猫のトリコモナスの原因や症状と検査法【猫から人に感染?】

猫のトリコモナスの原因や症状と検査法【猫から人に感染?】



猫のトリコモナスの症状と検査・治療法【原因と予防法は?】

人にとっての性病として有名なトリコモナスや犬というペット枠にも悪影響を及ぼす寄生虫です。

感染する原因は何なのか、具体的な症状にはどのようなものがあるのか、検査する方法、猫から人に感染する恐れはあるのかといった疑問点も多く、ペットを飼っている方ならばなおのこと心配でしょう。

そこで、今回は猫のトリコモナスについてお伝えいたします。


Sponsored Link


トリコモナスとは?


トリコモナスとは原生生物の一つであり原生生物界トリコモナス科トリコモナス属に含まれる種類の総称です。

大きさは0.01~0.04mmの寄生虫で、実はいろんな種類のトリコモナスが存在しております。

このトリコモナスは生き物に寄生することで生き残る性質があるので、鳩・ナメクジ・牛・猫・犬・人などに寄生する性質にあります。

人間の場合は膣トリコモナスが非常に有名であり、ある程度性病に詳しい人がトリコモナスというワードを聞くと自然と「あの性病の原虫ね」という発想に至るでしょう。

このトリコモナスはインフルエンザのような爆発的な感染力はありませんが、様々な動物に感染を拡大することもありますので、家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されているよろしくない寄生虫となっております。

ちなみに、現代日本人の女性の5~10%、男性の1~2%がトリコモナスに感染していると言われていますので、かなり警戒が必要な寄生虫の一つなっております。

猫のトリコモナスの症状は?


人間にとって性病をもたらすトリコモナスと猫に寄生するトリコモナスはまた別物です。

猫がトリコモナスにかかってしまった場合は犬と同じく大腸に寄生するパターンが主流です。

膣トリコモナスの場合は子宮といった部位のトラブルが多いのですが、犬猫では大腸に寄生するので下痢や脱水症状と行ったトラブルが発生してしまいます。

また、胃腸に影響が及ぼされ血便が出てしまうこともありますし、激しい下痢が続いてしまうことで脱水症状に栄養失調がセットになってしまい最悪の場合死んでしまうこともあるのです。

また、下痢がひどいとお尻周りが荒れますので頻繁に肛門をなめるようになってしまいますし、最悪の場合肛門の直腸が飛び出してしまうこともあるでしょう。

また、下痢が多く血便がひどいと大量出血に繋がってしまいますので、貧血によって動けなくなってしまうこともあります。

ここまでくると非常に危険な状態なので、必ず獣医に診てもらいましょう。

猫のトリコモナスの原因は?


猫のトリコモナスは先ほど説明したように、犬と一緒で大腸に寄生するトリコモナスによるものですが、感染する原因は何なのでしょうか?

このトリコモナスは経口感染が基本であり空気感染することはないようです。

トリコモナスが口の中から入って大腸に到達することで発症してしまいます。

その例としては、共有トイレで糞便を口にしてしまい感染してしまうとか、多頭飼いしている環境で猫の毛繕いをお互いにしてしまうことで発症してしまうというパターンが多いでしょう。

このトリコモナスは人間で発症した場合もそうなのですが、症状が一切出ないで無症候性キャリアになってしまっているパターンがあるので、気がついたら感染拡大しているというケースもあるのです。

つまり、多頭飼いをしている家庭の中でトリコモナスにかかってしまったペットが一匹でも発生してしまった場合、症状が出ていないだけで集団感染している恐れがあるということになります。

猫のトリコモナスの検査方法は?


このような大腸や小腸、そして胃に悪い影響をもたらす寄生虫の検査は基本的には検便になります。


Sponsored Link


しかし、トリコモナスやジアルジアといった寄生虫はどうやら糞便検査での検出率が高くないという情報があるのです。

いわゆる、とれたての糞便でないと検出できる確率が低くなるという記載がありました。

しかし、このとれたての糞便でも検出率が10%を多少超える程度という記載がありましたので、あまり頼りになりません。

そのために考案されて主流になりつつある方法が遺伝子検査です。

遺伝子検査は検出率は80~90%とかなり高く寄生虫やウイルスを特定する確率が上昇するのです。

ただし、普段の検便と比べると費用がかなり割高になるので、痛し痒しの状態になっています。

猫のトリコモナスの治療方法は?


猫のトリコモナスにおける治療方法は原虫を根絶やしにすることにあるのですが、現時点ではトリコモナスを死滅させるような抗生剤は作れていませんので、症状をある程度弱めるための対症療法と、ちょっとした投薬治療が主体となっております。

一応の薬としてメトロニダゾールやフェンベンダゾールといった薬が投与されるのですが、副作用が強いのにトリコモナスを死滅できないケースも多いので、使わないパターンの方が多いようです。

基本的には回復力を高めるために対症療法で凌ぐといった治療しかないようです。

トリコモナスの駆除のためにメトロニダゾールやチニダゾールといった薬は使われますが、トリコモナスそのものが非常にしぶといので駆逐出来ないケースが多々あります。

ちなみに、この薬はとっても苦く猫がなかなか飲めないのでその次点で治療がうまくいかないケースもあるようです。

猫のトリコモナスの予防方法は?


猫のトリコモナスはこのように一度寄生されてしまうと退治するのが困難になるので、下手すると一生涯のお付き合いになってしまいます。

今のところは特効薬も存在していないので、感染しないように対策するしかありません。

そのために守らなければならないルールは、完全室内飼いを徹底して定期的に検査をすることです。

基本的に放し飼いにしている犬猫は気がつかないうちにトリコモナスなど寄生されてしまうケースがありますので、変な病気にならないようにするためには、室内で飼うしかないのです。

また、猫がトリコモナスに感染しないようにするためには、清潔な環境も必須になりますので、できる限り猫の感染症に効果のある消毒液の次亜塩素酸を使って定期的に食器やトイレの掃除をしてあげましょう。

免疫力が低下することで症状が全く出ないで済むというお話もありますので、良質な食事と生活環境を整えるようにしてください。

トリコモナスは猫から人に感染する?


トリコモナスは人でも獣でも感染する人獣共通感染症ですが、人間で大きなトラブルを起こすのは膣トリコモナスの場合なので、犬猫の腸トリコモナスに感染したとしてもほとんど症状は出ないようです。

つまり、幼いうちにペットを飼っていた家庭は実は腸トリコモナスに寄生されている可能性があります。

発症していないけどトリコモナスに寄生されているというパターンです。

稀に症状が出る人もいるようですが、軽い下痢といった症状なので気がつかないことが通例となっているようです。

基本的には経口感染なので発症した猫が自分の手をなめてしまってその手から体内に侵入してしまうというパターンが主体となります。

猫のトリコモナスの原因や症状と検査法【猫から人に感染?】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は猫のトリコモナスについてお伝えいたしました。

トリコモナスは膣トリコモナスになると非常に脅威になりますが、動物からうつされるトリコモナスは腸トリコモナスになりますので、脅威度は下がります。

それでも、犬猫にとっては命に関わる可能性がある寄生虫なので、発症させないように努力することが非常に重要なのです。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)