ささくれの原因や治し方と予防する食べ物!親不孝なの?

ささくれの原因や治し方と予防する食べ物!親不孝なの?



ささくれ対策にクリームが有効?原因や治療・予防法は?

手のちょっとしたトラブルの一つがささくれですが、やっぱりできやすい人とできにくい人というのは必ずいるのでなんらかの原因が存在しているはずです。

実際になってしまった時の治し方や予防に役立つ食べ物についても知りたいですし、親不孝な人ほど出やすいといった都市伝説まがいの噂も気になります。

そこで、今回はこのささくれについての治し方や原因、予防するためにはどうしたらいいのかを調べていきます。

ささくれとは?


ささくれとは爪の根元や爪の付近にある皮膚の一部が欠ける状態のことです。

手の指にできることが圧倒的に多く、たくさんの人たちを悩ませる要因となっております。

ただし、「ささくれ」とは人の指の皮がむけるためだけに作られた言葉ではなく、木や草といった材木が部分的にけば立っている状態のことも意味しているので使い方はいくつかあるのです。

いわゆるささくれ立った状態という表現もします。

それ以外にも人間の深層心理が荒んでいて物にあたるような状態になっていることを「心がささくれ立っている」という表現もしますので、併せて覚えておかれるのも良いかもしれません。

また、このささくれを除去するために適当に剥がしてしまうと逆に深く傷つけて血だらけになってしまうパターンもあるので、安易に処置をするのは良くないものとなっております。

気が付かないうちにささくれができていて洋服に引っ掛かって思いっきり引っ張って血が出てしまうというパターンもあるので、小さな嫌がらせをし続ける厄介な事象ともいえるでしょう。

原因は?


諸説ありますが基本的には栄養価が足りなくなって無駄に刺激し続ける状況が続いてしまったら起こりやすいというのは共通しているようです。

また、皮膚の水分や油分がなくなってしまうような乾燥しすぎた状況も皮膚が乾いてしまってささくれができやすくなってしまいます。

つまり、栄養不足・マニキュア・ネイル・冷え性・乾燥・ケア不足などが原因になってくるということです。

特に、冬場のような乾燥する季節に水仕事をして頻繁に手を拭いているような人は急激に乾燥するのでささくれができる回数も急増するでしょう。

それに冷え性やケア不足が加わると一気にカサカサ肌になってしまいます。

冬場に乾燥肌によってカサカサになりやすいという人はささくれにも注意が必要なのです。

また、冷え性の人はどんなに栄養を補給してもその栄養素が手の先にまで届かない可能性がありますので、栄養不足を解消する前に冷え性を解消する必要があるでしょう。

冷え性の原因には体質ももちろんありますが、自律神経の乱れや生活習慣の乱れ、女性ホルモンの乱れなどいろいろと重なっていますのでそちらの対策も必要になってしまいます。

ささくれができるのは親不孝?


ささくれができる原因として「親不孝をしているから」といった迷信があります。

迷信と断言してしまっていますが、昔ながらに残っている迷信ですのでおじいちゃんやおばあちゃんに問いかけると「そんなのもあった」と返してくれるでしょう。

この伝統が根強く生きている地域では、ささくれのことを「親不孝」と呼んでいるようです。

もちろん、親不孝をしている人が実はメンタル的に気にしていたのでそこからストレスが発生してささくれができやすくなるといったちょっと無理やりなつなげ方もできますが、基本的には迷信なので今では信じている人はいないと考えてください。

ただし、親不孝の言い伝えの中には「親の言うことを一切聞かずに夜出歩くといった不摂生な生活を繰り返しているから」というものがあり、不健康な生活をしている人は確かに「ささくれ」ができやすいのであながち嘘ではないのかもしれません。


Sponsored Link


もう一つの説には、ひたすら水仕事をした結果ささくれができてしまって、痛みが発生して手伝いができなくなってしまい、その状態を揶揄するために親不孝といわれてしまったというものです。

まあ、あくもでも迷信ですので、気にするだけ無駄でしょう。

治し方について


ささくれはすでに皮膚からめくれている状態にあるので、時間経過で皮膚が再生しない限り元に戻ることはありません。

つまり、除去するのが正解ということです。

ただし、引っ張ってしまうと傷ができてしまう可能性が高く血だらけになることもありますし、化膿する恐れもあるので絶対にやめましょう。

正しい対処法は、根元のほうから爪切りやハサミを使ってカットすることです。

皮膚をこれ以上剥がすのは危険なので、引っかからないように切ってしまってください。

カットした後はこれ以上悪化しないように、クリームなどを塗って保湿した後にばんそうこうなどで保護しましょう。

傷が深い場合は軟膏を塗ってから絆創膏で保護したほうが治りは早くなるようです。

とにかく水分が失われて乾燥することでささくれが多く発生しやすくなりますので、乾いた状態を作らないようにケアし続けましょう。

手袋をして洗い物をするといった工夫も行ってください。

ささくれ用の液体絆創膏も市販されているとのことなので、痛みがひどい場合はそちらを使ってケアしましょう。

対策としてクリームが有効?


ささくれができてしまう要因には栄養不足や冷え性がありますが、乾燥が強い影響をもたらすのは事実なので、乾燥対策としてクリームなどを使うのはかなり有効です。

推奨されるのが尿素配合のクリームです。

ローションタイプやジェルタイプの保湿剤もありますが、保湿力が弱いものも多くなっているので一番お勧めなのはやはりクリームとなります。

乾燥対策はフェイスケアと一緒なので化粧水をこまめに塗ってからクリームを使って閉じ込めるように塗るのが最良となります。

これで長時間保湿されるのです。

特に、ささくれができやすい指には徹底的に塗っておくようにしましょう。

水仕事が多い人はこれらのクリームが洗い流されてしまうので、ゴム手袋を使うといった別の方法に頼ったケアも重要になります。

いささか作業がやりにくくなりますが、それでも手荒れを防ぐために必要なことなので甘んじて受け入れてもらいたいです。

予防する食べ物は?


血行不良や栄養不足、冷え性の解決には食生活の改善も必須です。

特に、現代人はビタミンのケアはしていてもタンパク質が不足しているというケースが圧倒的に多いので、タンパク質補給は積極的に行いましょう

ちなみに、きれいな皮膚を保つために推奨される栄養素は各種ビタミンです。

特にビタミンA・B2・B6・C・D・Eあたりは皮膚を綺麗に保つために役立つ栄養素なので積極的に補給しましょう。

具体的な食べ物を列挙すると、緑黄色野菜・レバー・卵・イワシ・ウナギ・バナナ・鮭・アーモンド・緑茶・牛乳・納豆などが推奨されます。

特に野菜全般はビタミンCとビタミンAをたくさん補給できるので意識して摂取している人も多いでしょう。

逆にカツオやマグロといった赤身やレバーで補給できるビタミンB2やB6は不足しがちなので注意してください。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はささくれについてお伝えいたしました。

栄養不足や冷え性や乾燥によって引き起こされるささくれですが、一部はある程度意識することで防ぐことは出来るようになります。

しかし、ストレスによる自律神経の乱れや睡眠不足からくる血行不良や冷え性といったトラブルはなかなか解消できないので、出来ることから取り入れてささくれができにくくするしかないでしょう。

放置すると手荒れがひどいことになりますので、出来ることからこなしてくださいね。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)