在菌でも数が多くなりすぎると危険というわかりやすい例がこの癜風となっております。

この癜風や脂漏性皮膚炎は一度発症すると再発の恐れに警戒しながら生活しなければいけないので非常に厄介です。

原因で解説したように免疫力低下によって悪化することも多いので、治療後もかなり意識しながら生活をしていきましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)