ED【勃起不全】の症状や治し方【薬・改善する食べ物やサプリ】

ED【勃起不全】の症状や治し方【薬・改善する食べ物やサプリ】



心因性などEDの原因や治し方【治療薬の副作用】生活習慣は?

男性にとって非常に悩ましい病気が勃起不全となるEDです。

このEDにはどのような症状があるのか、治し方はどのようなものであるのか、の服用なのか、食べ物サプリを厳選すれば改善する病気なのかと色々気になるかと思います。

いったいどのように発症して、どのように治る病気なのかわからない人は多いでしょう。

そこで、今回はこのEDについて調べ、原因や治療方法についてまとめていきます。


Sponsored Link


EDの症状


EDについてすっごくシンプルに言ってしまうと、性交渉をするときに勃起することができなくなってしまうので、性交することができなくなり結果的に子供ができなくなってしまう病気です。

なかなか勃起することがなくなったとか、性交渉がうまくいかなくなってしまった場合の最大の原因がこのEDにあると言われており、日本では500万人近くの患者がいると推測されています。

ある意味社会問題となっているのです。

もちろん、症状はこの勃起不全だけなのですが性交渉において全くの自信喪失に繋がってしまうので、メンタル的に追い詰められてしまう人も中にはいます。

このメンタル的に追い詰められてしまう人はうつ病などの別の病気にまで繋がってしまう恐れもありますので、たかがEDと侮って放置するのは危険です。

EDの原因は心因性?


問題はこのEDは何が原因となっているのかです。

基本的にこのEDには生まれつき何らかの問題があって勃起障害になってしまっている一次性のインポテンツと、今までは問題なかったのにとある時期を境にインポテンツになるという二次性のものが存在します。

一次性の場合は何らかの病気で二次性徴(思春期くらいに現れる男女の差異)が発現しなくなってしまった人たちですが、二次性のものは若い人ほどメンタル的な部分が原因となっていることが多く、高齢者は加齢・生活習慣病・神経系の病気・前立腺癌や膀胱癌といった加齢や何らかの病気によってEDになってしまうようです。

もともと、男性が性的刺激によって勃起する仕組みは、性的刺激が発生したときに脳から信号が発せられて陰茎海綿体と呼ばれる動脈が大きく広がり血液が大量に流れ込むようになることで勃起するというものです。

つまり、動脈硬化などで血液がうまく流れないような人は勃起が発生しなくなるということになります。

メンタル的な人も病気が原因の人も、性的刺激→脳から信号→陰茎海綿体が大きく広がる→陰部に血液が流れる、といった流れのどこかに支障がきたされているということになります。

EDの治し方【漢方薬など薬による治療】


一次性のインポテンツの人は二次性徴を発現させることができれば問題なく機能するようになりますので、男性ホルモンを充填するといった治療を定期的に行っていくことになります。

問題は二次性のインポテンツです。

この二次性のインポテンツにはいろんな原因が当てはまるので、まずは原因がなんなのかを特定することから始まります。

そこでメンタル的な部分が原因だった場合には、心理療法や行動療法が行われますがなかなか効果が出ないというケースもありますので、その場合にはホルモン療法や薬や漢方薬を使った治療となるでしょう。

実際に、このEDは世界的な問題なので世界各国で薬が開発されておりかなりの速度で進化しております。

現在におけるED治療に用いる薬はバイアグラ・シアリス・レビトラなどの比較的安い薬でありこれらの薬は病院に行けば高確率で処方して貰えるでしょう。

漢方の場合はそれがメンタル的なものなのか、器質的なものなのかを調べた後に牛車腎気丸柴胡加竜骨牡蠣湯等の漢方を処方することになるでしょう。

薬の副作用は?


ここで心配になるのが、これらの処方されている薬には副作用が存在するのかどうかです。


Sponsored Link


これらはどのような治療法を行ったのかにもよりますが、EDを治すために使われる薬は高確率で副作用が現れるようです

たとえば、有名なバイアグラやレビトラの場合は頭痛・ほてり・めまいといった軽度の症状が9割程度の確率で発生すると言われておりますし、副作用が少ないと言われているシアリスだって同じような症状が3割程度の確率で現れると言われているのです。

つまり、軽い副作用ではありますが、これらには耐える必要があるということになります。

EDの改善に有効な食べ物


EDと食べ物と言われても無関係に感じてしまいがちですが、食生活によって血行不良になりやすい体になってしまっている人や男性ホルモンの低下を起こしやすくなっている人は確実に発症しやすくなっているので、無関係とは言い切れません。

EDを改善するためにはまず男性ホルモンの低下を引き起こさないように、欠乏することで精巣萎縮が発生する亜鉛を摂取することが求められます。

この亜鉛が含まれているのは牡蠣・アーモンド・胡麻・豚レバー・鶏もも肉などです。

あとは、血液がドロドロになればなるほどEDになりやすくなるので、高カロリー食や高糖質食は避けた方が良いでしょう。

前立腺癌の発生確率を上げる高脂肪食も避けた方が良いですし、高血圧や心疾患を引き起こす塩分が濃いめの食事も避けた方が良いようです。

EDの改善に有効なサプリメント


EDの改善には食生活や日常生活の改善が必須ではありますが、亜鉛は摂取しにくいですし男性ホルモンや成長ホルモンの分泌量を増やす作用がある食べ物を毎日一定量摂取するのは難しいかもしれません。

そこで、それらの効果がある成分が含まれているサプリメントを摂取することは有効になります。

具体的には亜鉛・ビタミンB・シトルリン・マカあたりが含まれているサプリメントが良いでしょう。

ただし、一部のサプリメントはびっくりするぐらい効果が強いので、安全性も吟味してください。

その他ED改善のための生活習慣


生活習慣が悪く血液がドロドロで、男性ホルモンや成長ホルモンが分泌されにくい生活をおくっている人はEDになりやすいです。

そのような人は病院に頼る前に生活習慣の見直しを図った方が良いでしょう。

実際に糖尿病の人や肥満体型の人ほどEDになりやすいという統計データが出ているので、それらの生活習慣病を遠ざけることが重要となります。

つまり、規則正しい食生活をして、運動をこなして体型を維持し、メンタル的に追い込まれないように趣味をする時間を設けるなどの対策をとり、夜は早めに寝るという生活が必要になると言うことです。

EDを予防する対策は?


生活習慣病になってしまう人ほどEDになりやすいので、まずは生活習慣病を避けることが何よりの対策となります。

あとは、食生活において亜鉛を摂取できるようにして高カロリー・高糖質・高脂質・高塩分の食事は止めるようにしてください。

それだけでも発症確率はかなり抑えられます。

つまり、日常的に健康に気を配った生活をすればするほど発症確率は下げられると言うことです。

特に、高齢者になればなるほど基礎代謝が低下して消費カロリーが減ってしまいますので、運動をする時間を増やすといった対策をとりましょう。

ED【勃起不全】の症状や治し方【薬・改善する食べ物やサプリ】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はEDについてお伝えいたしました。

いわゆる勃起不全になる病気なのですが、このEDになってしまう原因というのは多岐にわたりますので実際に発症してしまうと原因特定に苦労するという人が多いです。

原因がつかめないと治すことも困難なので、まずは発症しないように食生活や日常生活をケアし続けるしかないでしょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)