ストレートネックの枕のおすすめとバスタオルでの作り方!

ストレートネックの枕のおすすめとバスタオルでの作り方!

ストレートネックはテンピュール枕がいいのか!枕なしは?

ストレートネックは現代人を多く悩ませる症状で、改善するための1方法としておすすめのものに変更するというものがあります。

一説にはバスタオルを用いての作り方をマスターすれば解消できるというものもあります。

そこで、今回はこのストレートネックについて解説していきます。


Sponsored Link


ストレートネックとは?原因は?


ストレートネックとは医学的に「頚椎の生理的前湾角度30度以下の首」のことを意味しており、首の前湾角度が正常の人の30~40度よりもかなり歪んでしまった状態といえるでしょう。

もっとわかりやすくいってしまうと、本来の形の湾曲がなくまっすぐに歪んでしまった首だと思ってください。

画像のようにある程度曲がっている状態にあることが正常なので、まっすぐな状態は歪んでいるといえるのです。

このストレートネックになってしまう原因が慢性的なうつむき姿勢にあります。

要するにパソコン作業が非常に多い人やスマホ操作が多すぎる人が要注意ということです。

昔よりもこのストレートネックに悩まされている人が急増していると多くの方々が警鐘を鳴らしているのは、しょうがないことといえるでしょう。

また、加齢やあごを引く姿勢が多いスポーツおよびスポーツによる負傷でも発症することがありますが、基本的には日常生活における姿勢が原因だと考えてください。

ストレートネックにおすすめの枕ってどんなの?


ストレートネックの人はいくつか原因がありますが、それは枕の使い方及び枕が体に合っていないということも考えられております

特に、今現在ストレートネックに悩まされているという方には横向きで寝ることがベストとなっているのです。

そこでストレートネック向きであると注目を集めるようになったのが、横向きに寝ることを想定して作られた枕になります。

横向き専用の枕はいくつか売られているのですが、このストレートネックが注目されて横向きに寝るとある程度解消できるという説明がテレビで報道されると、一時期この枕を購入することが困難な状態になってしまいました(今ではある程度落ち着いています)。

他にもタオルを作って改善するという方法もあります。

こちらについては別途詳しく解説いたしますが、タオルを使ったものなら誰でもできるので、ストレートネックがつらいという方は試しに実行してみると良いでしょう。

ストレートネックの人にちょうど良い枕の高さは?


枕の高さについてはいろいろと情報を集めてみましたが、具体的に○○cmと宣言は出来ないようです。

人によって異なる部分が大きいので、自ら購入して調整するしかないのでしょう。

ただし、高すぎる枕は首に負担がかかるので、避けたほうがいいです。

低い枕を使って徐々に高さを調整するようにしてください。

いろいろと購入してから高さを調整するのはもったいないので、低めの枕を用意してタオルなどを使って高さを調節するといいでしょう。

このように具体的な数字を出すことができないので、非常にもどかしい部分ではあるのですが、自分で試していくしかないのです。

それでも、高すぎる場合は首に大きな負担がかかるのは事実なので、負担がそこまで高くない低いところからチャレンジするといいでしょう。

ストレートネックにはテンピュール枕がおすすめ?


テンピュールの枕はストレートネックに悩まされている方以外にも、体への負担が少ないことから多方面から良いと言われております。


Sponsored Link


その最大の理由が頭の重さを受け止めた状態からそれ以上に沈まないことでしょう。

一度設置したらそこから高さが寝返りをうたない限り変わりません。

押し返す力も少ないので枕によって肩こりなどの身体へのダメージにつながることも少なくなっているのです。

ちょっと高い買い物になってしまいますが、安眠を確保できると考えたならば飛びつくこともできるのではないでしょうか。

ストレートネックの人は「枕なし」は避けた方が良い?


ストレートネックは枕なしにしたほうがいいという意見もしばしばあります。

しかし、枕がない状態だと横向きになった場合、どうしても肩や首に負担がかかってしまうのでおすすめできないのです。

完全にあお向けに寝られる人ならいいのですが、それはほぼ不可能なので避けたほうがいいと考えられます。

無意識で行われる寝返りを制御するのはほとんど不可能なので寝返りをうつということを考えて選んだほうがいいでしょう。

一説には枕があると首に皺ができてしまうので、その皺を避けるためにもあえて枕は使わないという人もいるようです。

これは意見が割れている部分ではありますが、枕なしで寝るときに横向きになると体がしんどい思いをするので、どんな人でも低い枕でも用意したほうがいいと考えられます。

ストレートネック対策に有効かもしれませんが、総合的に考えてみるとあったほうがいいと思えます。

ストレートネック用の枕はニトリや楽天・アマゾンで買える?


ストレートネックに悩まされている方々向けの枕はいくつかありますが、一部の商品は大々的に「ストレートネック枕」という記載付きで紹介されているものもあります。

例えばAmazonでもヒットする「ストレートネック枕肩楽ピロー」は代表例といえるでしょう。

まだまだ購入者は少ないようですが、評価はそこそこ高くなっているので満足されている人が多いようです。

それ以外にも、「ストレートネック用 ネックフィット枕」といったものも売られておりますので、気になる方は大手の通販サイトで探してみるといいでしょう。

かなりの数がヒットします。

実際に需要がそれなりにある商品なので、口コミや評価が記載されていることが多く、参考にはしやすい状態になっております。

バスタオルでストレートネック用の枕を作るのがおすすめ?作り方は?

いくつか作り方を紹介しているサイトはありましたが、動画でも紹介しているものがありましたので、こちらをまずは紹介します。

動画ではタオルを3つ使って枕を作り上げていますが、とっても簡単なので、1分程度あれば用意できるでしょう。

バスタオルを2回ほど折って固く丸めたものを用意するというのはバスタオルでストレートネック用の枕を作る基本となっておりますが、そこからのアレンジは紹介する医師によって異なっております。

しかし、タオル枕では反発弾性がどうしても少なくなってしまいますので、タオル枕でやろうとしていることを実現している商品を購入したほうがいいという意見もあるのです。

具体的には「cellpur セルプール スマートピロー」のような商品を購入するというものです。

こちらは大手通販サイトの楽天で普通に取り扱っておりますので、ぜひともご覧ください。

タオル枕でやろうとしていることをそのまま実現していることがよくわかります。

ストレートネックの枕のおすすめとバスタオルでの作り方!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はストレートネック対策に枕をどうしたらいいのかを紹介しました。

枕の高さについてははるか昔から議論になっておりましたが、2017年現代でも決着がついておりません。

しかし、ストレートネックに関して一貫しているのが「高すぎるものは負担になるのでNG」という考え方なので、睡眠の質が浅くなったと思った方々は低めの枕を使ってみてはいかがでしょうか。

自分にとってベストといわれる高さを探すのは大変でしょうが枕の場合はタオルなどを使えばある程度の高さ調節もできますので、低めのものを使って理想の高さを探るところから始めてもらいたいと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)