腎盂腎炎の症状【女性はむくみ?子供は下痢?】と治療法

腎盂腎炎の症状【女性はむくみ?子供は下痢?】と治療法

女性や子供の腎盂腎炎の症状と治療について

女性子供を苦しめる病気の中に腎盂腎炎というものがあり、むくみ下痢症状を訴える方が多くいらっしゃっています。

そのため治療法を探している人も多いようです。

今回の記事ではこの腎盂腎炎症状治療のことについて触れたいと思います。


Sponsored Link


腎盂腎炎の症状でむくみが出る?


腎臓に何らかの障害を抱えている場合はむくみの症状が出ることもあります。

腎機能が低下すると糸球体におけるろ過機能に障害が起こってしまうようになってしまうので、血漿中の水とナトリウムがうまくろ過されなくなってしまい、人間の体組織の隙間に水が入り込むようになってしまって体の各部位でむくみが多く発生するようになります。

腎臓は体の水分調整や老廃物を尿として除外する役割を持っており、その機能が低下してしまうと余分な水やナトリウムが排出できなくなってしまうので、身体に残るようになってしまい、老廃物と水が溜まりがちになってむくみが多発するのです。

また、腎機能が低下すると水分やナトリウムを排出する能力を生み出すホルモンも無くなってしまうので、むくみが悪化すると言われているのです。

腎盂腎炎以外にも、急性腎炎や腎盂炎や腎不全になるとろ過機能に障害が出るようになり、むくみが増えてしまうので、要注意となっております。

腎盂腎炎の症状で血尿が出る?


発熱を伴う血尿症状が出たのなら、女性の場合は腎盂腎炎を疑ってください

血尿には腎盂腎炎以外にもガン・突発性腎出血・激し運動・腎臓の外傷などが考えられます。

腎盂腎炎の場合は尿路に細菌感染が発生することで炎症を引き起こしてしまうことから、血尿や尿の濁りが発生するもので、腎盂腎炎ではよく見られる症状の一つなのです。

膀胱から細菌が逆流することで引き起こされると言われており、さらにはトイレを我慢することで膀胱内に細菌が繁殖して悪化することもあるので、気を付けるようにしてください。

腎盂腎炎の症状で頭痛が起こる?


様々な症状を引き起こす腎盂腎炎ですが、頭痛を引き起こすこともあるようです。

このメカニズムについて触れているところは少なく、一症状の一つとして「腎盂腎炎になってしまった場合は頭痛が引き起こされることがある」という記載のみとなっているところが多いです。

 

中には腎機能が低下することで腎臓が作る赤血球の生産を促進させるホルモンがうまく出なくなってしまい、酸素と結合して細胞に酸素を供給する係がいなくなってしまうことで貧血のような形で頭痛が起きると推測されているものもあります。

腎盂腎炎の症状で腹痛や下痢が起こる?


腎盂腎炎の症状で腹痛や下痢が発生することもあるそうです。

腹痛といったものはそれでも腎盂腎炎になってしまったすべての人たちが該当するのではなく、半数は伴わないものと言われております。

腎盂腎炎になってしまうと、腎臓の入り口周辺の腎盂で炎症が発生するので持続的な痛みが発生することもあるとのことです。

どちらかというと腹部というよりも側面部に近いかもしれません。

炎症によって腫れてしまっていることが原因とのことですが、痛みの頻度や重さは症状の重さで変わってくるでしょう。

下痢についてですが、下痢になるという記載が見つかりませんでした

膀胱炎になった場合でも、下痢になるということは聞いたことが無く、尿路や膀胱で炎症が発生しているのと、大腸などは直接的に影響は出ないのではないでしょうか。


Sponsored Link


ただし、放置されすぎて炎症が悪化することでその炎症が腸を刺激することは考えられると思います。

そのため、一概に無関係ではないと言えるのではないかと思われます。

その他、腎盂腎炎の症状は?


他の症状は発熱・頻尿・背中の痛み・腰痛・排尿痛・濁りのある尿といったところでしょうか。

慢性の場合は食欲不振・体のだるさ・吐き気などの症状が出ることもあるようで、色々と症状が多いことが分かります。

実際に多い症状は、悪寒・ふるえ・高熱・脇腹の痛みといったところなので、女性の方は覚えておかれるとよいでしょう。

膀胱炎の症状と似ていますが、膀胱炎には発熱の症状が無いので、似たような症状が出ているのに発熱があると思ったのならこの腎盂腎炎を疑いましょう。

女性や子供の腎盂炎の症状の特徴は?


子供や女性は成人男性と比べると発症確率が非常に高くなっております

子供の場合は大人と比べて複雑性腎盂腎炎の頻度が高いことが分かっており、乳幼児では発症していたとしても典型的な症状が出ないことが多く診断できないこともあると言われているのです。

症状は大人と同じく発熱・悪寒・脇腹痛・倦怠感・嘔吐といったものなのですが、発熱や食欲不振、そして顔色の悪化などの症状が主体になると言われており、それをサインと思っていただくといいでしょう。

なぜ腎盂腎炎は女性や子供に多い?


なぜ腎盂腎炎は女性や子供に多いのかというと、女性は男性と比べて尿道が短いこと、そして男性とは体のつくりが異なり、尿道口と肛門が近いので菌が入る可能性が高いことが原因です。

子供の場合もやはり大人と比べると尿道が短くなっているので、感染する確率が大人よりもどうしても上昇してしまうようです。

赤ちゃんの場合は尿や便で汚れたおむつが原因になることが多く、衛生管理がしっかりできないことが原因だったりするので、きちんと赤ちゃんを清潔にできているかどうかも発症確率に大きくかかわってきます。

腎盂腎炎の治療法は?


ウイルスか細菌かによって対応は変わってきますが、ウイルスの場合はできるだけ膀胱から除くことを主体にして、細菌の場合は抗菌薬を使っての治療が主体になるとのことです。

ウイルスの場合は抗菌薬の効果はありませんが、細菌による炎症が原因の場合は抗菌薬を使って治療をすることになるでしょう。

内服と点滴といった2つの治療法が考えられますが、症状が重い人は点滴治療を行って、そこまで症状が重くない方は薬の服用を推奨されているようです。

腎盂腎炎の治療は嘔吐症状が無ければ薬を飲むことで対応可能となっているので、早めの対処を行えば治療もスムーズに進むようです。

しかし、嘔吐症状がひどく普通に食事ができない場合は薬を飲むこともできませんので、場合によっては入院して点滴治療を行うことになるかもしれません。

基本は、通院しながら薬を使って治すことになると思われると良いでしょう。

だいたい2~3日も薬を続ければ熱も下がり始めて2週間でほぼ回復するとのことなので、回復が遅かったのなら医師と要相談という形になるとのことです。

女性や子供の腎盂腎炎の症状と治療についてまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は女性や子供に多い腎盂腎炎の治療について触れてきました。

この病気は女性の多いので、女性の中には膀胱炎と共に気を付けている方もいらっしゃるかと思いますが、子供にもかなり多いので親の方々は子供の清潔な環境を守る必要があります。

特に、おむつが必要な年齢で発症することが多いとも言われているので、親御さんにおかれましてはしっかりとケアを意識するようにしましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)