突き指の症状や骨折との見分け方や応急処置【治し方は?】

突き指の症状や骨折との見分け方や応急処置【治し方は?】



突き指時のテーピング法や治し方【病院の何科に行く?】

突き指は学生時代の体育や部活動などで多くの人が経験しがちな負傷の一つです。

そのため症状もある意味で知れていることでしょう。

しかし、応急処置治し方をしっかりと理解している人は少ないのでは無いでしょうか。

それから骨折との見分け方はあるのでしょうか?

大人になると肉体労働が少ない人ならば突き指になることは少ないのですが、お子さんがいるのならば対処法と見分け方などは覚えておいて絶対に損はありません。

そこで、今回は突き指について調べていきます。


Sponsored Link


突き指とは?症状は?


まず最初に突き指の定義づけから始めましょう。

突き指とは何らかのダメージによって「指の一番先端の指骨か2番目の指骨が損傷してしまうこと」です。

もっと大まかな説明になると何らかのダメージで指の関節などが腫れてしまう状態のことを言います。

軽傷ならば軽い捻挫や打撲で済みますが、当たり所が悪かったりダメージが大きすぎると腱の断裂や脱臼や骨折を伴う突き指になりますので非常に厄介な状態になります。

要するに、指の第一関節を伸ばす伸筋腱に損傷が発生した結果、靱帯損傷・腱損傷・軟骨損傷・骨折・脱臼などが発生することもあり、それも突き指には含まれているということです。

たかが突き指と感じる方もいるでしょうが、症状が重いものも存在しているので注意しましょう。

とにかく関節部分でトラブルが発生しやすいのが突き指なのでそれぞれの指の第一関節には注意してください。

親指の場合は付け根の部分にもダメージが入る可能性が高いのでそちらも警戒しましょう。

突発的に起こるものなので、警戒するのは難しいかもしれませんが。

突き指と骨折の見分け方


先ほど説明したように突き指には靱帯損傷・腱損傷・軟骨損傷・骨折・脱臼などが含まれているので、同じ突き指でも症状が大きく異なります。

ただし、症状が重くなると痛みや腫れが圧倒的にひどくなるので、確実に違いはわかるでしょう。

特に突き指でも軽いものならば放置することで痛みは殆ど治まるのですが、骨折している場合はいつまでたってもなかなか痛みが消えずに湿布などの対応をしても殆ど効果が無い状態が続きます。

剥離骨折をしていても痛みを我慢すれば動かせることもありますが、いつまでたっても治らないなら病院で診てもらった方がいいでしょう。

特に重度の突き指は自力で殆ど動かせずにパンパンに腫れてしまう状態が続きますので、骨折かどうかもわからないのです。

関節周りが腫れていても脱臼や骨折の可能性もありますので、痛みがひどい時はすぐに病院に行きましょう。

突き指の応急処置は?

突き指の正しい応急処置はRICE処置に伴ったものですが、ある程度決まった方法があるのでまずはそちらを紹介します。

まずは添え木などを用意して患部を固定します。

指にあてがえる添え木はなかなか見つからないので、テーピングを使ってとにかくテーピングで固定しましょう。

固めるときは軽く曲げた状態にしてから固定し、その後は保冷剤などを使って冷やして安静にしてください。

添え木には割り箸・ボールペン・ペーパークリップなどを使えば大丈夫です。

基本となるRICE処置ですが、安静にして冷却して圧迫して深層よりも高い位置に置くという対応になりますので覚えておきましょう。

これが応急処置の方法ですが、大きな変形が発生したり骨があからさまに見えているような状態ならば応急処置はせずにとにかく病院に行ってみてもらいましょう。

テーピングのやり方は?

(突き指の応急処置(初期治療)法  亀岡市 南丹市 整体 しゅはら鍼灸整骨院)


Sponsored Link


突き指の応急処置の方法についてはまず動画をご覧ください。

こちらが最もわかりやすく解説してあり、先ほど説明したRICE処置をきちんと説明しながらもどのような処置をすればいいのか解説してくれています。

とっても親切な動画です。

指のテーピングをする場合は次の動画「突き指(示、中、薬、小指)のテーピング」をご覧ください。

関節と関節との間で内側から指先に向かって関節を通り斜めに指先に向かうようにテーピングして行きましょう。

関節と関節の間で横に巻いていき指の付け根に進むイメージです。

これも文字だけではちょっとわかりにくいので動画をご覧ください。

あやふやなイメージで治療を行うことが圧倒的に危険なので、動画を見て頭の中でしっかりとイメージできるようにしましょう。

そんなに長い動画ではないので最後までしっかりと確認してください。

突き指は引っ張って治す?

突き指を引っ張って治そうとする人がたまにいますが、これは迷信以外の何物でも無いので絶対にやってはいけません

悪化するだけです。

突き指の症状が重い人は脱臼や神経損傷をよりひどくしてしまい当分治らない状態にしてしまう恐れがあるので絶対にやらないでください。

診断をした後の医師が骨折や脱臼の整復措置として引っ張るという対応をすることがありますが、これは「すでにどのような状態になっているのかを理解して引っ張ることが正解だとわかっている」ため実行しているのであって、状態も何もわかっていない素人がやっていい方法ではないのです。

やはり基本はRICE処置になりますので、必ずこれを守りましょう。

無理にひっぱったり伸ばしたりせず患部を休ませることを意識して、固定したら冷やしてあげましょう。

突き指の治し方【病院の何科に行く?】


突き指になってしまった場合まずは病院に行くかどうかを考えましょう。

その判断基準は明らかに変形している・自分の力で曲げられない・関節を動かそうとするとすごくいたい・パンパンに腫れている・痛みがいつまでも残っている、などが該当します。

これらの一つでも当てはまったら病院に行った方が良いでしょう。

このような状態になってしまった場合は早急に整形外科に行ってください。

そこまで痛みがひどくないいつもの突き指と判断した場合は、しっかりとRICE処置をしてください。

テーピングなどで固定して冷やしましょう。

湿布を一応しているという方も多いのですが、湿布よりもアイシングの方が効果は高いので、アイシングしましょう。

ただし、やりっぱなしではなく患部に10~15分程度当てるだけでいいです。

1日1回は冷やしましょう。

指が変形する可能性も?


突き指になったとき、当たり方が悪いと伸筋腱が伸びるか骨折によってマレット変形という木槌のように曲がってしまうことがあります。

第一関節が曲がって完全に延びきらない状態になってしまうのですが、野球のキャッチャーのポジションにいる方が高確率でなると言われております。

とにかく第一関節に屈折方向への力が加わり続けることで伸筋腱の断裂が発生しやすくなるので、練習のしすぎで突然指が変形するケースがあるのです。

これを医学用語で「マレット指」と読んでいるのですが、放置して治るものではないので治療法は手術しかないようです。

突き指によって変な曲がり方をしている時は放置して治ることは非常に少ないので、必ず整形外科で診てもらうようにしましょう。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回は突き指の症状や対処法について記載いたしました。

あまりにも身近にある突き指ですが、症状が重いと骨折や脱臼の可能性すらありますので、症状をよく見てください。

ある程度医学に詳しい方や突き指や捻挫を見慣れている人ならば危険かどうかが見ただけでもわかりますので、突き指した場合は必ず学校ならば保健の先生や体育の先生に診てもらうようにしてください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)