うつによる倦怠感や眠気・吐き気の原因と解消・改善法は?

うつによる倦怠感や眠気・吐き気の原因と解消・改善法は?

うつだと朝から倦怠感?薬などうつ病の改善法・予防法は?

うつとは社会人ならだれもがなる可能性があり、それによる倦怠感の他に眠気吐き気といった症状を伴う方もいるでしょう。

そのため、何とかうつをもたらせている原因解消法などの改善策を知り、良くなりたいと思われていることでしょう。

場合によっては強い倦怠感から良くなりたいという気力さえ湧かなくなっている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、今回はうつによる症状原因改善法についてできる限り詳しく触れたいと思います。


Sponsored Link


朝から倦怠感があるのはうつ?


うつ症状の一つである倦怠感は、感じたことがある人なら元気な時と比べると活動する気力が全くわいてこないので、その日一日が非常に憂鬱になります。

ただし、簡単にうつと決めつけられるものでもないのです。

うつ以外の倦怠感の原因というのも実はたくさんあって、過労・睡眠不足・日々の疲れ・過度なプレッシャー・栄養バランスの乱れ・更年期障害・自律神経失調症など非常に多岐にわたるのです。

もちろんこれ以外にも、風邪といった病気による倦怠感の可能性もあります。

もっと細かく分類わけすれば、慢性疲労症候群・風邪・がん・肝臓病・腎臓病・糖尿病・睡眠時無呼吸症候群など様々な病気も考えられます。

このように、倦怠感はうつの可能性もありますが、他の病気や原因から引き起こされていることもあるので倦怠感のみで症状を決めるのは避けたほうがいいでしょう。

うつで倦怠感が出る原因は?


うつ病の症状としても多いのが抑うつ気分という憂鬱になる・気分が沈む・テンションが上がらない・気が滅入ることが増えたといったものになります。

しかし、うつ病が発生するメカニズムはいまだはっきりされていないので、原因や仕組みが明確になっていないのです。

最も代表的な説は神経伝達物質が欠乏していることで発症するというもので、その引き金は慢性的な疲労・ホルモンバランスの変化・激しい感情の変化・過度なストレスなどで何らかの過度なストレスが引き金になることが多いということのようです。

特に、社会人の方々は人間関係からくるストレスが異常なまでに悪化して、仕事によるプレッシャーもかなり重くなるような状況にさらされやすく、こういったストレスが大量に積み重なることで、神経伝達物質が欠乏するようになるといった異常が出るようになると考えられているのです。

倦怠感に眠気が加わるケースの理由は?


うつ病になってしまった方は多くの方々が倦怠感と眠気を訴えます

この眠気の最大の原因は睡眠障害で、寝つきが悪くなってしまってほとんど眠れなくなったり、眠っていたとしても予定より早くに目覚めるようになったり、寝ていても頻繁に目が覚めるようになったり、さらには眠りが浅いと感じて良く寝たという感じが全くしなくなったりと色々な障害が引き起こされるのです。

中途覚醒・熟睡間の喪失・早朝覚醒・入眠困難といった睡眠障害のうちどれか一つでも発生している方は日中がとにかく眠くなります。

これらの症状がいくつも同時に発生している人は日中の活動に支障が出るようになるでしょう。

中には、これらの睡眠障害は無いけれどいくら眠っても寝たりないという過眠症状が引き起こされている人もいるようです。

倦怠感に吐き気が加わるケースの理由は?


うつ症状の中には吐き気というものがあって、倦怠感とセットで症状が出てくることがあります

うつ病と吐き気は結びつかないと思いますが、うつ状態の人は神経伝達物質の生成がうまくいっておらず、セロトニンの数も減少するようになります。

セロトニンは胃や腸のぜん動運動を助けているので、このセロトニンの数が減少することで胃腸の動きが鈍くなってしまって、消化速度が減少し、吐き気が誘発されるようになることがあるのです。

セロトニンは脳に関係する物質と思われがちですが、消化器官粘膜に多く存在している物質なので、セロトニンの減少は消化器官系の異常に直結してしまうのです。

そのため、下痢や便秘といった症状が出やすくなってしまい、吐き気も誘発されたりすます。

また、抗うつ薬の副作用にも吐き気があるので、薬を飲んだ結果、吐き気の症状が出てしまっている方もいるかもしれません、

うつ病を発症してしまう原因は?


うつ病の原因はストレスや大きすぎる精神的なショックになります。


Sponsored Link


このストレスについてもっと具体的に解説すると、まずは精神的なストレスがあるでしょう。

精神的なストレスは様々なプレッシャーや人間関係からくるものなので、人間すべてが大なり小なり感じてしまうストレスです。

次に紹介するのは化学的ストレスで、栄養不足や一部の栄養素を過剰に摂り過ぎていることで脳にストレスを感じている現象で、知らず知らずのうちに引き起こされるものとなっております。

また、身体の歪みからくる構造的ストレスというものもあり、背骨や骨盤の位置が歪むことで脳にストレスがかかることもあるでしょう。

熱すぎるとか寒すぎるといった気温によるストレスもありますし、異常なまでの湿度からくる不快感からストレスに繋がることもあります。

このように、精神的なストレス以外にも脳がストレスを感じる要因はたくさんあるので、それらが積み重なってしまうことで、うつ病が発症してしまうようになるのです。

うつによる倦怠感の解消法は?

疲労感や倦怠感が抜けずに困っている人の解消法をいくつか記載します。

基本的なことですがなかなか実行できないものかもしれませんので、一つずつ可能な範囲で行っていきましょう。

倦怠感を解消するためにも大切なことは休息をすることになります。

そのためにも、休暇をとったり十分な睡眠をとってください。

しかし、社会人の場合は休めないし、うつ症状が出ているのなら眠れない人もいるでしょう。

そのような方はできる限り開き直って物事を楽観的に考えてみたり、合間合間に明るい気分になるよう気持ちの切り替えを行なってみたりするよう心がけましょう。

それでも改善しない場合は、カウンセリングを受けてみたり、病院やに行って薬をもらうといった方法があるでしょう。

次に大切なことは栄養補給になります。

特にバランスの悪い食事をしている人は気を付けてください。

また、ビタミンB群・ビタミンC・アミノ酸・クエン酸あたりは多めに摂取するといいでしょう。

精神的な疲労から倦怠感の回復阻害に繋がっていることもあるので、ストレス解消は適時に行ってください。

このように、基本的な行いですがうつ病からくる倦怠感は特効薬がなく、日常生活の改善や物事を楽観的に前向きに明るく考える心がけ、カウンセリングによる心の緩和、病院に行っての薬の処方といったものが主となるでしょう。

うつによる倦怠感を改善させる方法「薬」について


うつによる倦怠感を改善するには、うつ病を無くさないといけません。

うつ病を無くすのは非常に困難でいまだに多くの方々が苦しめられています。

そのため、100%治るといった方法は無いのですが、治る確率が上がる行動というものはいくつかあります。

その中の1つに精神科の薬を飲むというものがあります。

ただ、本来は自分の中にうつ病を改善する力は備わっているはずなので、まずは休息を取ったり、日常生活の改善や心をコントロールする心がけを実践してみてほしいと思います。

その上で、どうしても改善がみられない場合は薬に頼るのも1つの手段になるかと思いいます。

ただその時の注意点は短期的に使用するということと考えています。

長期間の使用になるとなかなか薬から抜け出せなくなる可能性もあるように思います。

この辺りは薬を処方されるお医者さんと良く相談されると良いかと思います。

うつを改善した後の予防法は?


うつ病は再発する確率が高い傾向にあります。

理由はうつになる大きな原因の1つに思考パターンというものがあるからです。

複数の人に同じような事象が起こったとしても、そこで生じる心の負担は人それぞれで、楽観的な思考パターンの方はうつにはなりにくいですが、深刻に考えがちな方はうつの方向に近づきやすいです。

この思考パターンは容易に変われば良いのですが、そう簡単には変わらなかったりもするので、再発してしまいやすくなるところがあります。

そのためにも、うつ症状を起こしやすくしている思考を変えるようにする心がけは勿論、うつ病が治った後にもカウンセリングを受けたり、生活習慣が乱れないよう心がけたりと再発しないよう心がける必要があるかと思います。

 

倦怠感につきましては次のページも参考にしてください。

花粉症で倦怠感と眠気・筋肉痛・微熱・寒気を伴う原因と対策

全身倦怠感の原因は?糖尿病や肝硬変・がんなど病気?

倦怠感と微熱に腰痛・空咳・眠気・頻脈・頭痛などを伴う原因

 

うつによる倦怠感や眠気・吐き気の原因と解消・改善法は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は、うつによる症状や原因について解説しました。

うつ病はストレスのかかりやすい現代社会においての象徴的な病気であり、これからも増え続ける懸念があります。

何とか物事を楽観的に明るく考えるなどストレス解消の手段を身に付け、自分の心は自分で守るよう心がけて参りましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)