痔の治し方【自分で体操・ボラギノール・オロナイン・病院?】

痔の治し方【自分で体操・ボラギノール・オロナイン・病院?】

薬や手術・食べ物など痔の治し方!いぼ痔は自分で押し込む?

は誰にでも十分に起こりうる症状ではありますが、痔になるまではその治し方など考えることが無かった方がほとんどでしょう。

そして実施になってしまった場合、自分で治せないかと考えた場合に体操を行うとかボラギノールオロナインといった市販薬に頼るなどいろいろと考えられることかと思います。

病院に行ってしまえば解決できるものではありますが、何となく「行きたくないなー」と感じてしまう人が多いのではないでしょか。

では果たして病院に行かなくても治るものなのでしょうか?

そこで、今回はこの治し方についてまとめてみました。


Sponsored Link


痔の治し方【ボラギノールが有効?】


痔の治し方にはいくつかありますが、大きく分けて考えるとは放置していても治る可能性が高い段階のものと、放置しているのは危険だからできる限り早く病院に行って治療を受ける必要があるものとなります。

基本的に痔は便秘や下痢などで肛門の中や外に負担がかかりすぎることで発生します。

軽度の痔であれば免疫力がある程度あって体力がある人ならば、ボラギノールのような効果がある市販薬を使うことで、痛みに苦しむことなく治していくことが可能なのです。

しかし、いぼ痔が直腸内にできてしまって、そのいぼが肛門から外に出る、いわゆる脱肛が頻繁に発生するようになってしまった場合はかなり重度の痔になっているので、市販薬で治療できるラインを超えているとよく言われているのです。

この場合は病院に行って手術となるでしょう。

また、症状が軽い場合で病院に行ったときに処方されるのは痛み止めや炎症止めといった薬と生活習慣の改善指導などの保存的療法となっております。

ボラギノールは抗炎症作用が強く働くので、出血や痛みがひどいという方はこれを使いながらお尻を温水洗浄便座などを使って清潔にし、下痢や便秘にならないようにするという生活が大切になります。

痔の治し方【オロナインが有効?】


塗り薬としてある意味万能薬のような効果があるオロナインですが、オロナインはグルコン酸クロルヘキシジン液のような消毒液と硫酸アルミニウムカリウムのような止血効果があり、そちらに悩んでいる場合は効果があるといえるでしょう。

ただし、抗炎症作用はないので、炎症による痛みがあるという方は効果が薄いと思われます。

オロナインはいぼ痔などの痔の特効薬ではないので、本格的に市販薬に頼りたいという場合はボラギノールのような専門薬を使ったほうがいいでしょう。

病院での痔の治し方【薬や手術?】


痔の治し方はいくつかありますが、すでに症状がかなり重いと判断された場合は手術が一番良い解決方法となるでしょう。

いぼ痔で考えると、いぼ痔はトイレで多少出血があり痛みはほとんどないⅠ度、まれに脱肛することがあるⅡ度、脱肛がいきみで発生することが増えて指で戻す必要があるⅢ度、脱肛が頻繁に起き出血も多く痛みもひどいⅣ度、の4種類があります。

このうち手術が必要であると判断されるのはⅢ度以降で、それ以外では痛み止めや抗炎症作用のある軟膏・座薬などが渡されて保存療法が基本となるのです。

手術となった場合、昔と比べて医療の技術が進歩しており、手術の精度や速度も上がっているので、その日のうちに手術をして帰宅できるようにもなっております。

内痔核の手術だけでも、結さつ切除術・ICG併用レーザー治療・ゴム輪結さつ術といったものがありますので、どの手術が良いのかは医師と相談して決められると良いでしょう。

いぼ痔の治し方は自力で押し込む?


いぼ痔の症状がある程度進行してしまった人は、脱肛によって外に出始めていることもあるでしょう。

というのも、脱肛した状態で放置した場合門の締め付けによりうっ血状態になってしまいがちですし、飛び出た粘膜から粘液が出て下着が汚れてしまうことも考えられます。


Sponsored Link


こすれて痛みが出るようになり仕事どころではないという人も出てしまうのです。

なので、本格的な治療を行う前だったのなら、押し込むことで一時的な対応もするのも悪くないでしょう。

ただし、この押し込むという行為は治療ではないということだけは理解してください。

自宅で自分で実践できる体操による痔の治し方


痔の治し方の話になると、市販薬が効果があるのかとか病院ならどのような薬が処方されるのかといった疑問を浮かべるでしょう。

実はそれらとは全く違う体操をすれば治るという意見もあるのです、

その体操についてもいくつかあるのですが、基本的な考え方は肛門の筋肉である外肛門括約筋を鍛えることで治るというものになります。

方法は肛門の筋肉を絞めたり緩めたりという動作を1分間に100回というリズムで1日に何度か行うというものです。

いつでもどこでもできるトレーニングですので、痔が気になって仕方がないという方はさっそく実践してみましょう。

痔を治すのに良い影響を与える食べ物


痔に対して100%の効果を発揮するという食べ物はありませんが、痔になった場合にそれを摂取することでその苦しみからある程度解放されやすくなる成分というのは存在するのです。

まず、痔の原因は座りすぎや肛門に刺激を与えすぎていることにもありますが、それよりも大事なのが便秘や下痢の頻度を減らすことです。

どちらも痔に近づけてしまうので、それらの原因から遠ざかれる食べ物が推奨されます。

例えば、ヨーグルトやキムチといった乳酸発酵食品は腸内の善玉菌を増やしてくれるので異常便になりにくくなります

それ以外には食物繊維が多いレンコン・ごぼう昆布・わかめ・ヒジキなどもよく推奨されますし、大豆類での食物繊維タンパク質補給や魚類による魚の油分は便のトラブルを減らしてくれます。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますので、それらを均等に摂取することが大切といえるでしょう。

痔に悪い影響を与える食べ物


逆に避けたほうが良い食べ物は、下痢や便秘を誘発するような食べ物です。

特に、日本人は肉類を消化する能力が低くお肉を摂りすぎる生活は適しておりません。

特に、ファーストフードのような食物繊維が少ない食べ物は避けましょう

また、香辛料のようなからいものを大量摂取していると、静脈が圧迫されるようになるので肛門の粘膜も刺激されるようになり、痔につながってしまうこともあります。

辛いものも自重しましょう。

他には酒も痔を引き起こしやすくなるので禁止となります。

特にアルコールを摂取すると肛門部にもたくさんの血が流れ込むようになり、血液のうっ血が発生しやすくなります。

つまり、痔になる確率が高まるのです。

下痢や便秘を避けて辛すぎるものも避け、お酒も自重したほうがいいというのはこの項でのまとめとなります。

痔の治し方として最良なのは病院に行く?


いぼ痔のような痔は病院に行くのを嫌がる人は多いです。

そのため、自然治癒が可能なら自然治癒をしてもらいたいと考えるのはしょうがないことでしょう。

結論から言ってしまうと、痛みがひどいものであったり脱肛するレベルの痔ならば、病院で診てもらったほうがいいと思います。

それらがなく小さな外側にあるいぼ痔といった程度なら、市販薬を利用して便秘や下痢にならないような食生活に切り替え、お尻の負担を減らすことに成功すれば自然治癒する可能性もあるかと思います。

痔の治し方【自分で体操・ボラギノール・オロナイン・病院?】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は痔の治し方についての情報を集めてきました。

痔は気が付いたら発生しており、気が付いたらなくなっていることもある不思議なものです。

自然治癒することもしばしばあるのですが、基本的には何もしなければ悪化するものだと考えましょう。

病院に行かなくても原因となる行動をひたすら制限して食生活を改善した場合は自然治癒する可能性もあるかと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)