飛蚊症はレーザー手術で治る?黒ゴマやサプリメントが効果的?

飛蚊症はレーザー手術で治る?黒ゴマやサプリメントが効果的?

レーザー治療や黒ゴマなど飛蚊症の治し方

飛蚊症は一度なってしまったら治ることは無いと言われていますが、はたしてそれは現代医療においても同じなのでしょうか。

レーザー手術による治療でも治せないのでしょうか?

はたまた黒ゴマとかサプリメントといったものに効果があるという話もあるようですが、いかがなものなのでしょうか?

今回は飛蚊症治し方について記載していきたいと思います。


Sponsored Link


飛蚊症の見え方など症状は?


飛蚊症とは黒い虫のようなものが動いて見える状態です。

この虫は大きさや形は様々で例え視線を動かしたとしても追っかけてきます

邪魔に感じるでしょうが、目をこすって消えるものではなく気になって仕方ない状態が続くのです。

しかし、気にはなるものの意識しなければ、病気が原因でないならばそこまで被害は大きくならないので、放置している人もいるでしょう。

この浮遊物の正体は硝子体の細胞や繊維といった正常な構造上の物であった場合、全く害はないので心配する必要はありませんが、網膜裂孔や網膜剥離が原因でこの症状が引き起こされている場合は失明の危険性があるので今すぐにでも検査を受けて対処法を講じる必要があるのです。

飛蚊症はストレスが原因?


人間の眼球には硝子体というものがあるのですが、一部の部分が濁ってしまうと影が生じるようになって、それが原因で異物が見えるようになって目に違和感を覚えるようになるのです。

しかし、この飛蚊症は病気ではないのに発症することがあるのです。

この病気ではないのに引き起こされる飛蚊症を「生理的飛蚊症」と言い多くの方が避けられない厄介な目の症状として扱われております。

この原因には加齢や紫外線というものもありますが、最大の原因と言われているのが活性酸素の大量発生なので、ストレスも関係していると言われております。

ストレスが溜まりすぎると活性酸素が次々と増えていってしまうので、抗酸化作用がある食べ物を積極的に摂取して活性酸素の動きを抑え込む必要があります。

飛蚊症はレーシック手術が原因?


レーシック手術は視力を簡単に回復させる方法として多くの方が実行しております。

しかし、このレーシック手術の後遺症の一つに飛蚊症があると言われているのです。

ですが、この情報に関しては噂の域を出ていないのかどうして飛蚊症が発生するのか明確にわかっていないようです。

一応レーシック手術を受けることで硝子体に圧力がかかってしまうので、それが原因でなってしまうのではという推測もあるようですが、あくまで推測の段階なので立証はされておりません。

むしろ、生理的飛蚊症に発症する可能性が極めて高い状態で手術後に発症してしまったのではという説の方が有力と言われているのです。

ちなみに、逆にレーシックを受けることで飛蚊症の症状が軽くなったという人もいるので、明確なことはわからない状態になっていると思っていただいたほうがいいでしょう。

飛蚊症になりやすい年齢は?


飛蚊症の原因は活性酸素の増加というものもありますが、もう一つは加齢です。

年をとると活性酸素を分解する力が弱まるので、飛蚊症を引き起こす確率が上昇するのです。

さらに、老化が進むと硝子体の体積が小さくなってしまうので硝子体後部と網膜に隙間が必ず生じるようになります。

この時、飛蚊症を感じるようになると言われているので、老化による飛蚊症は避けられないものと言えるのかもしれません。

実際に60歳の3割が発症していると言われているので、できる限り発症する確率を下げるために活性酸素の増殖を防ぐよう心掛けましょう。

そのために食生活を見直してストレスを溜め込まない生活をするようにしましょう。

飛蚊症はサプリメントで対策?


サプリメントでは飛蚊症を治すことはできないでしょう


Sponsored Link


サプリメントは薬ではなくあくまで健康補助食品なので治療をするというのには無理があります。

しかし、サプリメントを使うことで活性酸素の活動を抑え込み、網膜にある抗酸化物質のルテインを外から摂取することで飛蚊症になる確率を下げることができると言われております。

様々な食品から抗酸化物質を摂取できるのですが、ルテインは一部の食品にのみ含まれているので、人によってはほとんど摂取しない方もいるでしょう。

それ以外にもアントシアニンといった栄養素を取り入れることで眼の老化を抑えられると言われており、サプリメントは大きな役割を担う可能性があるのです。

全面的に頼り切るのはNGですが、食べ物で摂取ができそうにないなら使ってみるのはありと言えるでしょう。

飛蚊症は目薬で対策?


目薬も飛蚊症になってしまった場合は改善することができない
と言われております。

これは飛蚊症を改善できる目薬が開発されていないという単純な理由です。

しかし飛蚊症予防として用いるなら目薬は有効な手段と言えるでしょう。

目薬は眼精疲労回復に効果があるものが多いので目の疲れを感じた人は目薬に頼って眼精疲労を取ると良いでしょう。

現代社会はパソコン・スマートフォン・ゲーム機と目の疲労が溜まるものが大量にあるので、目のケアは重要です。

その方法の一つが目薬なので、吟味して眼精疲労がとれるものを選んでください。

薬剤師さんに相談して選ばれるのが無難かと思います。

飛蚊症には黒ゴマが効果的?

黒ゴマも飛蚊症を治すものとは言えないでしょう。

飛蚊症予防として有効な方法が食生活の改善ですが、その中にはあるものを食べることが効果的という指摘が良くされていました。

その食品として紹介される頻度が高いのが黒ゴマです。

もともと黒ゴマや黒豆といった食べ物は腎臓や肝臓の働きを補う効果があることから、眼精疲労や視力低下が気になる方の味方と言われておりましたが、それ以外にも黒ゴマにはアントシアニンという抗酸化作用が強いポリフェノールが含まれているので、飛蚊症予防に最適と言われているのです。

ちなみに、黒ゴマではなくゴマにもゴマリグナンという抗酸化作用がある物質が含まれているので、ゴマをすすめている方も結構います。

黒ゴマの摂取量目安は1日当たりティースプーン2杯と言われているので量は守りましょう。

摂取しすぎると人によってはゴマアレルギーを発症する可能性があると言われているので、要注意です。

飛蚊症の治し方はレーザー手術が最も効果的?


飛蚊症は生理的飛蚊症の場合は治療方法が無いとされており、網膜裂孔などの病気が原因だった場合はそれをレーザー治療で治すことで飛蚊症の症状を治せるので効果的と言われております。

このレーザー治療はあくまで網膜剥離予防なので飛蚊症改善のために行われているわけではありません。

しかし、海外では活性酸素による濁りを除去する方法としてレーザー治療を行っているようで、飛蚊症の原因となっているしわや濁りをレーザー照射をして分散させているようです。

最近では日本でも導入しているところがあるので、気になる方は飛蚊症に対してレーザー治療を行っているか病院に問い合わせを行うといいでしょう。

ただし、飛蚊症の完治というよりは症状軽減が目的とのことです。

 

飛蚊症につきましては次のページも参考にしてください。

飛蚊症と網膜剥離の症状の違いは?原因はストレス?

飛蚊症の治療にサプリメントや目薬は有効?必要な栄養は?

 

飛蚊症はレーザー手術で治る?黒ゴマやサプリメントが効果的?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は飛蚊症の治し方について記載していきました。

飛蚊症は老化が進むことで発症確率が高まる厄介なものではありますが、活性酸素の動きを抑制することで抑え込む可能性が高いと言われております。

活性酸素は体中で悪さをするため、殆どの方々が抗酸化作用のある食べ物を摂取して防ごうと考えているでしょうが、目の病気を防ぐためにも効果的であるということを覚えておかれるといいでしょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)