疲労感【全身・足・寝起き】の糖尿病やうつ病など原因と対策

疲労感【全身・足・寝起き】の糖尿病やうつ病など原因と対策

易疲労感など疲労感の原因と対策について

易疲労感など疲労感は非常に辛いものがあり、やる気が出なくなる原因となります。

その疲労感全身に出ることもありますし、のような局部に出ることもあるでしょう。

また疲労感を強く感じるタイミングにつきましては寝起きが多いという方も結構いらっしゃっています。

ちなみに疲労感が起こる理由には色々ありますが、うつ病糖尿病によってもたらされることもあると言われております。

それでは今回は疲労感原因について触れたいと思います。


Sponsored Link


全身の疲労感の原因は?


何となくすべての行動にやる気が出なくなってしまうのが全身の疲労感です。

活動する上では問題ないのですが、すべての行動が少しずつずれるように感じたり集中力に欠ける状態がずっと続くのは非常にしんどいものです。

この全身疲労の原因は大きな肉体的な疲労か精神的な疲労がもととなっている可能性が大きいでしょう。

それ以外では、うつ病・自律神経失調症・貧血・更年期障害・不眠症・肝臓疲労・慢性疲労症候群・潜在的ビタミンB1欠乏症・糖尿病といったものが考えられます。

もちろん、風邪やインフルエンザにかかってしまった時も、体調が悪くなって全身疲労の状態になってしまうこともあります。

しかし、疲労感が出る病気や症状というのは非常に多岐にわたるので、これだけで何が原因なのかを特定するのは困難でしょう。

易疲労感の原因は?


易疲労とは疲れやすい状態のことを言い表しております

ちょっとした運動でも疲れが出てしまうのがこの症状で、おそらく諦めている人も多いのではないでしょうか。

生まれつき虚弱体質気味の方は体力や持久力が少ないので疲労がすぐに出てしまうでしょうし、花粉症などアレルギーのある方はそれらが流行る季節になると身体に負担が頻繁にかかるようになるので疲れを感じやすくなることもあるでしょう。

このように原因は様々なので一つに絞ることはできません。

うつ病や重症筋無力症、悪性貧血でも易疲労感が生じるようになるので他にどのような症状があるのかを確認するようにしましょう。

寝起きの疲労感の原因は?


多くの方が体験しているのが寝起きのしんどさです。

朝に目覚ましで無理やり起きたとしても、あまりにもだるすぎて何も行動したくないと感じたことはおそらく多くの方が経験しているでしょう。

しかし体に鞭打って、無理やり動かして出勤までさせるというのがよくあるパターンかと思います。

この寝起きの疲労感もうつ病といった病気が原因と言われていますが、他にもかなり眠りが浅いということも考えられます。

この眠りの浅さは深刻で、10時間寝ても眠りがかなり浅い人だと疲れがほとんど取れないことがあるので、睡眠時間的には不足していないのに体がシンドイという状態になってしまうことがあるのです。

この睡眠の浅さの拝啓には精神的ストレスが考えられ、解決する方法は食生活の見直しや脳をできる限りリラックスさせることなので、必須アミノ酸のトリプトファンを摂取する量を増やすとか、寝る3時間前に食事をするのを止めるとか、寝る前にはテレビやパソコン、そしてスマホのブルーライトを見ないようにするというのが有効になります。

糖尿病での疲労感の原因は?


糖尿病の症状の一つに疲労感というものがあります。

その最大の原因は糖代謝異常が発生してしまっていることでエネルギーがうまく摂取できなくなってしまっているので、エネルギー不足になってしまっていることでしょう。

糖を摂取したとしても、インシュリンが正常に働かなくなってしまうと糖分をエネルギーとして利用できなくなってしまうので、エネルギー不足になり、倦怠感や疲労感が出やすくなってしまうのです。

糖尿病による疲労感を無くすには高血糖状態を改善するしかありません。

そのためにも、食事療法と運動療法を取り入れていくことになります。

ちなみに1型の糖尿病患者の場合はインスリン投与による薬物療法が必須となるようなので、薬物療法と食事療法、そして運動療法を合わせて行うようになるでしょう。


Sponsored Link


足の疲労感の原因は?


足の疲労感の原因はシンプルに使いすぎの可能性が最も高いでしょう。

使いすぎることで筋肉が固まってしまうので、血液循環効率が一気に低下し、疲労物質が蓄積するようになるのです。

足は心臓から最も遠いので血液の循環が停滞しやすく、対策を講じないと疲労が溜まってしまうのです。

特に、立ち仕事をしている方や肉体労働が基本の方々はストレッチといったケアを行わないとその疲労は蓄積されていってしまうでしょう。

他にも気象シンドロームによって、不調が足に出てしまうこともあります

あとは下肢静脈瘤と糖尿病腎症というものが発生しても足の疲労感が出るようになってしまうので、注意してください。

主に考えられる点は以上ですが、他の原因によって引き起る可能性もあります。

うつ病での疲労感の原因は?


うつ症状の中に疲労感というものがあります

うつ病になると様々な症状を伴うようになります。

不安感・無気力・吐き気・体重減少・頭痛・口の渇き・便秘・無関心・絶望感・ストレス過多・不眠症などいろんな症状が襲ってくるので、心も体も蝕まれていくのです。

このうつ状態が続くと血管が収縮し血行が悪くなります

こうなると、体中に栄養や酸素が十分行き届かなくなり、老廃物も溜まりがちになので疲労感が多発するようになるのです。

この疲労感がさらにやる気をなくしてしまうので、うつ病を深刻化させてしまい、精神的に落ち込んでしまいます。

精神的に落ち込むことでまた血行が悪くなり…と悪いループにはまってしまうので、一刻も早く抜け出す必要がるのです。

疲労感にめまいや頭痛も起こる原因は?


立ち仕事やパソコン業務を一日中行っている方々は肉体的な疲労も精神的な疲労も感じることがよくあります。

特に、同じ姿勢で同じ動作をひたすら繰り返している人は特定の筋肉のみを酷使している状態になるため、その部分が異常に凝り固まってしまい、頭痛やめまい、そして目の奥の痛みを誘発することがあるでしょう。

さらに、疲労が蓄積されていることで疲労感が襲うこともあります。

他にも病気の可能性があります。

先に挙げたうつ病の他、むち打ち症、脳脊髄液減少症など様々なものがありますし、めまい・頭痛・疲労感以外に熱とか咳といったものが加わるのならインフルエンザや症状の重い風邪でも発することがあるでしょう。

また疲労感、頭痛、めまいといった症状は自律神経の働きが乱れることによっても引き起こされたりします

疲労感への対策は?


疲労感がなかなか取れない人たちの対策はまずは睡眠の質を上げることです。

睡眠の質を上げるには自律神経の働きを整える必要があります

そのためにも、規則正しい生活を心がけることが大切です。

食生活の見直しを行い脂っこいものを減らして腸内環境を整えるのも重要です。

他には、脳をリラックスさせるためにもパソコンやスマホは寝る1時間前に触るのは止めたほうがいいでしょう。

現代人では難しいことかもしれませんが、パソコンやスマホの光を長時間浴びていると脳が興奮状態になってしまうので睡眠の質が低下します。

また、精神的ストレスがかかりすぎていると睡眠がとれなくなってしまうことも多々あるので、ストレス解消法を見つけて必ず隙間時間に実行できるようにしてください

 

疲労感につきましては次のページも参考にしてください。

疲労感と眠気の原因は肝臓の病気?頭痛や動悸を伴うのは?

易疲労感の原因【貧血・心不全・糖尿病など】と改善法

筋トレで疲労感が取れない!翌日の倦怠感を防ぐには?

疲労感が抜けない原因は病気?9月病って?回復はサプリで?

 

疲労感【全身・足・寝起き】の糖尿病やうつ病など原因と対策まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は、疲労感の原因についてまとめてきました。

疲労感や倦怠感というのは多くの社会人において蓄積されてしまっており、もう慣れてしまっている方も多いでしょう。

例え、ちょっと疲労感があったとしてもそれを気にすることなく働き続けるのが一般的となっているように思います。

疲れは体を蝕んでいく危険があるので、疲労感を当たりまえと思わずにその疲れから解放できる状況をきちんと作るよう心がけて頂けたらと思います。

長く続く場合はやはり病院で診てもらった方が良いでしょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)