ストレスによる胃痛の症状は?解消法や効果的な食べ物は?

ストレスによる胃痛の症状は?解消法や効果的な食べ物は?

ストレスでの胃痛の症状と解消法について

ストレスで胃が痛い!」「上司に怒られて胃がキリキリする…」「胃の痛みがなかなかなくならない」という方、結構いらっしゃいますよね?ストレスによる症状の一つである胃痛解消方法を探している人もたくさんいると思います。

今回は胃痛がなぜ起きるのか、胃痛を抑えるためにはどのような行動をとればいいのか、食べ物は何がいいのかなど気になるポイント満載でお送りします。


Sponsored Link


1.ストレスによる胃痛の症状の特徴

ituu-genin-stress

 

よく漫画やアニメ、ドラマ等でストレスを感じると出てくる表現が「胃が痛い」というものがあります。これは空想の話ではなく本当にストレスを感じすぎると胃が痛くなるのです。筆者も激しい胃痛に苛まれた人間の一人です!

 

では初めにストレスによる胃痛の症状はどのようなものなのかを調べていきましょう。

 

まず胃痛の原因として考えられるのが急性胃炎です。これは胃の粘膜の炎症が急性的に起こっているもので、腹痛や下痢、吐き気をともないます。基本的に2~3日安静にすれば治ります。

 

次は慢性胃炎です。その言葉の通り慢性的にストレスを感じている人がかかるもので胃粘膜に慢性的な炎症ができます。症状は胃痛・胸やけ・吐き気・胃もたれです。

 

神経性胃炎も胃痛の原因となっております。これは過労やストレスによって自律神経の乱れにつながり胃の働きが制御できなくなるために発症します。症状は胃痛・胸やけ・食欲不振・胃もたれなどの胃の機能が不調になって起こるものとなっております。

 

その他にも急性胃潰瘍や十二指腸潰瘍も胃痛の原因となります。

 

2.ストレスで胃痛が起きる理由

ituu-stress-riyuu

 

ストレスで胃痛が起こる理由は胃粘膜の血流の悪化と胃の粘膜表面を傷つけるほどの胃酸の分泌が原因です。これらは自律神経の乱れが原因となっております。

 

ストレスに対する反応に自律神経の乱れがあります。大脳に制御されている自律神経から乱れた指令が発生すると、自律神経の一つである交感神経が胃の血管を収縮させ胃粘膜の血流の悪化を引き起こします

 

これが胃の痛みの原因の一つです。次に自律神経の一つである副交感神経が胃酸の分泌量を多くしてしまい、胃の粘膜表面を傷つけて胃潰瘍の原因となってしまい胃痛に繋がります

 

3.ストレスで胃痛に下痢が伴う場合の理由

hadaare-genin-storess

 

ストレスによる胃痛で下痢が伴う場合、急性胃腸炎の可能性が高いです。急性胃腸炎の場合、下痢の他にも発熱や嘔吐が発症することもあります。

 

下痢が伴う理由としては胃がきちんとした働きができていないことでしょう。胃痛の原因となるストレスは胃粘膜を荒らすことにもつながるため消化能力が不調になってしまい下痢に繋がります。

 

胃でうまく消化できないものが腸に入ってもうまく消化できないことが多数のため胃の機能の低下は下痢にも繋がることが多いのです。

 

胃痛や下痢が起きるケースとして胃腸風邪があります。

胃腸風邪に関しましては次のページを参考にしてください。

胃腸風邪の原因はストレスや食べ物が原因?症状と治療法は?

 

4.ストレスによる胃痛の解消法

ituu-stress-kaisyoiu

 

ストレスによる胃痛は突然やってくることが多いです。その解消法は横になること・ホットミルクを飲むこと・ゆっくりと深呼吸をすることがあげられます。


Sponsored Link


 

仕事中や外出中は横になるのは難しいかもしれませんが、その場合は椅子に座って休むことでもだいぶん違います。大切なのはゆっくり休むことです。横になる場合は右を下にして胃の通りがよくなるようにすると負担がかなり減ります。

 

食事を控えて落ち着いてからホットミルクを飲むのも有効です。ホットミルク以外では暖かい飲み物を飲むようにしましょう。

 

また体に酸素がいきわたっていないときに痛みが発生することがあるため、血行を良くするためにゆっくりと腹式呼吸で深呼吸することも有効になります。

 

時間がある場合は血液の循環を良くするために半身浴をすることも有効になります。

 

5.胃痛時に効果的な食べ物

ituu-tabemono

 

胃痛の症状が出ている時は胃の機能が低下している証拠でもあります。そのため食べ物には注意を払う必要があります。

 

胃痛対策に良い食べ物は胃に負担をかけないもの、逆に胃痛対策に良くないものは刺激の強いものとなっております。

 

胃に負担をかけないものは消化の良い食材や、牛乳や大豆製品がおすすめです。牛乳は胃壁を保護してくれる作用と胃液の酸性度を抑える作用があるため特におすすめです。

 

胃の回復力低下を防ぐために植物性タンパク質の摂取も欠かせません。大豆を摂取する際には固い豆そのままではなく、きな粉のような粉末や煮込んで柔らかくしたものを摂取するのがいいです。その他の食べ物も調理して柔らかくすることが大切です。

 

6.胃痛時に食べてはいけない物

ituu-tabeteyokunai

 

胃痛時に食べてはいけないものは主に刺激の強い食べ物になっております。

 

例えば酸味が強いレモンや酢の物です。これは胃酸の分泌を促進する危険性があるため、胃痛症状がある弱った胃にはよくありません。

 

唐辛子やわさび、コーヒーや濃い緑茶も胃酸の分泌量を増加させるため同じくよくありません。

 

胃酸の分泌増加ではなく胃そのものに負担になる食べ物も控えた方がよいです。具体的にはハム・ソーセージ・大トロ・揚げ物等の脂肪の多い物や消化されにくい貝類・タコ・イカも避けてください。

 

ゴボウ・タケノコ・レンコン・きのこ類も繊維が多いため消化しにくいので避けたほうがいいでしょう。

 

7.ストレスによる胃痛に効果的な市販薬は?

ituu-sihanyaku

 

「食生活なんて簡単に変えられない」「ストレスの原因から逃れたいと言っても無理だ」という方たちの最後に頼るところが薬になります。

 

実際に痛いときに我慢していると新たなストレスに繋がり余計に痛みが悪化する危険性があるため、無理せずに薬に頼ることをおすすめします。

 

ここで注意しなければいけない点は、胃痛にも種類があり、胃痛に効く薬ならなんでもいいというわけではないということです。例えば食べ過ぎによる胃痛に効くものをストレス性の胃痛用に飲んでも効果は期待できません

 

そのため市販の薬を頼る場合には薬剤師に相談して決めるか、箱に記載してある内容を吟味したうえで購入するようにしましょう。

  

ストレスによる胃痛の症状は?解消法や効果的な食べ物は?まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「ストレスによる胃痛の症状は?解消法や効果的な食べ物は?」と題しまして胃痛の原因となる病名や効果的な食べ物、食べてはいけない食べ物等を記載していきました。

現代社会において逃れることができないストレス。ストレスにより発症する病気は胃痛以外にもたくさんあります。

ストレス発散の方法を見つけることが今を生きる上で大切なことであることが筆者もですが、皆様も再認識されたと思います。

この記事が胃痛に悩まされている人の少しでも助けになれば幸いに思っております。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)