双極性障害の原因【母親・家族・脳・仕事・ストレス】と対策

双極性障害の原因【母親・家族・脳・仕事・ストレス】と対策

双極性障害になりやすい性格や年齢と家庭環境など原因

双極性障害になりやすい人というのはやはり現代には多く存在します。

その原因家族や特に母親とのかかわり方にあるとか、の形状、仕事や学校におけるストレスにもあるなど色々な意見が交わされているのです。

そこで、今回は双極性障害について原因は何なのかや対策といったところに触れてみたいと思います。


Sponsored Link


双極性障害の原因は母親など家族にある?


基本的に、この双極性障害の大きな原因となってくるのは遺伝かストレスの2つが挙げられます

この二つが合わさったときに双極性障害が発症しやすいとされています。

ただし、親が双極性障害だからといって100%発症するというわけではなく、複数の遺伝子が関係しているとのことですので、「このDNAがある人は双極性障害になる」と断言できている段階ではないようです。

まだまだ研究中の領域なので今後さらに明らかにされていくでしょうが、今のところの研究段階では親が双極性障害の場合は発症率が高まってしまう程度に考えるのが良いでしょう。

今現在では遺伝とストレスが関係しているとして調べられていますが、発症者には当てはまらないケースも存在しているのでまだわからないことが多いようです。

双極性障害の原因は脳にある?


先ほどは遺伝とストレスの二つが最大要因と解説いたしましたが、それ以外にも脳の病気であるという見方もあります

半世紀以上前から脳の病気であるといわれておりましたが、当時は脳をいくら調べても明確な病変が発見されなかったので、脳が原因ではないという説が主体になりました。

しかし、現代医療において双極性障害が脳の病気であると立証するようなデータが集められるようになったので、そのデータを頼りに治療をする病院も増えてきました。

実際に脳の中で感情をコントロールする前部帯状回が小さくなっているという報告もあるので無関係ではないでしょう。

また、双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す傾向にあります。

この躁状態の時にドーパミン神経伝達を止める効果がある抗精神病薬を使うことで症状が改善する一方で、逆にドーパミンを増加させる薬を使うと躁転を引き起こすという情報もあるので、脳のドーパミン量がこの双極性障害に関与していると考えられているようです。

双極性障害の原因は仕事にある?


双極性障害は遺伝的な要因とたまってしまったストレスによって引き起こされるのが主な原因と記載させて頂きました。

人生においてストレスにおける最大要因となるのは仕事です。

仕事は人間関係の構築などストレスがたまる要素がいっぱいなので、社会人になってから双極性障害になってしまう人もいます。

強いストレスを受けることでどのようにして双極性障害が発症してしまうのかはまだまだ明確にされておりませんが、ストレスを受け続けることで脳神経細胞に悪影響を与えるというデータもあるので仕事で追い込まれてしまった人が発症する可能性はあるといえるでしょう。

実際に遺伝的な要因とストレスが加わることで発症するといわれておりましたが、遺伝的な要因がない人でもあまりにも仕事がきつすぎる人は発症しているケースもありましたので、仕事のみが原因で発症することも考えられます

双極性障害の原因はストレス?


既に記載していますが、ストレスはやはり大きく原因としてかかわっております


Sponsored Link


仕事の項目でも解説いたしましたが、ストレスが何らかの原因でたまりすぎると遺伝的な要因がなくても発症してしまうのです。

ストレス過多の人生は様々な病気を引き起こすために、できる限りストレスが少ない人生を歩むことが健康的には良いという記載があらゆるところで見られますが、現実世界ではなかなか困難なことであるため、追い込まれて発症してしまう人がたくさんいます。

実際にストレスを受けてうつ病になる人も精神的に追い込まれているだけではなく、コルチゾールなどのホルモンがたくさん分泌されるようになることで毒性反応が体中で発生し中枢神経障害になってしまうことが原因であるという説もあるので、この双極性障害もストレスのみで発症することはあると考えられています。

双極性障害になりやすい性格や特質ってある?


発病前の性格についても多方面から研究されており、様々な報告書が蓄積されております。

うつ病のような状態に陥るところからまじめで几帳面なタイプが発症しやすいと多くの方は感じておりますが、ドイツの方のとある精神科医の報告では社交的で明るく、周囲の人たちからはユーモアがあって楽しい人であるというものがあります。

うつ病からは対極にあると感じてしまう特徴ですがそのようにバイタリティがあって周囲との合わせる能力が高い方が、ふとした調子で急激に落ち込んでしまうようになるとのことです。

社会的に地位を築きやすいタイプと判断される人がうつ病のような状態になった場合に、双極性障害となってしまうようです。

双極性障害を発症しやすい年齢は?


発症しやすい年齢についてもいくつか意見がありましたが、それらの意見を統合するとだいたい20代から30代の前半が発症しやすいようです。

ただし、発症する対象範囲は非常に広く中学生で発症する人もいれば老年期になってから発症することもあります。

そして、100人に1人が発症すると世界的に言われており、日本では500人に1人が発症するといわれておりますがこれよりも少ないという報告もあり不明瞭な部分がまだまだ多い病気なのです。

うつ病と比較されることが多い双極性障害ですが、実は発症率はうつ病のように女性が多いというわけではなく、男女平等に発症します。

双極性障害の対策は?


誰もが発症する可能性のある病気ですので、気分がなかなか上昇しないという日がずっと続いたり、テンションの上がり下がりが激しすぎるという人はまず医療機関を受診することから始めましょう

これが発症する可能性がある人の最初に実行すべき対策となります。

まだ発症していない健康の人ならば、とにかく規則正しい生活を繰り返してメンタル的に安定的な状態をキープすることが大切です。

原因についても明確ではないのでまだまだこれからの部分もありますが、ストレスが関係しているという説が有力なのでストレスをためないような生活が必要になるのです。

具体的には、メンタル的にストレスから解放されるべく、ストレス開放ができるはっきりとした趣味を手に入れることや、明確にリラックスできる時間を設けることも有効でしょう。

体のストレスを減らすために、規則正しい生活をして朝起きたら体のスイッチを入れるために朝日を浴びるようにしたり起床時に部屋の温度を上げておくのもいいでしょう。

睡眠時間もしっかりと確保してください。

わからない部分が非常に多いので、健康的な日常を送ることこそが最大の対策となってくれます。

双極性障害の原因【母親・家族・脳・仕事・ストレス】と対策のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は双極性障害についてお伝え致しました。

この病気はいまだにわからないことが多い病気なので、対策についても原因についても「今の段階では」という言葉がくっついてしまいます。

それでも厄介さはうつ病よりも高い病気なので、発症しないようにストレスとどのように付き合っていくのかを真剣に考えていく必要があるでしょう。

社会人になると嫌なことが多い傾向にありますので、その嫌なことをすっきりと忘れることができる時間が大切になるのです。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)