胃潰瘍の原因【ストレス・ピロリ菌・薬・酒・食生活・喫煙】

胃潰瘍の原因【ストレス・ピロリ菌・薬・酒・食生活・喫煙】

ストレスやピロリ菌など胃潰瘍の原因

胃潰瘍原因にはストレスピロリ菌のせいであるとはいろんなところで叫ばれているため、詳しい仕組みが分からなかったとしてもなんとなく原因はこの2つにあると思っている人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は胃潰瘍の原因がストレスやピロリ菌、さらには食生活などの他のものにもあるのかを検証してお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


1.胃潰瘍の症状

ikaiyou-syoujyu

 

胃潰瘍は文字通り消化器系の胃の病気です。胃が胃酸で傷つけられる状態になってしまい、胃の粘膜が傷つき、胃壁も溶かされてしまいます。

 

この胃潰瘍の症状は軽いうちでは、

 

・食欲不振

・口臭

・腹痛

・吐き気

・嘔吐

・胃もたれ

 

このような症状が出てきます。

 

しかしある程度症状が重くなると、

 

・下血

・吐血

・黒色便

 

このような潰瘍が進行することによる出血によって引き起こされる症状が出てきます。

 

腹痛の原因に胃腸風邪があります。

胃腸風邪につきましては次のページを参考にしてください。

胃腸風邪の原因はストレスや食べ物が原因?症状と治療法は?

 

2.胃潰瘍の原因はストレス?

memai-hakike-stress

 

胃潰瘍の原因はいくつかありますが、ストレスによって胃潰瘍になるケースもあります。この時の胃潰瘍はストレス潰瘍と呼ばれ古くから定着している呼び名となっています。

 

なぜストレスが胃潰瘍の原因となっているかというと胃液から胃粘膜を守る働きと食べ物を消化する胃液のバランスを崩してしまうからです。

 

ストレスが溜まりすぎると自律神経が刺激され続けて交感神経と副交感神経の機能が過剰に働くようになってしまい、胃液の分泌が増加し胃粘膜の防御機構が弱まってしまいます。そうなると胃の中のバランスが狂いだしてしまい胃潰瘍になりやすくなってしまいます。

 

ストレスのみが原因で胃潰瘍になることは稀ですが、ストレスを多く受けている人は他の原因と合わさって胃潰瘍になりやすくなるのです。

 

3.胃潰瘍の原因はピロリ菌?

ikaiyou-genin-pylorikin

 

ピロリ菌は1983年に発見された胃の中に好んで住みつく菌です。それまでは胃の中は強い酸性になっているため細菌が住めないと言われ続けたため発見まで時間がかかってしまったようです。

 

このピロリ菌は粘液の下にもぐりこむことで胃酸から逃れることができ、さらにはウレアーゼと呼ばれる胃粘液の成分である尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する酵素をまき散らします。

 

このようにピロリ菌が発生させる毒素が胃粘膜に障害をもたらしてしまいます。こうなると胃粘膜の修復が間に合わなくなってしまい、胃潰瘍になりやすくなってしまうのです。

 

4.胃潰瘍の原因は薬?

ikaiyou-genin-kusuri

 

胃潰瘍にはピロリ菌やストレス以外にも薬の副作用でなる可能性があります。それは解熱や痛みや炎症を抑えるために使われる非ステロイド性抗炎症薬(NASID)です。

 

この非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の副作用に胃酸の分泌を増やすことと胃粘膜の血流を悪くする作用があるため、胃炎や胃潰瘍になる確率を上げてしまいます。

 

もともとこの薬は鎮痛作用や抗炎症作用を期待されて使われるもので、変形性脊椎症や腰痛症などの痛みを伴う整形外科疾患で使われることが多いのです。

 

もっとも短期の服用なら副作用はとくに気にする必要はありません。数週間~数か月など長期的に必要になった場合に副作用が出てくることがあります。

 

5.胃潰瘍の原因は酒?

ikaiyou-genin-sake

 

胃潰瘍になった場合、日常生活の改善を促されることが多いのですが、そこで禁酒や禁煙を言い渡されることが多いと思います。

 

なんで禁酒を言い渡されるかというと、お酒は胃液の分泌を刺激する作用と、たんぱく質を固めて胃の粘膜を直接破壊する作用があるからです。

 

このようにアルコールは胃潰瘍になりやすくなってしまう要因を含んでいるので、胃潰瘍の傾向がある方は、基本的にアルコールは禁止となってしまいます。


Sponsored Link


 

もちろん酒だけが原因となるわけではありませんが、酒を飲む人が胃潰瘍になりやすいのは事実であるため、普段から意識するようにしてください。

 

6.胃潰瘍の原因は食生活?

ikaiyou-genin-syokuseikatu

 

胃潰瘍の原因に食生活も関わりがあります。具体的には刺激の強い食事のとりすぎや不規則な食事、暴飲暴食などさまざまなことが関係するのです。

 

とにかく胃に負担になることをし続けることが胃潰瘍を招き、食事の内容以外にもよく噛まないことや早食いすることも良くありません。あまり関係ないように感じるかもしれませんが、よく噛まないで飲み込むことで胃の中での消化に時間がかかってしまい胃酸の分泌量が増加してしまいます、早食いも同じく胃に負担をかけて胃粘膜を傷つけてしまうのです。

 

刺激物の過剰摂取も同じく胃粘膜を傷めてしまうので気を付けましょう。

 

このように胃に負担になる行為は豊富にあるので、何か一つは当てはまるのではないでしょうか?なってからでは遅いので、今からでも改善していきましょう。

 

ずっと下痢が続くのと腹痛がある原因と治し方

 

7.胃潰瘍の原因は喫煙?

ikaiyou-genin-kituen

 

たばこの価格が上昇したり、たばこは体に悪いという意見が非常に増えたりしたことで喫煙者は減りつつありますが、それでもたばこを吸う人は0ではありません。そんなたばこですが、胃潰瘍の原因になることがあります

 

どういうことかというと、喫煙はまず胃酸の分泌を多くしてしまうことと、たばこに含まれるニコチンが粘膜の血流を妨げて防御因子を低下させてしまうからです。

 

さらには喫煙者はピロリ菌の感染率が高くなるというデータもあるので、たばこを吸う人は間違いなく胃潰瘍になる確率を上げていると言えるでしょう。

 

そのため、胃潰瘍になった場合の生活改善に禁酒と並んで禁煙を指示されることが多くなっているようです。

 

8.胃潰瘍が悪化や再発する原因は?

ikaiyou-saihatu-genin

 

まず胃潰瘍が悪化する原因は、発症していたとしてもそれを放置することでしょう。そのうえで暴飲暴食や喫煙・過度な飲酒を続けていた場合には悪化する可能性が上がってしまいます

 

また再発する可能性として高いのがまだ治療中であったのに、渡された薬を途中でやめてしまうケースと、生活改善をしなかったことでしょう。

 

以前は再発する理由にピロリ菌がありましたが、現代医療では根本的な治療はピロリ菌の除去となっているので体内に菌が残り続けて再発することはないでしょう。

 

胃潰瘍の原因が胃を傷める生活をすることにあるので、いくら治ったとしても、生活改善という最も根本的な原因を改善しなければいつまでも再発の危険性は残ってしまうことになります。

 

胃潰瘍に関しましては次のページも参考にしてください。

胃潰瘍とストレスの関係や症状は?仕事が原因なら労災?

胃潰瘍の手術の方法は内視鏡?手術時間や費用・入院期間は?

胃潰瘍の症状【背中・めまい・便秘・下痢・発熱】をチェック

胃潰瘍の食事治療は?納豆・そば・牛乳・お酒が良い?

胃潰瘍の症状や原因・治療法および薬の種類と副作用

 

胃潰瘍の原因【ストレス・ピロリ菌・薬・酒・食生活・喫煙】まとめ

以上、いかがだったでしょうか

今回は胃潰瘍の様々な原因についてお伝えしてまいりました。

胃潰瘍は日常生活に密接に関係のある病気なので、気が付いたら発症している可能性もあります。

以前はストレスのせいストレスのせいと叫ばれましたが、ストレスによる負荷が薄い人でもピロリ菌に感染していたら感染する可能性が高くなっているということを覚えておきましょう。

また、喫煙者やお酒を飲む人、食生活が乱れている人も要注意ということでしたね。

今回のこの記事が胃潰瘍の参考の一つとして皆様のお役に立てるものになれば幸いに思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)