頭皮の脂漏性皮膚炎は薬で完治する?おすすめシャンプー!

頭皮の脂漏性皮膚炎は薬で完治する?おすすめシャンプー!

脂漏性皮膚炎が頭皮にできる原因と臭いや症状【赤ちゃんや子供も?】

頭皮脂漏性皮膚炎はなかなかに厄介な症状で長期間治療を続けてもなかなか治らずに困っている人も多いようです。

そのため、や効果的と言われているシャンプーを使っても完治するのかどうかを疑問視する人すらいらっしゃっています。

そこで、今回は頭皮脂漏性皮膚炎について調べていきたいと思います。


Sponsored Link


頭皮の脂漏性皮膚炎の症状は?臭いもある?


頭皮の脂漏性皮膚炎の症状は初期段階では皮脂量が増えてべたつきが増えるようになり、フケが大量に出てくるようになります。

その後は頭皮がかゆくなって臭いも悪化していくでしょう。

刺激の強い食べ物の摂取でかゆくなる人もいます。

フケが増えるのは炎症が多く発生するのが原因で、その状態になると肌荒れが著しくなり頭皮トラブルが重なるようになるのでぼろぼろと皮膚が落ちるようになるのです。

この状態からさらに悪化することで赤みが一気に増えてかさぶたの数も増加します。

かさぶたが増えることで髪の毛の成長するスペースなどもなくなってしまうので抜け毛の増加にもつながってしまうのです。

頭皮の脂漏性皮膚炎の原因


皮脂が過剰分泌されることでカビがたくさん増殖することが原因といわれております。

より具体的に言うとその菌はマセラチア菌というもので、これは誰の皮膚の表面にも存在している常在菌の一種なのです。

この菌は皮脂腺から出る皮脂を食べて生息しているのですが、皮脂量の多さによって繁殖している量が変わってくるので、皮脂量が多くなりすぎるとこの菌も大量発生してしまいます。

この菌は湿度と脂質が好まれるので、頭皮のように蒸れやすい環境で皮脂量が増えるといとも簡単に増えてしまうのです。

この菌は顔でたくさん増えてしまうことで赤ら顔を作ることでも有名ですが、頭皮環境のほうが皮脂分泌量は多く繁殖しやすいのでこちらのほうが被害が出やすいといわれております。

ただし、皮脂分泌量が増えるのは男性ホルモンと関係があるため、男性のほうが発症確率が高いようです。

ただし、女性でもホルモンバランスが崩れると発症する可能性はあります。

頭皮の脂漏性皮膚炎の治療は市販薬で行う?


頭皮の脂漏性皮膚炎の治療方法は皮膚科に行くことが基本となります。

放っておくことで慢性化して抜け毛の悪化につながって禿げ上がってしまう危険性があるので、医師に相談したほうがいいでしょう。

病院ではステロイド剤と抗真菌剤などを処方されると思いますので、それらを使って治療を行うことになるでしょう。

もちろん、病院に行かないという選択肢もあるのですが、慢性化する確率が圧倒的に高いので、個人的には行ったほうがいいと思います。

ステロイドが含まれた市販の塗り薬ももちろんありますが、病院で処方されるもののほうが効果が高いものも多いようなので、早く治したいのなら処方されたものを使ったほうがいいでしょう。

ただし、病院に行っても治らないという人もかなりいるのがこの脂漏性皮膚炎の現状のようです。

頭皮の脂漏性皮膚炎は完治する?その期間は?


治るまでの期間はどのくらい症状が進行したのかで変わるでしょう。

軽度の状態で医師のもとに行き抗炎症薬や抗真菌薬などの塗り薬をもらっていた場合は、使い続けることで症状を抑えることができるようになるので、脂漏性皮膚炎自体は1ヶ月程度で治ります。


Sponsored Link


ただし、肌の炎症が発生して皮膚がかなり悪化した状態になっていた場合は頭皮が悪影響を強く受けているサインでもあるので、元の健康な肌になるにはさらに長い期間が必要になります。

また、抜け毛の多発といった状態につながっている人は、ヘアサイクル異常が発生している可能性も高いので、薄毛解消まで含めると半年はかかってしまうでしょう。

頭皮の脂漏性皮膚炎のおすすめのシャンプー


頭皮の皮脂分泌が異常になってしまう原因は非常に多岐にわたりますが、主要因となるのはシャンプーとの付き合い方です。

シャンプーが不十分になっている方は古い皮脂が残り続けてしまうので脂漏性皮膚炎になる確率が上がりますし、洗浄力が強いシャンプーでむしろ洗いすぎている方も頭皮が乾燥するようになることで、大量の皮脂分泌が行われるようになり脂漏性皮膚炎になる確率が上がるのです。

要するに、頭皮の皮脂分泌量が正常になるようなシャンプーを選ばないと発症する確率が高いということです。

実際に発症してしまっている人は抗真菌剤を配合したシャンプーなども用意されているのでそちらを使うのもいいでしょう。

具体的にはミコナゾール硝酸塩やケトコナゾールの抗真菌剤の入ったシャンプーになります。

ケトコナゾールの抗真菌剤は市販されておらず医師から処方される必要があるので、何れにしましても病院に行く必要はあるでしょう。

それ以外には、頭皮が敏感になっているので洗浄力がマイルドなアミノ酸系洗浄剤を配合しているシャンプーがいいでしょう。

日常生活で気をつけることは?


皮脂分泌量が増加した人すべてがこの脂漏性皮膚炎になっているわけではありませんが、増えるような生活を続けると発症する確率が高まるのは事実なので、日常生活にも気を付ける必要があります。

例えば、ストレスや過労によって睡眠不足になってしまっているという人や、食生活が乱れているという人は要注意です。

食事も脂っこいものを常時食べるというのはやめたほうがいいでしょう。

私たち人間の皮脂は油からできているので、油の摂取量が多すぎる人は危険なのです。

特に、現代人が多くなりすぎているのが不飽和脂肪酸のオメガ6になります。

オメガ6も適量なら問題ないのですが、紅花油やコーン油という使いやすい油なので現代人は高確率で摂取しすぎとなっているのです。

オメガ6が多すぎると体内で酸化しやすくなり皮脂が多くなりがちですので気を付けましょう。

コンビニで売られているコロッケや唐揚げなどの揚げ物は100%禁止となります。

赤ちゃんや子供も脂漏性皮膚炎に?対処法は?


赤ちゃんや子供も脂漏性皮膚炎になる可能性があります

特に注意が必要なのは赤ちゃんです。

生まれてすぐの赤ちゃんはどうしてもホルモンバランスの兼ね合いから皮脂分泌量が圧倒的に多くなりがちですので、吹き出物や湿疹が出る確率が高いのです。

生後二か月ぐらいは要注意で、皮脂分泌量が多くなってしまいかさぶたが多く発生するケースもあるでしょう。

これはかゆみを伴うので、赤ちゃんは無意識にひたすら掻いてしまう傾向にあり、悪化させてしまうことも多々あります。

親はしっかりと毎日のケアを行うようにしてください。

また、その時期を過ぎても再発するケースがありますので、子供の頭皮の状態はしっかりと把握するようにしましょう。

頭皮の脂漏性皮膚炎は薬で完治する?おすすめシャンプー!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は頭皮の脂漏性皮膚炎についてお伝えして参りました。

脂漏性皮膚炎は皮脂量が増加したことで常在菌の一種が繁殖してしまうことが原因とされてはいますが、皮脂量が多い人すべてが発症しているわけではないので、より具体的な原因についてはまだ解明されていないのです。

一度発症してしまうとなかなか治らないと指摘されていますので、治療は医師の力を借りると同時に生活習慣を正したり、相性の良いシャンプーを探すなど色々と試行錯誤してみる必要があるのではないかと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)