川崎病の再発する確率や年齢・原因・予防法は?後遺症は出やすい?

川崎病の再発する確率や年齢・原因・予防法は?後遺症は出やすい?

川崎病の再発率や後遺症・予防について

川崎病再発する可能性があると言われていますが、もし再発するものだった場合、年齢はいくつくらいが多いのか、確率はどうなっているのか、原因は何なのか、後遺症が出やすくなるのかが気になってきますよね。

そこで、今回は川崎病再発する確率年齢原因予防法について、後遺症は出やすいのかどうかを検証します。


Sponsored Link


川崎病の再発率は?

carinii-haien
川崎病は0〜8歳が良く発症する病気となっており、その中でも8割が5歳未満の幼児に感染する病気となっております。

過去のデータでは9-11ヶ月の乳児の患者が最も多いというものが出ており、男女比率は約1.3対1で男児のほうが多いようです。

原因がいまだにわかっていないこの川崎病ですが、なぜかアメリカでは発症例が年間3000-5000例程度で日本と比べると10分の1に過ぎない状態となっています。

そんな川崎病ですが再発する可能性はあります

実際に2015年9月に公表された「第23回川崎病全国調査成績」によると男性が4.4%、女性が3.9%の割合で再発した方がいるようです。

この再発率もなぜか昔よりも増加傾向にあるようなので、一度かかったからと言って油断してはいけないということでしょう。

 

川崎病の再発しやすい年齢は?

touhi-sissin
再発しやすい年齢は基本的に発症しやすい0〜8歳と考えておくといいでしょう。

先にも記載していますが、再発する確率は2015年9月に公表された「第23回川崎病全国調査成績」では男性が4.4%、女性が3.9%の割合になっていて、過去の記録よりも増加傾向にあります。

また、その中でも再発率が高いのが6歳までの幼児となっており、その中でさらに稀な人は2回以上の再発が発生することもあるでしょう。

再発しやすい時期は、約半数が1年以内となっているので一度発症したからと言って油断しないようにしてくださいね。

原因不明なので防ぐのがなかなか困難なものとなっていますが、基本的には1割未満なので再発確率は低いと考えるといいでしょう。

川崎病が再発する原因は?

carinii-haien-rheumatism
もともとどうして発症するかも定かではないので、再発する原因もはっきりとしたものはそこまで出てきておりません。

今のところ言われているのは初回の発病した時に冠状動脈の障害が出たかどうか、そしてグロブリンを多量に投与しているかどうか、また発症した時の年齢が低いかどうかということです。

これらの要因に当てはまっている人は発症する確率が高めになると言われています。

また、原因を読んでいただけるとわかっていただけるように、この再発は防ぎようがないので特別な方法というものはありません。

できることとして、川崎病になっていないか子供の状態を良くチェックするようにしたほうがいいでしょう。

川崎病は大人になってからも再発する?

fusin-syoujyou-otona
極めてまれなケースですが大人になってから再発するケースもあります


Sponsored Link


子供の場合は発疹・発熱といった症状で済むことも多いですが、大人の場合は胸の激痛が感じるようになったり、最悪の場合心臓発作を起こすこともあるでしょう。

それだけ聞くと怖いと感じてしまうかもしれませんが、基本的に確率は非常に低いので「再発したらどうしたらいいのだろうか」と心配するよりも、日々の生活習慣を気にしたほうがいいでしょう。

なぜなら川崎病になってしまうと心臓の冠状動脈が硬化するリスクがあるので動脈硬化になりやすいと言われているからです。

そのため、過去に川崎病になったことがある方は生活習慣病には特に気を付ける必要があります。

川崎病の再発は後遺症の確率を高める?

manseisinfuzen-genin
川崎病は病後に成人しても継続的なフォローを行う必要がある病気とされております。

それは診断が遅れて治療の開始も遅れ、合併症を引き起こしてしまった場合です。

特に不全型川崎病の場合は主な症状が当てはまらないこともあり症状が軽く見えてしまって気が付かないことがよくあるのです。

そうなると治療開始が遅れて合併症が起こってしまう可能性があります。

この合併症は心臓の冠動脈にコブができるというものです。

この合併症は治療を行った後にも残ることがあり心臓の血管に何らかの障害が発生し続けるようになってしまいます。

これを「冠動脈障害」と呼びます。

この後遺症が残るかどうかは病気の発生回数とも結びついているので、再発してしまった場合は後遺症が残る確率も高いと考えられるでしょう。

特に、再発することを知らない場合は治療が遅れてしまうケースもあるので、後遺症が発生することも考えられます。

川崎病の再発予防法は?

kumomakkasyukketu-yobou
川崎病は原因がはっきりわかっていないので、明確な予防方法はありません

今のところ有力な説は病原体の感染となってはいるのですが、あくまで有力な説と言われているだけなので解っているわけではないのです。

その他にも遺伝的要因が強いという考えがもとになっている「遺伝子説」もあります。

しかし、これらはあくまで可能性があるという段階でいまだに原因がはっきりしていないので防ぐことはできません。

しかし、後遺症が残っている方は生活習慣病にならないようにして動脈硬化や血管の老化を防ぐ必要があります

それ以外にも定期的に病院で検査を受けるようにすればよいでしょう。特にエコーや心電図などの検査は受けるようにしてください。

 

川崎病に関しましては次のページも参考にしてください。

川崎病の症状は?子供や小児・大人も発症?感染など原因は?

川崎病の後遺症の確率や症状は?不整脈など心臓に影響?

川崎病でのアスピリンの目的や副作用は?肝機能障害とは?

川崎病の症状や原因・うつるのか?治療により完治する?

 

川崎病の再発する確率や年齢・原因・予防法は?後遺症は出やすい?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は川崎病の再発する確率や年齢・原因・予防法について、後遺症は出やすいのかどうかを検証しました。

川崎病は幼児が発症しやすい病気ですが、その中でも低確率で再発をしてしまい、さらに低確率で2回以上再発するということでした。

また、極めてまれに大人になってから再発するケースもあり、その場合は重症化することもあるということでしたね。

基本的に、原因がはっきりしていない病気なので予防するのが難しい病気となっております。そのため、少しでも症状が出てきたらすぐに病院に行くようにしてくださいね。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)