ストレートネックの頭痛など症状【吐き気・めまい】と治し方

ストレートネックの頭痛など症状【吐き気・めまい】と治し方

ストレートネックは後頭部の頭痛が起きやすい?薬など対処法

ストレートネックは色々とやっかいな症状を引き起こします。

頭痛吐き気めまいなど何れもしんどい症状で、日常生活にかなりの悪影響をもたらします。

症状の大もとであるストレートネックはどのような治し方をすれば良いものなのでしょうか。

そこで、今回はストレートネック頭痛などの症状に対する治し方を考えていきます。


Sponsored Link


ストレートネックだと後頭部に頭痛が起こる?特徴は?


ストレートネックはスマホを使う頻度が高い世代に発症することが高く、いわゆる20~30代の方々にかなりの確率で発生しております。

正常な首は前湾角度が30~40度となっているのですが、ストレートネックの方は頚椎の前湾角度が30度以下となっているのです。

このストレートネックになってしまった場合、高確率で頭痛が発生します。

通常の頭痛は偏頭痛や筋緊張型頭痛、群発性頭痛やくも膜下出血による頭痛になるのですが、この頭痛は首から来ているので偏頭痛などを疑って行うレントゲン検査では見つけられないのです。

特徴は後頭部からの頭痛が多く発生します。

頭の重さは約5kgもありますので、軸が傾いた途端で頭の位置を固定してしまうとそれだけ首や肩の負担が増えます。

そのため、特徴は後頭部の頭痛になり、人によってはこめかみ部分の痛みにも繋がるケースもあるようです。

ストレートネックで頭痛が起こる原因は?


ストレートネックで起きる頭痛は概ね緊張型頭痛によるものと考えられます。

緊張型頭痛は身体的なストレスや肉体的なストレスが溜まることで発生すると言われております。

この肉体的なストレスというのは長い時間のパソコン作業やスマホを長時間さわり続けるというものになるのです。

つまり、首から肩、背中にかけての筋肉の緊張が原因と言うことです。

筋肉の緊張が長時間続くと筋肉内の血流が悪くなるので乳酸といった老廃物の蓄積が始まります。

この老廃物の蓄積が始まると周囲の神経にも刺激が発生するようになって締めつけられるような痛みがでるのです。

また、精神的ストレスも原因と言われていますが、この仕組みは神経の緊張が毎日のように続くようになることで脳にも悪影響が出始めて、体のコントロール機能が正常に働かなくなることが原因と考えられております。

それ以外の原因として考えられているのが、首の筋肉が少なすぎることでほかの筋肉にかかる負担が大きくなりすぎることで、筋肉の緊張が発生しやすくなり頭痛になるとも言われております。

薬などストレートネックによる頭痛の対処法は?

ストレートネックで今現在頭痛が発生して一時的にでも何とかしたいという方はストレッチを簡易的に行うことが重要です。

その頭痛が筋肉の緊張によるものだった場合は、この参考動画のように胸だけを反らすような簡単なストレッチがおすすめです。

多少の頭痛でも体を動かすことはできますので、これを実行して首や肩の負担を減らしましょう。

前に出てしまった首の位置が元に戻るので頭痛の発生頻度も落ちます。

それ以外にも椅子に座ったまま両手を上げて背中を反らすというやり方もあります。

これは猫背気味の姿勢を矯正するやり方なので、ある程度のストレートネックには即効性をもたらしてくれるでしょう。

注意点は呼吸を止めないことと、反らして腕を上げるときは息を吸って緩める時は吐くように意識するという点です。

これらのストレッチがなかなか行えないような場所での頭痛だった場合は、患部を蒸しタオルなどで温めるのも有効ですし、休憩を取って休むことも大切になります。

痛みがひどいのなら鎮痛剤や筋弛緩薬を使うのもやむを得ないでしょう。


Sponsored Link


ストレートネックでの頭痛の病院での治療法は?


ストレートネックでの病院での治療法はいくつかあるようです。

顔にパッドのようなものを当てて機械で牽引するという「牽引治療」というのもの中にはありますが、矯正効果は低いと言われており、実行していない病院のほうが多いとすら言われております。

電気治療を行うこともあるようですが、このストレートネックの場合はそこまで効果があるのかを疑問視する人もいるようです。

かといって、鎮痛剤のように痛みを止めてくれるものを渡してくれたとしても、これは根本的な治療にはなりません。

このような感じで基本は対症療法となるようです。

消炎鎮痛剤や外用薬、アイシング等急性疼痛の治療を続けて、日常生活の改善を促されることになるでしょう。

あくまでストレートネックは細菌などによって引き起こされているわけではありませんので、決まった対象法が存在しないのです。

ストレートネックで起こりうる症状


ストレートネックの症状は多岐にわたります。

頭痛や肩こりといったもの以外にも、首の痛み・めまい・吐き気・手のしびれ・耳鳴り・胸焼け・といった症状が発生することが起こりえます。

また、慢性化してくると血行不良の状態がさらに加速するので寝違いが多発するようになって自律神経にも悪影響をもたらすようになる可能性が高いです。

自律神経は継続したストレスがかかり続けることに対して非常に弱いので、慢性化することで自律神経失調症になる確率が高まるのです。

この状態でさらに放置すると陰鬱とした気持ちが多く発生するようになって、うつ病になってしまうこともあるでしょう。

ストレートネックによる頭痛など症状の治し方は?


ストレートネックは対症療法が基本となるため、自分たちでできる限りのことをしないと治るものではありません。

最も単純なのがパソコンとスマホを使う回数を減らして、ストレッチを行うことです。

しかし、前者ができる人は少ないので、できる限り緊張をほぐすやり方を取り入れるしかないでしょう。

もっと、具体的に言えば、頭・首・顔周辺の筋肉の緊張を柔軟にさせることです。

頭の筋肉が硬くなると頭蓋骨が締め付けられていくので頭痛が出やすくなります。

また、私たちの体の筋肉は全体的に連動しており、筋肉を包んでいる膜の筋膜は全身を覆っているので、全体の筋肉をほぐすことも重要になります。

その方法はいくつかありますが、有名になった方法が寝ながら改善するものでしょう。

その中でもテレビで紹介されて知名度が上がったのがバスタオル枕です。

バスタオル枕の作り方と使い方はバスタオルを1枚用意して、2回ほどたたみ、端から巻いてロール状にして、それを首の後ろに挟むようにして寝るだけです。

バスタオル枕のような枕はヒトコブ形状と呼ばれていますが、バスタオルではやはり弾力が不足しているので、一度寝てみて効果があると感じた方はヒトコブ形状の枕を購入されると良いでしょう。

ストレートネックの頭痛など症状【吐き気・めまい】と治し方のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はストレートネックの症状及び治し方について記載して参りました。

ストレートネックはなかなかにやっかいですが、それを改善するためのグッズやストレッチは多く考案されており、ネット上でも情報がたくさん存在しています。

そのため、首のこりがつらいという方や頭痛がひどいという方は、どれでもいいので1つ実行してみてはいかがでしょうか。

その頭痛から解放されるかもしれません。

すべてを無駄だと思ってしまう方もいるかもしれませんが、何もしないと変わる可能性は極めて低くなると思いますので、簡単なことから始めてみましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)